コタキ兄弟と四苦八苦のロケ地や撮影場所はどこ?喫茶店や公園など

2016年に社会現象となった「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本を担当した脚本家・野木亜紀子さんの最新作が2020年1月期に放送されます。

 

そのタイトルは「コタキ兄弟と四苦八苦」!!

 

古舘寛治さんと滝藤賢一さんというイケオジ2人が主演を務めるドラマ。最近深夜枠がアツいですよね~!「コタキ兄弟と四苦八苦」にも注目が集まっています。

 

そこで今回は、「コタキ兄弟と四苦八苦」のロケ地や撮影場所を紹介していきます!!

コタキ兄弟と四苦八苦のロケ地や撮影場所はどこ?

 

「コタキ兄弟と四苦八苦」は2020年1月10日(金)に放送されました。では、一体どこで撮影が行われたのかみていきましょう。

 

喫茶シャバダバ

 

「コタキ兄弟と四苦八苦」で兄弟たちが通う喫茶シャバダバのロケ地ですが、こちらは残念ながらどこかの喫茶店をロケ地に撮影が行われているわけではありません

 

公式Twitterに情報があったのですが、スタジオにてセットが作られ撮影が行われたとのこと。

 

 

コーヒーハウス チロル

住所:東京都清瀬市松山1丁目17−8

 

 

「コタキ兄弟と四苦八苦」に登場する喫茶シャバダバのロケ地はスタジオに設置されたセットであるということを先ほど紹介しました。

 

これは、喫茶店の内部の話です。喫茶シャバダバの外観は、実際にある喫茶店にて撮影されています。

 

その外観ロケ地となった喫茶店は東京都清瀬市にあるコーヒーハウス チロルでした。

 

喫茶店自体は存在しませんが、外観は存在しますので記念撮影はできますよ(笑)

 

武蔵野公園

住所:東京都府中市多磨町2丁目24−1

 

東京都府中市にある武蔵野公園でも「コタキ兄弟と四苦八苦」の撮影が行われたと言います。

 

こちらの情報は「こがねいロケよび隊」というアカウントに投稿されていたツイートより明らかになりました。

 

 

またこちらの「こがねいロケよび隊」のアカウントにて投稿されていたツイートを見てみると、

 

小金井新橋の近く、そして野川第二調節池でも撮影が行われていたことが明らかになりました。

 

小金井新橋

住所:東京都小金井市前原町2丁目1

 

野川第二調節池

住所:東京都小金井市中町1丁目1−46

 

 

清瀬駅

住所:東京都清瀬市元町1丁目2−4

 

東京都清瀬市にある清瀬駅でも「コタキ兄弟と四苦八苦」の撮影が行われていたという目撃情報がありました。

 

 

主演の滝藤賢一さんが撮影しているところを目撃したようですね。スタッフの対応が悪かったとのこと。

 

いくらドラマの撮影をしていたからといって、一般市民を邪見に扱うのはダメですよね…。

 

清瀬駅は、第1話で滝藤賢一さんと古舘寛治さんが市川実日子さんとレンタル親父待ち合わせをしているシーンにて登場しました。

 

ちなみに清瀬駅では2016年に公開された映画「海よりもまだ深く」のロケ地としても知られています。

 

エキストラ情報は?

 

「コタキ兄弟と四苦八苦」では、エキストラが募集されていました。

 

2019年11月下旬に東京郊外にて撮影が行われていたとのこと。

 

東京エキストラMOTEというエキストラ募集サイトに概要が掲載されていました 

(今は募集は終了しています。)

 

エキストラに参加した人は番組特製オリジナルグッズがプレゼントされたとのこと。

 

「コタキ兄弟と四苦八苦」を見逃した!見逃し配信について

 

それから、ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』を見逃した方や、1話~もう一度見たい!という方に朗報があります!

なんと、見逃したドラマを無料トライアルで1話~見られる!という公式動画サービスがあります。

 

>>>コタキ兄弟と四苦八苦を見逃した!再放送やネットでフル動画の配信は?

※Paraviでは30日間で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

もし興味がある方はチェックしてみてください!