1日5分で朝から心もスッキリ寝ながら瞑想のすすめマインドフルネスのメリット

Pocket

はじめに
みなさんこんばんは。今日は寝ながら瞑想というテーマでお伝えしていきたいと思います。ところでみなさんは瞑想してますか。私はズボラなのですがそれでも毎日するようにはしてます。

どうして、ずぼらな私でも毎日瞑想をしているか、それは瞑想することのメリット、リターンの大きさを理解しているからです。人は心が病むとつまらないことで悩んだり、消極的になったりします。

ですが、瞑想は気持ちを底上げしてくれたり、潜在意識に働きかけてくれたりします。まずは、そのメリットを理解してみてください。

スポンサーリンク

瞑想のメリット
最近海外でも、瞑想をマインドフルネスといって自分を最大限に引き出すためのテクニックとして注目されています。脳科学的に見ても、理にかなっているそうです。ストレスの軽減やα波が出てリラックスできるなど。

心配事が減る。
何故か気持ちがポジティブになります。今までは心配性だった人が、まあいいかという気持ちになれるそうです。セロトニンが関係しているのではないかとぼくは考えています。

瞑想をすると心の中のおしゃべりが減って、心が澄まされる。ちょうど、集中している状態ですね。その後は、なぜかスッキリしています。

ですが、瞑想をしているとここまでいかないこともありますが、それでも効果はありますので、続けてください。

セルフイメージが上がる。
気持ちの底上げが行われ、プラス思考になり、気がつくと自分自身へのセルフイメージがあがっていきます。

いろいろなことが楽しく感じる。
瞑想を続けていると、少しずついろいろなことが楽しく感じる、感じやすくなっていきました。

パニックが減った。
ぼく自身すぐに焦ったり、パニックになりやすい性格なのですが、それが減りました。焦らずに行動できるようになったからかもしれません。

気持ちが落ち着いて生活できるようになった。
瞑想になれて、いろいろなところで呼吸を意識したり、瞑想するようになってから、落ち着いた気持ちで生活できるようになりました。

寝ながら瞑想の仕方
部屋を暗くして、仰向けになります。
軽く目を閉じて、深呼吸をしてリラックスします。

次に鼻からゆっくり吸って、吸っている空気を意識します。空気がどんな風に肺に入っていくか意識します。そして、ゆっくり吐きます。
※鼻が詰まっている人は口からでもいいです。

呼吸を意識することが大切です。

それから、呼吸を数えます。1.2.3.4.5…

ただそれだけです。

注意することは頭の中のおしゃべりをやめることです。
ただ呼吸を意識して、数字を数えます。

頭でおしゃべりがはじまったら、また1から数えます。その繰り返しです。

時間を決めて行った方が集中できると思います。タイマーなど使って。

いじょうになります。数字がいくつまで数えられるでしょうか!

スポンサーリンク

他の瞑想
瞑想は寝ながらだけでなく、普通にあぐらをかいて行ってももちろんかまいません。その方が集中できますし。
その場合は、姿勢を伸ばして手は膝のあたりに親指と人差し指で輪っかを作って置きます。
そして、あとは寝ながらと同じように呼吸をしながら数字を数えます。

作業しながらの瞑想
コピーをしながらの瞑想、テーブルを拭きながらの瞑想、歩きながらの瞑想、、、それぞれ呼吸を意識して、作業に集中しながら行っていくと、同じ瞑想状態に入れます。ただし、複雑なことは無理ですので。
このように、日々の暮らしの中でたくさん入れていくと、気持が調います。丁寧に作業できますし。

まとめ
今回瞑想をテーマにあげました。ぼく自身もズボラで出来てないことも多いのですが、瞑想をするとすっきりして、心が穏やかになります。なので、みなさんも実感してみてください。そのメリットは計り知れません。ぜひ、生活の中にも取り入れてみてください。

今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!