夜に寝たままコンタクトをして視力回復?オルソケラトロジーの値段や内容は?

Pocket

 

現代社会はスマホやパソコンなどをよく使いますから、知らないうちに視力が悪くなっている方も多いですね。

 

視力を回復するとなるとレーシックなどがありますが、手術するとなると怖い感じもします。

 

コンタクトするだけで視力が回復するというオルソケラトロジーは、手術もしないので人気がありますね。

 

そこでオルソケラトロジーの詳細についてや、金額はどのくらいするのか紹介します。

 

スポンサーリンク

 

夜に寝たままコンタクトをして視力回復?オルソケラトロジーとは?

 

オルソケラトロジーを知っている人は少ないと思いますが、コンタクトするだけで視力回復できると話題になっていますね。

 

簡単に言うとオルソケラトロジーはコンタクトで、夜に寝るときにコンタクトをするだけで視力が改善されていくものです。

 

オルソケラトロジーは夜につけるコンタクトで、持続して目に装着すると視力回復を維持することが可能です。

 

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうと、目にキズを負う事もありますがオルソケラトロジーは普通のコンタクトよりも安全です。

 

オルソケラトロジーで視力矯正できるのは近視と近視性の乱視で、寝ている間に装着するのは、日中は裸眼でいられるというメリットがあるからです。

 

寝てるときにオルソケラトロジーを付けていると目にパワーが溜まって、日中はパワーを使うという感じがわかりやすいかもしれませんね(笑)

 

寝ている時に付けるだけなので手軽ですし、日中は裸眼で大丈夫なのは魅力的で私もしたいと思いました。

 

私も普段はメガネをしていますが不便だなと思うこともあるので、オルソケラトロジーは本当に魅力的で惹き付けられます!

 

また4才くらいから使用できるのも特徴で、レーシックのように目に傷を負わないのも大きなメリットだと思います。

 

スポンサーリンク

 

オルソケラトロジーの値段はいくら?内容は?

 

オルソケラトロジーは手軽に視力回復が期待できますが、気になるのは値段がいくらなのかですよね?

 

オルソケラトロジーの大体の値段は両目で20万前後ですが、角膜の形などが特徴的な場合は40万前後になる場合もあります。

 

目の角膜をオルソケラトロジーで矯正し、視力が悪い状態から角膜の形を正常にする方法がオルソケラトロジーです。

 

寝ている間に角膜が正常になるので、一定時間はコンタクトをしなくても角膜が矯正されているので裸眼で問題ありません。

 

レーシックは手術したら元には戻せませんが、オルソケラトロジーはコンタクトをしなければ元通りになりますね。

 

より詳しく説明してしまうと難しくなるので、ここではオルソケラトロジーのイメージを簡単に紹介しました。

 

スポンサーリンク

 

Twitterの声は?

 

オルソケラトロジーは寝てる間に視力回復するものですが、やはり使用している方の評価も気になりますよね?

 

 

 

 

Twitterでも利用した人の感想が書いていて、大半がオルソケラトロジーを利用して生活が楽になったという声が多かったですね。

 

特に運動をよくしている学生の評価が高く、手術は怖かったけどオルソケラトロジーなら安心できたという意見もありました。

 

もちろんリスクゼロではありませんが、一定の条件を満たしている方なら治療可能ですので好評ですね。

 

Twitter上でもオルソケラトロジーのレビューはまだまだ少ないので、認知度がまだ低いというのも納得できましたね。

 

まだまだ認知度は低いという印象でしたが、とても友好的な治療方法なのは間違いないと思いました。

 

ただ誰でも効果が現れるものではないので、合うかどうかは人それぞれなのも把握しておきましょう。

 

 

引用→ https://orthokeratology.jp

 

https://www.universalview.jp/patient/night_lens

 

https://ameblo.jp/lyuuta/entry-10919637171.html

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!