5段階の大雨・洪水の警戒レベルとは?台風が接近で避難行動は?

”地球史上最大級”の大型で非常に強い台風19号が日本に上陸しています。すでに多くの地域で大雨となっており、大変危険な状態です。

 

今回は5段階の大雨・洪水の警戒レベルについて説明していきます。

 

大雨・洪水の際には、警報や注意報、避難指示、避難勧告といった多くの防災情報が発表されますが、発表される警戒レベルをきちんと理解している人は少ないです。

 

今からでも知っておいてほしい、そんな情報を今回はまとめました。

 

 

5段階の大雨・洪水の警戒レベルとは?

 

ではまずは、5段階の大雨・洪水の警戒レベルを紹介していきます。

 

<警戒レベル1>

まず最初に紹介するのは、警戒レベル1です。

 

警戒レベル1は「最新情報に注意」というもの。

 

気象庁より発表されている「早期注意情報」をチェックするなどしておきましょう。

 

<警戒レベル2>

警戒レベル2は「避難方法などを確認」というもの。

 

気象庁より「大雨・洪水注意報」が発表される段階になったら、自分が住んでいる地域の避難場所を確認しておく必要があります。

 

避難場所を確認するだけでなく、いざというときどのように避難するのかも確認しておきましょう。自分の住んでいる周辺で危険な場所はどこなのか確認しておくことも大切となります。

(これらのことはすべて日頃から行っておくことが望ましいでしょう)

 

<警戒レベル3>

警戒レベル3は「高齢者など避難」というもの。 

 

大雨・洪水警報」や川の「氾濫警告情報」が発表される段階になります。

 

高齢者、また赤ちゃんなど小さい子が居る家庭、障害者などは避難をする際に時間がかかるため、警戒レベル3の段階で避難場所に避難しておく必要があるでしょう。

 

<警戒レベル4>

警戒レベル4は「全員避難」というもの。

 

土砂災害警戒情報」「氾濫危険情報」が発表される段階になります。

 

警戒レベル4が発表されたら、お年寄りや障害者など関係なくすべての人が避難する必要があります。

 

<警戒レベル5>

警戒レベル5は「命を守って」というもの。

 

警戒レベル5が発表される頃には、自力での避難が困難となる可能性が非常に高いです。

 

避難する場合、警戒レベル4が発表される段階で避難しないと手遅れになります。

 

こちら気象庁の公式HPになります。

気象庁|防災気象情報と警戒レベルとの対応について

 

こちらは、ハザードマップのポータルサイトになります。検索して調べることができます。

ハザードマップポータルサイト

 

 

台風が接近で避難行動は?

 

台風が接近し避難する場合、絶対に警戒レベルが高くなる前に避難する必要があります。

 

命を守るのは、「早めの決断」になります!!

 

避難する場合、絶対に車では避難しないこと

 

川が氾濫したり、木々が倒れるなどして通行できなくなる可能性があり、また渋滞に巻き込まれ避難が遅れる可能性も充分に考えられます。

 

できれば徒歩で、必要最小限の荷物を持って避難することが望ましいです。

 

あなたの命を守ることができるのはあなただけ。「早めの決断」は、絶対にあなたの命を守ります!!

 

「避難しておけばよかった…」という後悔はしてほしくありません。災害時には、命を守る行動を取りましょう。

 

避難場所は、各自治体のHPや避難する地域名と避難場所などと検索すると出てくることが多いようです。避難場所の確認と、普段から水や食料など備蓄しておくことをおすすめします。

 

関連記事

避難勧告が出たらどうしたらいいの?持ち物や避難方法は?

避難勧告のアラーム音が大きい?スマホ(iPhoneやAndroid)での設定方法は?