沼にハマってきいてみた(沼ハマ)人気YouTuber!すしらーめんりくも出演

Pocket

生放送の本日、MCは桜井日奈子ちゃんとサバンナ高橋さん。

 

ゲストは、実はYouTuberだったサバンナ八木さん(登録者数3000人)と、バリバリのYouTuberスカイピースのお二人、そして本日の主役となる、すしらーめん《りく》さんです。

 

衝撃の実験動画を作り、どんどんアップしている大人気のYouTuberりくさん。彼が作る不思議な装置と、笑える動画をUPし続ける裏側を垣間見る貴重な時間になりました。

 

 

すしらーめん《りく》って、何者?

 

りくさんといえば、不思議な面白装置とそれを使った実験の動画大人気のYouTuber。

 

チャンネル登録者数が400万人を超え、今回“YouTuber沼”を放送することが決定すると、番組HPにもファンからの熱い声が殺到しました。

 

「装置を作っている様子が見たい!」

「動画撮影しているりく君が見たい」

「撮影の後片付けはどうやってるか知りたい」

「りく君の動画の舞台裏を全部見せて!」

 

等々、アンケートに寄せられたのは5261人分のご意見でした。

 

そこで、動画づくりの舞台裏をテレビで初公開するとともに、仲良しYouTuberのスカイピースがそのマル秘エピソードを暴露してくれるという盛沢山な内容です。

 

さて、番組冒頭、高橋さんと日奈子ちゃんの背後に怪しい大きな風船がもりもりと膨らんでいました。不敵な笑い声とともにその風船が弾け、中から登場したりく君

 

「こんな登場した人初めてやで!」

 

高橋さんと日奈子ちゃんがナイスな反応を見せたので、満足したのか、りく君も満面の笑顔です。しかし、「初めまして!」のご挨拶もそこそこに、りく君はすかさず怪しげな剣を手に取りました。

 

ハンドスピナーブレード”というそれは、棒に沢山のハンドスピナーを刺して、

回転させることにより大きな破壊力を生み出せるのではないか?

と考えて、作ってしまった、という代物なのです。

 

実験映像では、そのブレードが当たったグラスが砕け散る様子が流されました。

 

「ハンドスピナーを回して遊んでいた時に、腕に当たったら結構痛かったので…」

 

重たそうなその剣を振り回している腕を見て高橋さんいわく「バカなことして筋肉発達させるタイプ」…その様子がここからじっくりと語られます。

 

【プロフィール】

年齢:19歳(大学二年生)

ユーチューバー歴:5年7か月

チャンネル登録者数:401万人(5月20日現在)

好きな食べ物:すし・ラーメン

好きな言葉:「たとえムダでも全力で」

 

中学一年生からYouTuberで在り続けているりく君ですが。その頃にはまだ“YouTuber”という呼称はありませんでした。

 

ご自身のランキングにはあまり興味がなく、過去にぐいぐい伸びていった時の様子なども「どんくさすぎて、そういうのがよくわからない…」と、ナチュラルに無欲な様子。

 

 

りく君の魅力とは?というアンケートに寄せられた3つの魅力

 

その1:遊び心あふれる装置

 

朝起きられない → ピコピコモーニング

セットした時間に、ベッドの左右から4本のピコピコハンマーが全力でたたき起こしてくれる超強力目覚まし。

このように、「困ったこと」は装置を作って解決するのがりく君のポリシーです。

 

ルームランナーで走っても景色が変わらずつまらない → ルームランナー自体が路上を進み、景色の変化を楽しめるラジコンにしてしまったのです。

 

他にも「自転車をこぐ力で納豆を爆混ぜする装置」など、数々の装置を作り、誰にもまねできない動画400本以上制作して、YouTubeにUPしているのです。

 

同業者から見たりく君

 

そんなりく君の凄さを目の当たりにしたのが、同業者でもあるYouTuberスカイピースのお二人でした。

 

彼らが参加した動画は「バランスボールでどこまで高く跳べるかを競う実験」のはずだったのですが。

実は、

 

バランスボールではねて突き飛ばされたりく君が壁に突っ込み大きな穴が開いてしまう!?

 

というスカイピースへのドッキリ動画だったのです。壁には“スリルを味わう会”という張り紙がありましたが。

 

まさか、部屋の中に本物そっくりの偽壁を作り、そこに本人を突っ込ませるような演出まで緻密に作られるとは!?

