下町ロケットで野木先生が帝国重工の奥沢(福沢)を追い返す!セリフや感想は?

Pocket

TBSの阿部寛さん主演のドラマ「下町ロケット」ですが、現在高視聴率をキープしており注目を集めています。

 

毎回感動と、胸が熱くなるシーンが多いドラマとなっています。

 

今回は、そんな「下町ロケット」の7話で感動した野木先生が帝国重工の奥沢(福田)を追い出すシーンに感動したので、注目していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

下町ロケット7話で野木先生が奥沢(福沢)を追い返す!セリフは?

 

※7話の内容をネタバレ部分があります。

 

7話の内容で

 

下町ロケットの7話では、帝国重工が無人トラクターの担当が的場になり、エンジンとトランスミッションの内製化が決まり、佃製作所のトランスミッションの取引も中止となった。

 

そんな中、農業の方たちの為と佃は野木を説得し、野木の研究を帝国重工と協力するということになるのだが、帝国重工の奥沢靖之(福田朗)が窓口になるのだが、開発コードをよこせだとか、子会社になれというようなことを言ってきて、とても信用できない。

 

奥沢という男は、野木の研究を自分のものんしたり、うまく利用することしか考えていない様子。

 

野木が佃と話をしていた時に、奥沢が現れる。

 

そして、奥沢は佃に向かって、下請けは元請けに逆らうなとかそんなセリフを言う。もう、これ以上御社の力は必要ないと・・・

 

そして、ささ野木先生こちらでお話しましょうと場所を変えようとするが、そこで野木が放った言葉に視聴者が湧いた。

 

下町ロケットの野木博文(教授)役の森崎博之とは?役柄や経歴と他ドラマ出演は?

2018.11.24

 

そのセリフをメモしてみました。

 

そのセリフ全文

 

いや、ここでいい。

 

先日の提案の返事もここでしよう

 

あんたたちの考えはよーくわかった

 

あの開発コードをくれてやるよ

 

ただし・・・

 

あんたにだけじゃない

 

あの開発コードを世界中に公開してやる

 

そうなれば国内外の企業たちが軒並み開発を始める

 

あっという間に無秩序な過当競争だ

 

帝国重工の優位性もたちまち失われるだろうな

 

私だって

 

おたく達から仕事を頼まれた下請けだ

 

下請けが必要ないと言うなら

 

私の研究だって必要ないはずだ

 

そこまであんたたちがすごいと言うのなら

 

お得意の完全内製化ってやつで

 

自分たちの力だけでやればいいだろ

 

予想よりも優れたものを下請け抜きで

 

作れるもんなら作ってみろ

 

それから今後私と話をする時は

 

必ず財前さんを通してください

 

私は言葉の通じる人間としか話をしない

 

それは・・・

 

あなたじゃない

 

お引き取り願いますか

 

ここまでになります。野木の熱い言葉に、みんな目頭を熱くしていました。

 

ぼくも、感動しました。スカッとしました!

 

そこで、ツイッター民もわきました。

 

野木のシーンでの感想などまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

下町ロケット7話の野木先生のシーンTwitter感想は?

 

それでは、Twitterでのみなさんの声や、感想などお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

気持ちいセリフでしたね!ジャストミートを追い返すってコメントズバリですね(笑)

 

やっぱり財前さんがいないと!!

 

なんか、思ったことを言う思いっきり言う清々しさ!最高です。

 

今回はこのような感動のセリフを記事にしてみました。

 

下町ロケットまた次回も本当に楽しみにしています!

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!