【沼ハマ】フリースタイルバスケのNINJA SKILL BALLERZ!ZiNEZの日常なども

Pocket

本日のMCは桜井日奈子ちゃんとサバンナ高橋さん。生放送で魅せるフリースタイルバスケ最強集団NINJA SKILL BALLERZのスゴ技!

 

音楽に合わせてドリブルやアクロバティックな技を披露するフリースタイルバスケをライブでお送りします。

 

さらにU15世界チャンピオンの高校生、最注目されているプレーヤーYOHくんも“ハマったさん”として登場!神がインフレを起こすとは一体?!

 

見ているだけでもわくわくしちゃう素敵なパフォーマンスです。

 

 

NINJA SKILL BALLERZって?!

 

指先でバスケットボールをくるくる回して危なげなく操るその技の一つ一つに高橋さんたちは歓声を上げていました。

 

「僕ができる能力のはるか上にある!」

 

まさに神業がこれでもか!と繰り出されています。昨年ネット上に拡散された動画で大きな話題をさらったNINJA SKILL BALLERZ!

 

 

5人すべてがフリースタイルバスケの日本王者であり、世界一をゲットしたメンバーもいるというドリームチームです。

 

ZiNEZ:18歳で日本最年少王者、翌年、世界王者になった神!

ISSEI:指先でボールを回すスピンの第一人者であり、国内大会のスピン部門で三連覇中というスペシャリストな神!

Whitea:ドリブルのスペシャリスト。ドリブル部門で前人未到の5連覇達成中の神!

BUG!?:ピエロメイクでひときわ目立つ彼はダイナミックな動きを得意とするビッグブームのスペシャリスト。日本大会三連覇、パフォーマーとして大活躍中の神!

TaMa:マルチボールのスペシャリストとして、一度に複数のボールを鮮やかに操る神。この部門で国内大会二連覇中!

 

 

「いや、凄いわー! “神”がインフレ起こしてます!」

 

日奈子ちゃんの紹介も息つく間もない迫力で素晴らしかったですが、高橋さんも驚くそのボールさばきの見事さはやはり“神”レベル。

 

ZiNEZさん曰く___

全員がライバルで、大会でいつも当たったりもしていたけれど、東京オリンピックも来ることだし、今みんな動ける身体の年齢だし、5人で一緒に活動することで世界中にフリースタイルバスケを知ってもらえたら!ということでチームを結成したのだそうです。

 

「日本のドリームチームを作って、世界を驚かせてやろう!って、チョーカッコイイね!」と高橋さん。

 

ここで登場したのがU15世界チャンピオンの高校生YOHくんです。

 

世界チャンピオンが“ハマったさん”として登場、ということは、このフリースタイルバスケ沼、どんだけ深いんでしょう…?

 

「5人の神を前にして、どんな気分?」と高橋さんに聞かれたYOHくん。

 

「5人そろってるの見るのが初めてなので、凄く嬉しい!」

 

高橋さんに「アベンジャーズみたいなもんや?!フリースタイルバスケ界の!」と言われ、みんな満面の笑顔です。

 

 

 

神の流儀!ZiNEZに密着!

 

チームを代表してZiNEZさんの日常に密着、その技の裏側に迫ってみました。!世界を極めた彼は、28歳になった今もフリースタイルバスケ界のトップランナーとして走り続けています。

 

 

流儀その1:ピラティスで身体をフリーに!

 

そんな彼がハマっているのがピラティスのレッスン。ピラティスとは、日常生活で使わない骨や筋肉を正しく動かす方法を学ぶエクササイズです。

 

トレーナーと一緒に行われるその緻密なトレーニング。「背骨を一個ずつ動かせるように頑張っています!」

 

人間の背骨は32~34個…それを分節して動かせるようになりたい、ということですね。しゃべりながらも「すげぇプルプルしてきた!」と苦笑するZiNEZさん。

 

全身の骨や筋肉を自由に動かせるようになると、技の安定感や美しさが大幅に向上するのだといいます。

 

「ボールを使ったときの表現や滑らかさが凄いキレイになるので…人にあんまり言ってないので、ちょっと恥ずかしいですね」

 

流儀その2:バスケの枠を超えた発想が新しい技を生み出す

 

ピラティスのトレーニングの次に向かったスタジオでは、さまざまな“神”が彼を迎えました。

・KazaneさんとI-ZUさんはフリースタイルフットボール。

・Daichyさんはダンス。

・けん玉沼の神EASYさんは4月に沼ハマにも登場しています!