 

そしてばっちり撮られたスカイピースのお二人の驚愕の表情と絶叫は、作り物ではない迫力がありました。

 

「壁作ったって…ないよね?」

「作んないね」

「企画全部アホだね」

「ほんと、全部アホ!」

 

そんなスカイピースのお二人がりく君を一言で表すと「バカな天才!」だそうです。

 

好きなことに没頭するあまり、それ以外のことはどうでもいい、というりく君。テレビに出るのに、靴下が左右バラバラだと八木さんに突っ込まれていました。

 

「アホが歩いてる」とご本人が言っていましたが、好きなこと以外はどうでもいい、まさに天才の創作活動がそこにありました。

 

人気装置を体験してみた

 

スタジオには、彼が作った人気の装置が登場!その名も“マジックロッカー”。

 

何の変哲もない細長いロッカーにつながれた一本の虎ロープが床にあり、その端っこには「おそうじ祈願」という札がついています。

 

「その紐を轢くと、手元に箒が飛んできますよ!」という装置のコンセプトは魔法の箒。

 

「(撮影していると)部屋が汚れるし、一歩も歩きたくないし、箒が飛んできてくれたら汚し続けても平気!」と思ったから…。

 

高橋さんが「魔法使いが箒をパーンて手に取るようなイメージか?!」という、まさにそれを目指した装置でした。

 

しかし実験した日奈子ちゃんは衝撃に飛び退ってしまい、キャッチできず。

 

パワーを調節して強力モードで挑戦した八木さんも端っこを掴むのが精一杯でしたが、スタジオは大いに盛り上がりました。

 

 

テレビ初公開!お部屋ツアー

 

独り暮らししているというマンションをぬっしーがお訪ねすると、りく君がひと言。「ばちくそ汚くてすみません」

 

3LDKという広い部屋のあちこちに雑多に置かれた装置やカメラなどの機材。動画撮影にはこれくらいの広さがどうしても必要なのだそうです。

 

寝室には段ボールの山、ベッドの下にもいつでも装置が作れるような木材が200本!クロゼットには工具と材料が山のよう。

 

スライムの洗濯糊や風呂ドッキリのクエン酸など、ファンなら「ああ!」とわかるようなものが大量にストックされていました。

 

よく撮影現場として使われる和室やバスルームには小型カメラを設置するポイントが作られており、決定的瞬間を逃さないための工夫は随所に見られます。

 

動画には映したことのない部屋には、本格的な筋トレマシンが置かれていました。YouTuberは体力勝負なのだとりく君は言います。

 

高橋さんが突っ込んだ腕の筋肉は、こうして構築されているのだということが良く解ります。

 

企画はどうやって決める?

 

基本的に、思いついた企画はすぐにiPhoneにメモしているというりく君。撮影当時でそのストックは1487個。

【超超確定】

【超確定】

【確定】

とお気に入り順にランク付けして優先順位を決めているということですが。今回はその中のひとつを実際に作ってみることになりました。

 

「なんでも跳ね返す無敵のゴムバリアを作りたい(超確定)」

 

水風船を助走つけて思いっきり投げて、それがそのまんま綺麗に俺の顔に跳ね返ってくる絵をとる。

 

ポイントは、誰も傷つけずに優しく跳ね返すこと。材料は、何の変哲もない普通の輪ゴム。

 

山のように積まれた箱から、輪ゴムを一本一本、丁寧につなげて、ネット状のバリアを作る、と言うのです。

 

お父さんと友達に手伝ってもらいながら、慣れた手つきで木枠を作り、その周囲に沢山打ち付けた釘にゴムをつなげて取り付けていく様子は地味で淡々としたものでした。

 

縦に張ったゴム紐に、今度は横に通していく、まるで網戸のようなゴムのバリアが完成したのは5時間後、2500本の輪ゴムからできたそれを試してみたら…

 

なんと、水風船がゴムの隙間をすり抜けて的になっていたりく君の顔面直撃。二日目に彼が考えたことは、某ハンズでみつけた幅広ゴムを使うことでしたが。

 

残念!

 

これだとゴムの隙間から水風船が内側に入り込んでしまい、跳ね返らないという問題が発生。

 

「柔らかいのに強い」

「優しいのに強い」…

そんな素材はないものか…太いゴムは屈強過ぎて使えないのだということが判明した今、太いゴムを外して別の方法を模索。

 

三日目にしてようやく納得のいく「世界平和バリア」完成したのです。

 

結局、2500本だった輪ゴムに2000本足して、合計4500本の輪ゴムでネットを強化し、バリアの枠にも傾斜をつけてみた、という試行錯誤の跡が見える装置になりました。

 

結果、見事に水風船は跳ね返り、実験は大成功に終わったのです。実験が終わったら、気が済むまで遊びつくし、破れた水風船から弾けた水で部屋中が水浸しでしたが。

 

「ただの輪ゴムの集団が遊具になった瞬間!」

 

と、とても嬉しそう。しかし、そのときにはもう輪ゴムを見たくなくなっていた、というりく君。

 

布を織るように輪ゴムをくぐらせてバリアを作る作業は本当に大変だったようです。

 

「ふつう、自宅で水風船を破裂させること自体、躊躇してしまうやん…それをガンガンやってて…。どうか、マンションの管理会社の人見てませんように!」

 

という高橋さん。りく君も「鬼拭いてます。投げたらすぐ拭いて!って」と笑っていました。お疲れさまでした!!

