藤原竜也主演のドラマ【新しい王様】の監督は誰?原作や脚本は誰?

Pocket

2019年1月8日(火)23:56からTBS系列で放送が決定しているドラマ「新しい王様」

 

演技派俳優として知られる藤原達也さんが主演を務めるスペシャルドラマです。

 

藤原達也さんが主演を務めるドラマは「全ておもしろい!」と個人的に思っているので楽しみです!!

 

そこで今回は、藤原竜也さん主演のドラマ「新しい王様」について注目。

 

監督、原作はあるのか、脚本を書いたのは?など気になることについてもさらに注目していきます。

 

スポンサーリンク

ドラマ『新しい王様』とは?

 

 

スペシャルドラマとして放送することが決定している「新しい王様」

 

TBSと動画配信サービス「Paravi」の共同制作で放送されるドラマで、

Season1をTBS(全8話)

Season2をParavi(全9話)

で放送されることとなりました。

 

では、まずは「新しい王様」のキャストについて紹介していきます。

 

 

アキバ:藤原竜也

主人公。日本郵政といった大企業の買収を手掛け世間から注目されていた。

現在はアプリ開発をしている。

 

越中勲:香川照之

越中ファンドの代表。「

お金で買えないものがあるか?おカネを設けて何が悪い!」がモットーで、

アキバとは過去に因縁がある。

 

鴨宮コウシロウ:杉野遥亮

人材派遣会社の社長であるがまだまだ駆け出し。

古くなったゲームセンターを改修しそこにオフィスを設けているが、

経営が傾きかけている。

 

三井エイリ:武田玲奈

闇金融機関に追われるエロいピンクのナース服を着た女の子。

 

この4人が「新しい王様」のメインキャストとなります!!

さらに、

MEGUMIさん、

小関裕太さん、

八嶋智人さん、

石黒賢さん、

高橋メアリージュンさんなど

 

豪華なゲストが出演するということで注目している人は多いようです!

 

 

続いて気になるストーリーについて紹介していきます。

 

アプリ開発をしている自由人・アキバは社長・コウシロウのオフィスに住みついていた。

そんあある日、ピンク色のナース服を着た女の子・エイリと出会い、3人での同居生活がスタートする。

一方、アキバと過去に因縁のある越中は昔と変わらぬスタンスで投資を続け、お金で人々を支配していた。

アキバと越中、今では真逆の生活をしているがまったく別の同期から東京のキー局・中央テレビを売却する決意を固めることとなる。

それによって多くの人の運命を狂わすこととなり…。

 

藤原竜也さんVS香川照之さんというのが「新しい王様」の見どころですよね!!

 

スポンサーリンク

原作はある?

 

https://twitter.com/CULUMI_NAKADA/status/1082485890402775040

 

「新しい王様」に原作はあるのかどうか。

 

原作はありません!!完全オリジナルストーリーとなります。

 

完全オリジナルストーリーということなので、ラストがどうなるかというネタバレもなし!

 

最後までわくわくしながら楽しむことができるのが完全オリジナルストーリーのメリットですよね。

 

スポンサーリンク

脚本や監督は誰?

 

 

完全オリジナルストーリーということで、気になるのは誰が脚本を書いているのかということです。

 

脚本を担当するのは、ドラマ・映画プロデューサーとして知られる山口雅俊さんとなります。

 

山口雅俊さんは「若者のすべて(1994年)」でデビュー。

「太陽は沈まない(2000年)」

「ロング・ラブレター〜漂流教室〜(2002年)」

「不機嫌なジーン(2005年)」

「ハケンの品格(2007年)」

「サムライ・ハイスクール(2009年)」

 

などなど人気ドラマの脚本を過去に担当。

 

そして「闇金ウシジマくん」シリーズの脚本を書いた脚本家として知られています。

 

1994年から20年以上、ずっと第一線で走り続けてきた人気脚本家が「新しい王様」の脚本を手掛けます!

 

そして監督についてですが、情報を見ても監督という肩書きの方は居ませんでした。

 

脚本を担当している山口雅俊さんが、プロデュース、脚本、演出を担当しているので、実質監督のようなものとなるのでしょう。

 

 

山口雅俊さんのTwitterより、精魂込めて作ったドラマのようです!

 

ぜひみなさんリアルタイムで見て下さいね!!