 

「けん玉ならではの動きちょっと見たいかも!!」ということで目の前でEASYさんが華麗にステップを踏みながらけん玉を操り始めました。

 

「お互いの技を見せ合うことで、お互いに気づいていない部分に気づけたりとか、どうボールをキャッチしているのかっていう発想とか、ただ見ているだけでインスピレーションを貰えます」

 

さっそく“これとか、ちょーイイ!”と目の前で見たばかりの動きを取り入れて新技を試すZiNEZさん。

 

どんどんブラッシュアップしながらも、どうもしっくりこない様子に、ダンサーのDaichyさんがヒントを加え、難易度超高めの技が構築されていきました。

 

まさしく“フリースタイルバスケmeetsけん玉andダンス”

 

「身体の使い方がそれぞれに特化されているので、バスケだけだと辿り着かないことは沢山ある」

 

意欲的な神が集まれば、相乗効果で凄いものが生み出されるのも道理、まさにフリースタイルです!

 

もともとフリースタイルバスケはアメリカ発祥ではありましたが、日本で独自の発展を続けて今のようなスタイルが作られてきました

 

日本のレベルは特に高いのだそうです。

 

「もともと先人がたくさんいたわけじゃなく、自分たちでフリースタイルバスケを作っているっていう未成熟さも魅力だと感じていて、だからこそ、自分がいろいろやりたい、いろんな要素を取り入れてやりたい…とりこになっていったのは、そういう部分かなって思いますね」

 

 

流儀その3:何でも挑戦して人間力や表現力を高める

 

最後に訪れたのはラジオ局。彼はなんと4年前からラジオのパーソナリティを務めています。共演者はなんとタレントのIMARUさん

 

カナダに留学した当時、現地で知り合った友人だったということですが、昔のZiNEZさんを知る貴重な人です。

 

ヒョロヒョロの身体で、いつもバスケットボールを持って歩いていた、という彼。

 

「ボールを持っていないZiNEZを見たことがない。どんなシチュエーションでもボールを持っていた」

 

ご本人も、財布を忘れてもボール持ってきてたことがあった、というほど。

 

そんなお二人が担当している番組の内容は、海外の映画やトレンドを扱っていますが、こうした仕事はとても大切で、フリースタイルバスケは当たり前で、

 

それ以外に何ができるか…そうした素地作りに大いに役立っているのだそうです。

 

「いろんなジャンルのひとと一緒にやるっていうのは、刺激になるんですか?」という高橋さん。

 

「始めた当初からダンスとか、いろんなものが身近にあるんで、かいつまんで、吸収して、フリースタイルバスケを高めていきたいっていう感じで」

 

 

神たちのスペシャルパフォーマンス!

 

ZiNEZさんは様々な分野の人と交わることで、そしてISSEIさん映画とか音楽にインスピレーションを感じると技が降りてくる!という神っぷりです。

 

そんなNINJA SKILL BALLERZのスペシャルパフォーマンスがライブで展開するという奇跡のような時間!

 

ハマったさんYOHくんも初めて間近に見られるということで大興奮です。

 

「それぞれのジャンルの神なんで、スキルとかルーティーンに注目したいです。めっちゃ楽しみ!」

 

YOHくんはZiNEZさんがバスケ以外のことをやっているのを初めて目にしたので、そういう事の意外性も含めて憧れを募らせているようです。

 

パフォーマンスが始まるとそれまでとは顔つきも変わります。

 

一人一人のスキルは勿論神レベルですが、ボールが凄いスピードで回転するのと同じように、掌に吸い付いて静止している場面など、CGか?!と目を疑うシーンもありました。

 

ことにISSEIさんのスピンは二つのボールが軸を揃えて重なって回転するという信じられない技もありました。

 

全員がシンクロナイズドされたダンスパートではそのスピード感と緻密さが素晴らしく。終わった瞬間に高橋さんが「神ってたーーーーー!」と絶賛。

 

日奈子ちゃんも「カッコよかったぁ~~~~!」とマイクを握り締めて大喜びでした。

 

 

ハマったさんYOH君の日常:世界一のスーパー高校生!

