靴をネットで購入したがサイズが大きかった場合の対処法はある?選び方は?

Pocket

 

みなさん、こんにちは!

 

今はネット通販が当たり前になっていますね!

店舗では高くて買えない洋服がネットでは安く販売されていたりして使っている方もおおいのではないでしょうか!

 

そんな安くて便利なネットショッピングですが、デメリットが1つ・・・。

それは試着が出来ないことです!

いくら可愛くて、サイトに書かれている自分が普段来ているサイズで購入してもいざきてみたら小さい・・・。反対に大きい・・・。なんてことも経験した方もいると思います。

 

今回書かせていただく靴にいたっては履いてみるまでピッタリかわからないし、洋服と違って、大きすぎても小さすぎても使えませんから困ったもんですね。

 

そんなお悩みを解決するために、サイズが大きかった時に対処方法などについて書かせていただきました!

最後までお付き合いよろしくお願いいたします!

 

 

ネットで靴を購入してサイズが大きかった!

 

さきほども書きましたが、ネット上で自分の足のサイズを選んで購入していざ履いてみたら大きい!なんてことがあった方もいると思います。

靴のサイズはそのメーカーや店舗などで同じ24センチでも小さかったり大きかったりするので、ネットで買う場合は若干のリスクがありますね。

 

確かにデザインは可愛いくて、おしゃれで、種類も豊富ですが、サイズ選びを失敗しないためにも、その対処方や正しい靴の選び方をご紹介していきます。

 

 

その場合の対処法はある?

 

・買ったばかりで新品のままの靴なら返品できる

通販サイトで購入した場合は、買ったサイトやネット上の店舗にもよりますが、返品が可能な場合があります。特に、届いたばかりで室内で試し履きした程度であれば返品対応してもらえたりするので、購入したサイトまたは店舗に確認してみることをおすすめします。

また、心配な方は、購入する前に返品対応しているのかを確認してから購入した方が良いかもしれませんね!

 

また、店舗で直接購入した場合は、買った時のレシートを持っていけば返品対応してもらえる場合があります。ただ、店舗によっては値札を外してしまうとレシートがあっても返品対応してもらえない場合があるので、返品する可能性があるのなら、自宅に帰ってからも値札は外さないでいた方が良いかもしれません。

こちらについても、一度店舗に返品できるのか確認してからのほうが良いと思います!

 

通販と店舗どちらにも言えることですが、外を返品する靴で歩いてしまった場合は、返品対応してもらえないことの方が多いようなので、そこだけは注意しましょう。

 

・靴のサイズが大きい場合は中敷き(インソール)で調整する

靴が大きかった場合は、中敷きで調整するのも一つの方法です!

中敷きはいまや100円ショップにも売っているほど身近な存在ですし、靴屋さんなどで飼うと数千円するような中敷きも、100円ショップの中敷きであればとてもお買い得ですよね!

しかも、最近の100円ショップの中敷きは進化しているようで、履き心地も気持ちいいものが多いので試しに買ってみても良いかもしれません。

この中敷きはつま先専用やかかと専用など部分的に使う用途のものも存在しているので、靴屋さんやディスカウントストアなどでも探してみて下さい!

 

・靴用バンド

靴用バンドで止める方法もあります。この方法はどちらかというとパンプスやヒールの靴など主に女性が履く靴用で売られていることが多いです。

サイズが大きいパンプスやヒールだとかかとがパカパカしたりしてすぐ抜けやすく歩きにくいことがあるので、そんな靴が抜けないようにするためのゴム製のバンドです。

今はおしゃれなストラップタイプのものもあるようで、こちらも通販などで安く買うことが出来るので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

・綿をつめる

この方法は応急処置的な時に役立つ方法です。

手芸用の綿をつま先などに詰めてサイズを調整する方法です。綿なので細かく焼成することが出来るので、微妙な隙間を埋めるときに役立ちそうです。

この綿も100円ショップなどで売っているので、今困っていて一時的にサイズを直したいと思っている方がいたら是非、試してみてください!

