ドラマ【きのう何食べた?】脚本家の安達奈緒子とは?評価や他作品は?

Pocket

4月から始まるドラマの予告や番宣が佳境になってきましたね。

 

今期のドラマもどれも面白そうで、いまからわくわくしてしまいます!筆者が今回「これは見なきゃ!」と目を付けているドラマのひとつである『きのう何食べた?』の放送がついに始まりました。

 

西島秀俊さんと内野聖陽さんのダブル主演で、イケてるオジサマのラブコメものとなっており、脚本家は数々の名作を手掛ける安達奈緒子さんとのことです!

 

これは本当に、大ヒットの予感がプンプンしますよ~!今回は『きのう何食べた?』の概要や脚本家の安達奈緒子さんについて調べていきます!

 

 

ドラマ【きのう何食べた?】概要

 

 

よしながふみさんが原作の漫画が元になっており、作品タイトルの如くジャンルは“料理漫画”のようです。

 

しかし、ただのグルメ漫画ではなく、「節約グルメ」であり尚且つ漫画の主軸はオトナBLものとなっています。

 

原作者のよしながふみさんは今回のドラマ化にあたり、キャストを見た際思わず「こんなに似せなくても…」と思ってしまったほど、西島秀俊さんと内野聖陽さんは主人公の二人に似ているようです!

 

おっさんずラブのヒットに続き、イケメンなオジサマたちがわちゃわちゃするのは目の保養になります(笑)

 

それでは、『きのう何食べた?』のあらすじについてさっそく見ていきましょう!

 

西島秀俊さんが演じる筧史朗(通称シロさん)は小さな法律事務所で働く弁護士です。

史朗と同居するのは美容師である矢吹賢二(通称ケンジ)で、内野聖陽さんが演じられます。

二人は恋人関係で、2LDKの二人暮らしをしており、月の食費も2万5千円以内に抑えるという慎ましいながらも幸せな生活を送っています。

史朗は料理が好きで、会社を定時であがったあとはすぐに近所の安売りスーパーへ向かい夕飯の買い物をします。

節約のためお買い得な食材を吟味しつつ、頭の中で瞬く間に晩御飯の献立を考えるのです。

家に帰ると夕飯づくりにとりかかり、ちょうど夕食が出来上がるころに賢二は帰ってきます。

史朗の作った美味しいごはんを一緒に食べながら、その日あった出来事や想いを語り合います。

ある日、二人が町を歩いていると賢二の美容室の常連客だという千石と出会い、千石は史朗を見るなり「この人が彼氏さん?弁護士で女役っていう・・・」とこぼします。

それを聞いた史朗は自身と賢二の関係が第三者にバレているという事実に動揺を隠せません。千石に関係を離した張本人である賢二…彼との今晩の食卓はどうなってしまうのか…!

 

 

ほんわか、たまにピリピリ、でも基本ラブラブという、なんともまったりしたほんわかストーリのようです。金曜の夜にはたまらないドラマですね!

 

脚本家の安達奈緒子さんのプロフィール

『きのう何食べた?』の脚本を務められるのは、“安達奈緒子”さんという方です!

 

【名前】安達 奈緒子(あだち なおこ)

【生年月日】不明

【出身地】神奈川県

【学歴】早稲田大学

作品リスト

リッチマン、プアウーマン(2012年 フジテレビ)

失恋ショコラティエ(2014年 フジテレビ)

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season(2017年 フジテレビ)

透明なゆりかご(2018年 NHK総合)

劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-(2018年)

 

安達さんが担当された作品はどれも名作ばかりですね!安達さんは「第15回フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞し、

 

翌年フジテレビのスペシャルドラマ『冬空に月は輝く』で脚本家としてデビューされました。

 

小さい頃から物語を作ることに興味を持っており、早稲田大学では演劇研究会に所属していたようです。

 

大学卒業後は、本格的にドラマ脚本を学ぶため日本脚本家連盟ライターズスクールにも通われました。

 

デビュー後は、出産や育児などの主婦業が多忙だったことから脚本家として本格的な活動はできず、子育てが落ち着いた2010年代に入ってから再びコンテストに挑戦し始めます。

 

2011年に、フジテレビプロデューサーの増本淳氏の企画に誘われたのがきっかけで、再度脚本家として力を発揮していきました。

 

出産や子育てを経験されてから脚本家として活動されているのですね!

 

主婦の視点や母親としての視点など、様々な見方ができるので安達さんの作品に厚みや深みが出ているのかもしれませんね♪

 

評価や他作品は?

 

気になる安達さんの評価についてですが、恋愛ドラマの脚本家としての実績が多く高い評価を受けているようです

 

恋愛ドラマの代表作は「恋愛ショコラティエ」「大切なことはすべて君が教えてくれた」ですかね。

 

また、企業モノを書くのもとても上手いとのことで「リッチマン、プアウーマン」はIT企業の実情と恋愛要素が相まっていて、安達さんの珠玉の代表作となっています。

 

しかし、「コードブルー3」を担当したことで、恋愛のみでなく医療やシリアスな作品についても脚本を書けるということが証明され、

 

安達さんの技術やセンスにスポットライトが当たり脚本家としての才能に注目が集まっています。

 

コードブルーはドラマに続き劇場版まで脚本を担当されたので、ドラマから映画までどんな分野でも活躍できる売れっ子脚本家ということがわかりますね!

 

 

そんな安達さんが脚本を担当される『きのう何食べた?』は面白いこと間違いなしかと思います!

 

今回は新ドラマ『きのう何食べた?』の概要と脚本家安達奈緒子さんについて書かせていただきました。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!