【死役所】なぜ眞澄(三浦貴大)は殺された?犯人の動機をネタバレ予想

テレビ東京で新しく始まったドラマホリック、第一弾は松岡昌宏さん主演の「死役所」です。あすみきしさん原作によるドラマとなります。

 

市役所は年中無休24時間、絶え間なく亡くなった人たちがやってくる成仏するための手続きをする場所です。

 

第3話では、突然暴れだす男性が登場しました。三浦貴大さん演じる定食屋の主人坂浦眞澄でした。

【死役所】眞澄(三浦貴大)が父親を殺した犯人に殺される

 

眞澄には和歌子と言う奥さんがいて、奥さんは妊娠9ヶ月でした。もうすぐ子供が生まれると言うタイミングで、眞澄は刺殺されました。

 

もともとその定食屋は、眞澄の父が営業しており、店の従業員が売り上げを盗もうとしているところ見つかり、眞澄の父を殺しました。

 

そんな定食屋を、気にいってくれている常連客のおかげで、再び営業を再開し何とか軌道に乗り始めたところでした。

 

眞澄にとってはなぜ殺されたのか全くわからない状況です。

 

しかし、イシ間から犯人の名前を聞いた眞澄は、いかりのあまり、手続きを放棄し、どこかへ行ってしまいました。

 

 

三浦貴大さんプロフィール

 

名前  三浦貴大(みうら たかひろ)

生年月日 1985年11月10日 

血液型  A型

身長  178cm

デビュー 2010年

両親 三浦友和・山口百恵

兄  三浦祐太郎(歌手)

出身地  東京都

出身校 順天堂大学スポーツ健康科学部卒業

所属事務所 アノレ

 

女優の杏とは幼馴染で仲が良い。兄とも仲が良く、昔は一緒にバンドを組んだりもしていた。

 

そして、いまでも2人で飲みに行くこともあるようです。

 

デビュー作

2010年5月公開

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』

この作品で「第34回 新人俳優賞」を受賞している。

 

犯人の動機は何か?ネタバレ予想

 

果たして眞澄を殺した犯人はなのか?

 

それは死役所にあるコンピューターに全て書かれてありました。そして死んだ人にはそれを知る権利もあるので、イシ間はその犯人の名前を告げます。

 

原島憲治(はらしまけんじ)

 

その名前を聞いた眞澄は取り乱し、どこかへ行ってしまったのです。そのあとを、ほぼ死役所に住み着いたみちるが追います。

 

原島憲治

 

眞澄が二度と聞きたくなかった名前でした。12年前に店の従業員として働き、売り上げ金を盗む所を眞澄の父に見られ、父を殺した張本人でした。

 

しかも、眞澄は父が倒れた同じ位置、厨房でなんの前触れもなく刺されて、そのまま亡くなりました。

 

なぜ眞澄は殺されなくてはいけなかったのでしょう?

 

眞澄は、犯行を目撃した人物として、12年前裁判所で証言台に立ちました。

 

そして、眞澄側からの希望は死刑、もしくは懲役17年でしたが、実際は懲役12年の刑がくだりましまが、模範囚だったのか、1年短く11年で出所しました。

 

原作でも、眞澄を殺した動機について書かれていませんが

眞澄さえ目撃していなければ捕まらなかった

眞澄が死刑を望んだことへの恨み

自分の人生を台無しにされた逆恨み

 

この辺りが、原島の「道理の通らない殺人」の理由でしょう。もし、眞澄が事件を目撃していなければ、どこかで生き延び、刑務所暮らしなどしなくて済んだのかもしれません。

 

 

「死役所」を見逃した!見逃し配信について

 

それから、ドラマ『死役所』を見逃した方や、初回から最初からもう一度見たい!という方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>ドラマ【死役所】1話~見逃した!再放送やフル動画のオンデマンド配信は?

 

※Paraviでは2週間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

関連記事

死役所でシ村の過去をネタバレ予想!なぜ冤罪なのに成仏できない?