渡辺謙【刑事一代】ロケ地や撮影場所は茨城県!警視庁や海水浴場など

Pocket

2009年6月20日・21日と二夜連続で放送されたスペシャルドラマ「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」が、2019年8月11日に一夜に凝縮されて再放送されました。

 

主演を務めたのは、世界の渡辺謙さん!!また今は亡き大杉漣さんが出演していたりと、再放送でありながら見応えあるドラマとなりました。

 

今回は、「敬今回注目するのは、「刑事一代」の撮影がどこで行われたのかについてです。ロケ地、撮影場所について。また、エキストラ情報についてもまとめていきたいと思います。

 

 

【刑事一代】のロケ地や撮影場所はどこ?

 

”テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選”として放送された「刑事一代」。豪華俳優陣が出演していたこともあり注目度が高く、満足度の高いものでした。

 

2009年に放送されたドラマの再放送ということで、撮影が行われたのは2009年ということになります。では、当時どこでドラマの撮影が行われたのでしょうか

 

 

西桐生駅

 

住所:群馬県桐生市宮前町二丁目一

 

「刑事一代」の撮影は、群馬県桐生市にて行われたという情報が入っています。明らかになっているロケ地は、群馬県桐生市にある「西桐生駅」です。

 

「西桐生駅」で撮影が行われたのは、地元の人にとっては大ニュースだったようで。

(なんてったって世界の渡辺謙さんが撮影していましたからねっ!)

 

どうやら2009年の4月に撮影が行われた模様。4月28日の「桐生タイムス」にて撮影が行われたことが掲載されていたとのこと。

 

大子町袋田分館

 

住所:茨城県久慈郡大子町袋田1329-3

 

茨城県久慈郡大子町にある大子町袋田分館にて撮影が行われたとのこと。

 

旧上岡小学校

 

住所:茨城県久慈郡大子町大字上岡957−3

 

茨城県内最古の校舎として知られる旧上岡小学校もドラマのロケ地となりました。”旧”ということから分かるように、現在は小学校としては使用されていません。

(2001年3月31日に廃校となった)

 

旧上岡小学校は現在は、ドラマのロケ地として使用されることが多いです。2011年に放送されたNHK朝の連続ドラマ小説「おひさま」のロケ地として有名。

(ちなみに「おひさま」は井上真央さんが主演を務めた作品です)

 

朝ドラのロケ地になったことをきっかけに知名度が上がり、訪問者が増えたと言います。

 

「刑事一代」では、主人公の平塚八兵衛(渡辺謙)が野球をしている少年に聞き込みをしているというシーンで登場しました。

 

久野瀬橋(久慈川)

 

住所:茨城県久慈郡大子町久野瀬

 

久慈川にかかる久野瀬橋でも「刑事一代」の撮影が行われたとのことです。

 

茨城県三の丸庁舎

 

住所:茨城県水戸市笠原町978番6

 

警視庁のロケ地、そして麹町半蔵門会館のロケ地として登場しました。

 

また三の丸庁舎の裏手では、築地署洗濯場のレインコートの血液反応を調べるシーンの撮影が行われたという情報を入手。

 

 

波崎海水浴場

 

住所:茨城県神栖市波崎

 

主人公が海を眺め一人で歩くシーンがありました。その撮影が行われたのが、波崎海水浴場です。

 

茨城県内で行われた「刑事一代」の撮影は、2008年の9月~11月頃に撮影が行われていたとのこと。2009年に放送されたスペシャルドラマでしたが、約一年前から撮影していたんですね!

 

エキストラ情報は?

 

2009年に撮影が行われた「刑事一代」のエキストラ情報について紹介していきます。

 

エキストラ情報を調査してみたところ、エキストラとして撮影に参加したという方のブログを発見しました。

 

その方は、警察官の役でエキストラとして参加していたとのこと。主演の渡辺謙さんはやはりオーラがあったと言っていました。

 

また、エキストラ情報を調査してみたところ、「島田市にてエキストラを募集していた」という情報がFacebookにありました。島田市は、おそらく静岡県だと思います。

 

過去に放送されたドラマであるため(なんと10年前)、情報はあまり残っていませんでした。ですがエキストラを募集し、さまざまなシーンの撮影が行われていたみたいですね。

 

世界の渡辺謙さんと一緒に撮影に参加できたラッキーな人は一体どのくらいいたのでしょうか。