家族のレシピのロケ地や撮影場所は?あらすじや登場人物キャストは?

2019年3月9日(土)に公開される映画「家族のレシピ」について注目していきます。

 

「家族のレシピ」は、世界中の映画祭で絶賛されている映画です。

 

今回注目するのは、登場人物キャスト、あらすじ、ロケ地や撮影場所について。

 

映画公開前に、映画について知っていきましょう!すると、映画をより楽しめるはず!!

 

『家族のレシピ』登場人物キャストは?

 

 

映画「家族のレシピ」で主人公・真人を演じるのは、斎藤工さんです。

 

独特の色気を持つ俳優さんですよね。2019年はなんと「家族のレシピ」を含む4本の映画に出演します

 

「家族のレシピ」に出演するそのほかのキャストは、こちらの方々となります。

美紀役:松田聖子

ウィー役:マーク・リー

メイリアン役:ジネット・アウ

和男役:伊原剛志

明男役:別所哲也

マダム・リー役:ビートリス・チャン

 

個人的に松田聖子さんが出演というのが熱い!

 

「家族のレシピ」は、日本、シンガポール、フランス合作映画であるため、日本の俳優さんだけでなく、海外の俳優さんも多く出演しています。

(ちなみに映画内で斎藤工さんは外国語を話していました!)

 

シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)を記念して作られました。

 

『家族のレシピ』あらすじは?

 

真人は群馬県高崎市ののどかな田園地帯に佇むラーメン屋の一人息子で、父親の和男、その弟の明男とともに働く生活をしていた。

店の営業が終わると、和男は一人でバーへと向かう。一方真人は自宅の台所にこもり、ある味を再現しようとしていた。

父親と一人息子、2人の間にはもうずっと会話はなかった。そんなある日、父親である和男が急死してしまう。

 

葬儀を終え、父の遺品を整理する真人。すると今は亡き母の写真と手紙、そしてシンガポールへ住む弟からの手紙を発見する。

真人の母は、真人が10歳の時に亡くなっていた。

写真や手紙を発見したことをきっかけに、父と母が出会い、そして自分も10歳まで育ったシンガポールへと行くことを決意する。

 

母の写真を頼りにし、シンガポールの各地へ周る真人。以前から交流のあったフードブロガー・美樹の協力を得て、母の弟・ウィーに会うことに成功する。

久しぶりの対面、そして懐かしいバクテー料理に涙する真人。

そこで真人はウィーにバクテーの作り方、そして母方の祖母に会ったことがなかったため、母と祖母の関係性について教えて欲しいと頼む。

後日真人は祖母の家へ。すると、父と母の結婚を認めていなかったためずっと交流を絶っていたことを知るのだった。

ショッキングな話を聞き落ち込む真人であったが、真人はバラバラになってしまった家族の心を修復するため、あるアイディアを思いつく…。

 

 

「家族のレシピ」は、このようなストーリーとなっています。

 

家族の愛、感動する映画になりそうな予感!

 

SNSで「家族のレシピ」に関する評判をチェックしてみました。

 

 

すると、映画の公開をこのように楽しみにしている人が多いようです。

 

『家族のレシピ』のロケ地や撮影場所は?

 

映画「家族のレシピ」のロケ地や撮影場所が公開されています。

 

滝の慈眼寺

住所:〒370-0026 群馬県高崎市下滝町19

 

 

 

高崎白衣大観音

住所:〒370-0864 群馬県高崎市石原町観音山2710−1

 

 

高崎城址のお堀

住所:〒370-0828 群馬県高崎市宮元町319

 

 

お堀では、桜のシーンが撮影されたそうです。

 

山名八幡宮

住所: 〒370-1213 群馬県高崎市山名町1581

 

 

 

高崎レンガ通り商店街

住所:〒370-0826 群馬県高崎市連雀町10 1F

 

 

このように「家族のレシピ」は、群馬県高崎市で主に撮影が行われたようです。

 

群馬県高崎市では、2017年の3月と7月、2回に分けて撮影が行われたとのこと。

 

 

このように、高崎市では全面的に「家族のレシピ」を応援しているようです。

 

 

そして舞台はシンガポールへ。

「家族のレシピ」は日本だけでなくシンガポールと海外でも撮影が行われました。

 

 

こちら「家族のレシピ」の予告動画なのですが、予告動画を見ていくと、シンガポールの人気観光地であるマーライオン公園が登場していました。

 

あとは…すみません、分かりませんでした…。

 

映画を見れば、シンガポールのどこで撮影が行われたのかきっと分かるはず。

 

おそらくシンガポールでの撮影も2017年に行われたことと思います。