この方法と似たような方法で、ティッシュを詰めるという方法も試している方が多いようなので、こちらも気になる方は試して見みてください。

 

・厚い靴下を履く

この方法はあえて分厚い靴を履いて、靴の隙間を埋める方法です。

よく使われている靴下は作業用の靴下、登山用の靴下です。作業用の靴下はワークマンやコメリなどの作業用コーナーなどで売っています。登山用の靴下もモンベルやアウトドアスポーツ店などでも販売しています。

夏場は厚いかもしれませんが、冷え性の方や秋冬あたりの季節では重宝する方法ではありますね。

 

・プロに任せてサイズ調整

もう自分ではなんとか出来ない!となったら靴のプロに頼みましょう!

よくイオンなどの大型ショッピングモールや駅構内などに小さく構えている靴の修理屋さんを見かけたことがある方もいらっしゃると思いますが、ああゆう靴の専門店でサイズ調整をしてもらえる場所もあります!

値段もそんなに高くないので、もし見かけたら相談してみるとよいと思います!

 

 

正しい選び方は?

 

・夕方ごろの足のサイズに合わせて買う

1日のうちで自分の足に合う靴を買うベストな時間は午後3時以降の夕方ごろです!

この時間は1日のうちで足がもっともむくんでいる時間なので、一番あしがむくんで太くなっている時にピッタリなサイズの靴を買う方が靴もきつくなく足にも優しいんだそうです!

 

・足囲(ワイド)、足幅、足長(サイズ)を測っておく

足囲は「足幅を測った部分の周りの長さ」足幅は「親指の付け根の骨が飛び出ている部分から小指の付け根の骨が飛び出ている部分なでの長さ」足長は「かかとの一番後ろから足の指で一番長い指までの長さ」ということで、この3か所をしっかり測っていれば、試し履きが出来ない通販で販売している靴のサイズでどれを買えばよいのか悩まなくて済みますし、失敗する可能性も低くなります!

ただ、同じサイズでも実際の靴の素材や作り方などで合わない場合もあるので、その時は初めに紹介した方法で、サイズを調整したり、返品対応してもらいましょう。

 

・両足の試し履きをする

この方法は実際に来店できる店舗で購入する時に使える方法です。当たり前と思う方もいるかもしれませんが、結構急いでいる時や脱ぐのがめんどくさい靴などを履いている時は片足だけ試し履きしてちょこちょこ歩いて決めてしまったりするときもあると思いますが、家に帰ってから両足履いてみると、足が痛かったり歩きにくかったすることもあると思います。

なので、やはりせっかく買う前に試し履きできるときはめんどくさくても両足脱いできちんと歩いてみた方が結果的に返品する時間も落ち込む自分の気持ちも浪費しないで済みます。

 

・素材の確認

こちらは革製品などの場合ですが、革製品は初めのうちは固くて履きにくい部分もありますが、履いていくうちに皮も伸びて馴染んでいき履き続けるとぶかぶかになるぐらいまで伸びてしまう場合があります。ぶかぶかまで伸びるのは新品買った方がよいと思いますが、自分の足に馴染んでくるまではきつくでも履き続けたり、あえて靴を踏んだりして柔らかくする方法も良いと思います!

 

色々と書かせて頂きましたが、まずは自分の足のサイズや特徴を知るところから初めて、いろんなサイトの靴のサイズなどを見比べながら自分の足に一番ピッタリ合う靴を購入するのが良いと思います!

 

もし、買った靴が大きくても履き続けたい!という場合には今回ご紹介した方法でサイズ調整してみるも良いと思いますが、靴が小さい場合は返品かプロに相談するのがよさそうです(;^ω^)

それか、メルカリなどのフリマアプリなどで新品未使用品としてオークションにだしてお小遣い稼ぎするのも一つの方法になるでしょうか!

 

いろんな失敗をして自分にとっての最適な一足を見つけていきましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆彡

 

 

ライター名 ルアナ

 

参考サイト

・暮らしーの https://kurashi-no.jp/I0018612

・LATTE/FASHION https://latte.la/column/87669046

・メディアラカルト https://kyoukaran.com/cope-shoes-big/

・足のお悩み百科 http://ashinoonayami.com/2017/10/1845/

・ビオンテック https://biontech.jp/bigshoes-sizefitting

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!