まめきゅんの動画の作者は韓国の企業?しつけにも効果はあるのか?

Pocket

「うちの子YouTubeばっかり見てるのよ…」とお悩み中のお母さん、お父さん。

 

子供がYouTubeを見るのであれば、せっかくなら教育に良い動画を見せてはいかがでしょう。

 

今回紹介するYouTubeの動画は、「まめきゅん」です。小さい子が居てYouTubeをよく見ているのであれば、知っているという方は少なくないのでは!?

 

今回は「まめきゅん」がどういった動画であるのかについて紹介していきます。

 

 

まめきゅんの動画とは?

 

今回紹介する「まめきゅん」は、YouTubeでの知育チャンネルです。説明するよりも、どういった動画であるのか見てもらった方が早いかなと思いますので、載せていきます。

 

 

我が家の3歳の子供のお気に入り動画です。このくらいの年の子って、働く車大好きですよね!とくに消防車が好きなようで、何度も見たがります。

 

「まめきゅん」には、さまざまなコンテンツの動画を用意しています。

 

うた

算数教室

国語

しぎな理科

安全ヒーロー

しつけ教室

IQゲーム

名探偵

めいさくどうわ

こどもレスキュー

恐竜の世界

ずこう

おしごとたんけん

 

などなど…。全部を紹介しきれないほど、多くのコンテンツを用意しています。小さい子から、小学校低学年くらいの子まで楽しむことができるコンテンツであると言えるでしょう。

 

では、ここで「まめきゅん」の動画に出てくる主なキャラクターを紹介していきます!

 

ケンタ 主人公。いつもだめなことをしてお母さんに叱られている

お母さん ケンタをよく叱っている

お父さん ケンタの父親

モング 動物のキャラクターの主人公

安全マン モングを安全に守る正義の味方 

 

このような個性豊かなキャラクターが「まめきゅん」の動画に登場します。

 

これらのキャラクターのほとんどの声優が不明となっていますが、主人公・ケンタだけは、声優の伊達朱里紗さんが声を担当しているのではないかという噂となっています。

 

作者は韓国の企業?

 

「まめきゅん」は、韓国の企業が作った動画で、2016年6月28日にYouTubeにて公開がスタートしました。どこの企業かという詳しい情報は明らかになりませんでした。

 

「まめきゅん」と似たような知育チャンネルは、実は他にあります。「BabyBus」について知っていますか!?

 

 

我が家の息子たちは、「BabyBus」のこの数え歌が大好き!

 

アイスクリームが溶けて最後にみんないなくなるというシュールな動画なんですが(笑)好きみたいです。似たような動画でドーナツの数え歌もあるので、そちらもチェックしてみて下さい。

 

この「BabyBus」はちなみに中国の企業が作っているYouTube動画となっています。

 

似たようなアプリなので同じ企業が製作したのかなと思っていたのですが、製作した国が違うのであれば、同じ制作会社が作ったという可能性はないでしょう。

 

違う企業が製作しているであろう動画ですが、どちらもキャラクターの声優に伊達朱里紗さんを起用しています。企業は違うけど、提携を結んでいる?(あくまで予想です!)

 

しつけにも効果はあるのか?

 

 

「まめきゅん」にはさまざまなコンテンツの動画があるということを紹介していきました。その中に、しつけ教室というコンテンツがあります。

 

このしつけ教室が、子供のしつけに効果抜群なんです!!

 

 

こちらの動画は、ご飯を食べるときにはちゃんとお箸を使おう!という動画になります。

 

 

そしてこちらは、エレベーターに乗るときはどうしたらいいのかということを教えた動画になります。

 

最初に悪い例を出して、その後いい例を出すという構成であるため、子供でも分かりやすいです。時間が短いのも子供が飽きずに見ることができるのでちょうどいいですよね!

 

どうですか!?

しつけ教室のコンテンツには、このようにしつけに効果抜群な動画がたくさんアップされています。親がうるさく教えるよりも、こうした動画を見せた方が分かりやすく、子供は覚えるもの。

 

YouTubeを子供に見せる=よくないと思われがちですが、こうした教育系の動画は積極的に使っていっていいのではないでしょうか。

 

他にもいろんなコンテンツがあるので、ぜひチェックしてみて下さいね。「このときはこうするんだよ~」と教えてあげながら見せるのがおすすめです。