 

高校生にしてフリースタイルバスケ歴6年というYOHくん。

 

スピンとアクロバットを組み合わせた技はプロ顔負けという彼は、二年前にU-15世界大会で優勝という華々しい経歴を持っています。

 

彼の師匠はなんとNINJA SKILL BALLERZのWhiteaさん!技の精密さまできっちり叩き込まれているシーンの真剣さは目を見張るものがあります。

 

彼は札幌の高校に通う一見ごく普通の生徒ですが、ボールを持たせると様相が一変します。机に座っている時には周囲に溶け込んでいましたが。

 

休み時間にボールを持たせたら“神”っぷりを見事に発揮!

 

同級生にけん玉やボールペンを持ってもらい、その上に高速回転するバスケットボールを移してまるで曲芸のようなこともお手のものです!

 

普段の彼について同級生たちは「サッカーの授業でも回してくれる!」とか「一緒のクラスだったら楽しいよね、絶対!」と人気者です。

 

ちなみに“普通”のバスケットボールの腕前は、残念なレベルという意外性。

「見ての通りマジで下手です!」

 

と本人が照れ笑いしていました。小学校5年生の時に参加したフリースタイルバスケのレッスンでスピンの楽しさにハマって以来、ずっと一人で練習しているんだそうです。

 

一緒にやる人がいないので、毎日スピンの練習を淡々と続けていて「(ボールが指に)乗ったら凄く楽しいんですよね!」と言うほど!

 

彼の自宅には色とりどりのバスケットボールが30個もあり、練習に夢中になりすぎて、テレビの液晶も割れてしまい、黒い線が走っていました!

 

師匠のWhiteaさんも「どの技術も高いレベルに達していて、同世代では無敵!」とのコメントです。

 

日奈子ちゃんのリクエストで、目の前で展開された彼のパフォーマンスはその技の緻密さもあり、神たちも大盛り上がりでした。

 

「これを生でキメるのが凄い!」

 

確かに並みの16歳では恐らく不可能なことばかりです!

 

神たちが質問に生回答!

 

ぬっしーが視聴者からの質問をぶつけました。

 

「メンバーでもめることはありますか?」

「いつもケンカばっかりです。でもケンカするほど仲がいいんです。パフォーマンスのための意見交換も盛んに行い、衣装などのコンセプトも相談しているので、今後はどんどん変化していくと思います」

(ZiNEZさん)

 

 

“バスケ女子”桜井日奈子が挑戦!

 

バスケ歴13年の日奈子ちゃんが弟子入りしたのは神・ZiNEZさん

 

「フリースタイルバスケは日本でも凄い広がっているんですが、どうしても女性のフリースタイラーが凄く少なくて、バスケをやっていたということで、スタジオで一緒にパフォーマンスしましょう!」

 

「えええええええーーーーーーーーーーーーー!」

 

日奈子ちゃん、神の前でフリーズしていましたが、「目指せ女神!」ということで、スタジオで生スペシャルパフォーマンスとなりました!

 

ZiNEZさんのお手本を見ているとワイプの高橋さんから「うぉお?ウソやん!むりやん!いやいやいやいや宿題がむちゃくちゃ!」と思わず声が上がる難易度の高いプログラム

 

そこでまず、基礎中の基礎「ドリブル」「スピン」「ハンドリング」を習いました。

 

 

同じドリブルでもゲームのバスケとは違って、形を美しく見せるシャープなドリブルは見たこともなかった日奈子ちゃん。

 

「ここで三角形を作るようなイメージ」等と言われ、ZiNEZさんオリジナルの技「三角スパイダー」に挑戦しました。

 

足の間にボールを通して、三角形を描くように行うドリブルです。説明を受けてやってみたら、余裕はないものの堅実にクリアしていく日奈子ちゃん。

 

「教える必要ないかもしれない!」と神にコメントされるとは素晴らしい!