 

「世界平和バリア」スタジオ生実験!

 

さて、そんな力作のバリアがスタジオに登場し、生実験です。

 

「30秒間、水風船をバリアに投げ続ける」というプランのお手伝いに登場したのが、仲良しのYouTuberスカイピースのお二人です。

 

思いっきり投げても投げてもぴょんぴょん跳ね返される水風船合計16個!当初のクオリティからかなり向上しているのが良く解ります。

 

見守った高橋さんも「よくわからんけど、世界平和バリア凄い!」絶賛

 

りく君の魅力紹介その2:巧みな編集

 

・スピード感やテンポが好き

・効果音やBGMが良い

・面白いシーンの繰り返しにハマる

 

リズムに合わせて逆再生をテンポよく繰り返したり。スロー再生でクライマックスを演出するとか。

 

りく君は、1つのシーンから、さまざまな面白さを引き出すことができる、“編集のファンタジスタ”なのです。

 

その編集技術は遊びから始まった独学で、他のYouTuberの影響はあまり受けておらず、だからこそのオリジナリティなのか、と高橋さんも納得されていました。

 

 

生・質問コーナー!

 

・もし、何をしても怒られなかったら、どんな実験をしてみたいですか?

月面に行って、めちゃくちゃふざけて、何の成果も得ずに帰ってきたい。

体力測定とか、わーって遊んで、「アホやなぁ」って言われるとか。

 

・動画以外では待っていることは何ですか?

筋トレ!

ずっと編集やってると動きたくなってくるし、身体動かすの、良いなぁって思って。

(ちなみに、最近の動画1本仕上げる編集にかかる時間は30~40時間だそうです)

 

プライベートでも仲良しのスカイピースのお二人に言わせるとまた違った人物像が見えてきます。

 

「動画では破天荒なことしてるけど、運転はめっちゃ丁寧!」

 

 

りく君の魅力紹介その3:協力的過ぎる家族

 

りく君の動画にはよくご家族が登場します。

 

お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、弟のレイ君、愛犬のウェーブ君…その中でも大人気なのがおばあちゃんです。

 

ドッキリを仕掛けられた時の素のリアクションがすばらしいのです。

 

動画を沢山撮られているはずなのに「まともに(カメラを)むけられるのに慣れていないんです」というコメントは流石です。

 

ドッキリを仕掛けられて怒っていませんか?と問われると…「怒ってないですね、最後は自分もおかしくて笑っちゃうんですけど」とのお答え。

 

仕掛け人として参加することの多いおじいちゃん「楽しいですよ!」と仰います。

 

「全てを受け入れる家族」とコメントされていましたが。 小さいころから物を作ることが大好きだったというりく君の感性を大切にしてきたご家族

 

お父さんが「小さいころからずっと“天才”って言い続けてきたんですけど」と言うと、

 

その隣のおじいちゃんが「親ばかで…」と突っ込みます。

 

そんなおじいちゃんからのメッセージは___

 

「二人で一生懸命、おばあちゃん驚かそう!」byおじいちゃん

「たまにはイイですよ、どっきりも!」byおばあちゃん

 

…なんとお二人もスタジオに登場するというサプライズでした。

 

 

まとめ

 

スカイピースのお二人がリベンジマッチとして、世界平和バリアにまたまたチャレンジ。今度は水風船ではなく、さまざまなボールを30秒間投げ続ける、という実験です。

 

高橋さん、日奈子ちゃん、八木さんも参戦しましたが!世界平和バリア凄い!全て弾き飛ばして破れませんでした!

 

りく君、そしてスカイピースのテオ君、じん君、お疲れさまでした!いつかまたコラボ企画で登場してくれることを楽しみにしています。

 

 

関連記事

沼ハマ(沼にハマってきいてみた)の見逃し配信は?再放送や過去の動画は?

NHKの沼にハマって聞いてみた(沼ハマ)の演奏楽部の内容は?オザワ部長も初登場

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)アメコミ特集!オモ写やアイアンマンが川で…?

 

りくさんの公式チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCljYHFazflmGaDr5Lo90KmA

スカイピースの公式チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC8_wmm5DX9mb4jrLiw8ZYzw