 

つぎはスピン!「見たことあるかとは思うんですが!」と実演してくれたのが、ボールを指先に載せて高速回転させる高度な技術です。

 

実はこれ、日奈子ちゃんの苦手技でした。「最初の勢いが大事!最初に強い遠心力がかかっているから指に乗った時凄く安定するんですよ」

 

ゆっくりだと指に載らない、というアドバイス

 

回したボールを指に載せる瞬間には膝も使って、スッと受け取る感じ

 

日奈子ちゃんは「けん玉の感じ?」と直感的に理解したようで、さっそくやってみると自分自身でもびっくりの一発クリア!

 

神に「すごーい!」って褒められてますよ!日奈子ちゃん!「令和イチ嬉しいですよ!」神がかってきた日奈子ちゃん、最後のハンドリングにも挑戦です!

 

「ドリブルやスピンではなく、身体を使ってボールを生きているように操る」のがハンドリング。

 

てのひらにボールを馴染ませて動かすのが基本ですが、今回は「投げたボールを逆手で取る」という「バックハンドキャッチ」を習いました。

 

実際やってみると難易度高めで苦戦していた日奈子ちゃん。振り付けも含めて神・ZiNEZさんに丁寧にご指導いただいた生パフォーマンスが始まります!

 

 

一夜限りのスペシャルコラボ!

 

スタジオでNINJA SKILL BALLERZ日奈子ちゃん、そしてYOHくんがコラボレーションしてパフォーマンスを行います。

 

音楽担当はDJ IKU。

 

ボールと一体化している神たちのアクロバティックな演技はもちろん素晴らしいですが、音楽との連動や複数のパフォーマーが連携して行うまさに神がかり的な技の数々は目が離せません

 

その中のでYOHくんも大健闘。さらに、日奈子ちゃん頑張りました!練習でできなかったバックハンドキャッチも見事にキメて本人が一番嬉しそう

 

そして終わった時の安堵の表情と、メンバーたちとかわすハイタッチがその充実感を表していましたね。

 

神たちの素晴らしい演技も含めて絶賛していた高橋さんの「僕の“蚊帳の外”感(笑)!」のひと言にみんな爆笑していましたが。

 

日奈子ちゃんは「震えました!」といいながらも立派な“女神”っぷりでした。

 

 

「僕らが何年もかけて習得してきたことを一回の練習でここまでやれたのは凄い!今一度拍手を!」と日奈子ちゃんを褒めたたえたZiNEZさん。

 

彼らの今後の目標を訪ねると素敵なお答えが返ってきました。

 

「世界一はそれぞれでもできることなので、“神”が集まるからこそできるパフォーマンスを追求して、世界中の人々に、ボール一つだからこそできるパフォーマンスを見せていきたいです!」

 

最後の数十秒は彼らが持てる全ての技を余すことなく見せてくれました!

 

女性もですが、全体のパフォーマー人口が増えると良いですね!

ほんと、カッコよかった!

 

 

パフォーマンスもさることながら、ZiNEZさん始めとするメンバーの皆さんがとても知性的で素敵でした。

 

この番組をきっかけに始めてくれる10代、新しいハマったさんがたくさん出てきてくれると良いなぁ!動画は必見の素晴らしさです!

 

 

沼ハマ(沼にハマってきいてみた)の見逃し配信は?再放送や過去の動画は?

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)で一輪車女子の演技!大迫力のレース!

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)でねば~る君もびっくり!納豆沼!

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)でニッポン大好き留学生!メロンパンや柴犬?

 

沼にハマってきいてみた(沼ハマ)ペットボトル沼!キャップ投げやアートなど

 

 

NINJA SKILL BALLERZ プレスリリース

https://www.value-press.com/pressrelease/205293

 

公式動画

公式Twitterアカウント