キーボードの簡単なゴミ取りや掃除方法のグッズは?スライムやスプレーなど

今やデジタルデバイスは生活に欠かせないアイテムとして、生活の中に浸透していますよね。

 

中でもスマートフォンがあれば、電話もできるし、ネットもできるし、気軽に誰でも持っているデバイスだと思います。

 

そして、スマートフォンなどは使用していくうちに「手あかや、指紋」が目立ってくるので、頻繁にきれいにする人も多いかと思いますが、

 

パソコンについてはどうでしょう・・・!?意外に使いっぱなしでなかなか掃除しない人も多いのではないでしょうか!?

 

今回は、そんなパソコンのキーボードについて掃除方法など、様々なことを調べてみました。

 

 

キーボードの簡単なゴミ取りや掃除方法について

 

 

一昔前までは、パソコン言えばデスクトップで、キーボードは別にケーブルで接続するタイプで、

 

キーがひとつひとつ外れるタイプだったので、自分なりにカスタマイズしたり、キーボードの反応が悪い時は、外してほこりを取り除くこともできました

 

しかし、今は「キーボード」と言ってもタイプが様々

 

いまだに、キーが外れるタイプも人気が高いのですが、ノートタイプだったり2in1パソコンだとキーを外すことは容易にできません

 

そういった時にはどのように掃除したらいいのでしょうか!?間違っても「分解して掃除しよう!!」しないでください。

 

故障の原因となるばかりでなく、大切なデータを失う可能性があります。掃除は必ず電源を抜いて行ってください。

 

必要なモノ

掃除機

セロテープ

カメラなどの掃除をする際に誇りを飛ばすもの

 

掃除機以外は100円ショップで購入することができるので、手軽に準備できますね。

 

まず、掃除機を使います。「隙間ノズル」を使って隙間のほこりを吸い取ります。

 

そして、セロテープを使い、掃除機で吸いきれなかったほこりなどをくっつけて取り除きます。

 

最後に、先にブラシのついたカメラなどをお手入れする道具

 

 

こんな感じで、もう少し簡易的なものが100円ショップにあるかと思います。ブラシでキーボードの隙間をはきながら、ポンプで風を送りほこりを飛ばします。

 

 

キーボードの簡単なゴミ取りや掃除方法のグッズは?スライムやスプレーなど

 

 

キーボードを掃除するには様々なグッズがあります。

 

家電量販店や、ホームセンターなどで気軽に手に入れることができます。

 

 

いちばん簡単なもので言えば、静電気でほこりを吸着して取り除くはけです。

 

これだと、同じように静電気でほこりを吸着するハンディモップなどがありますね。代用する場合、ほこりがついていない綺麗な状態で使用してください。

 

ほこりが付いた状態だと、掃除中に逆にキーボードに挟まってしまう可能性があるので逆効果です。

 

次によく使用されているのが「エアダスター」です。キーボードを少し傾けて、キーボードの隙間に沿うようにスプレーし、風の勢いでほこりを外に出すタイプです。

 

 

さきに細いノズルがついているので、隙間に沿って綺麗に風を送れるのがいいですね。キーボードにほこりが詰まると

 

反応が遅くなるので、定期的に隙間のほこりは取り除くのが理想的です。

 

次におすすめしたいのが「スライム」です。といっても、スライムほど柔らかくないので、間違っても市販のスライムは使用しないように。

 

 

 

ゲル状のものですが、先ほどのセロテープでほこりを取るのと同じ役割があります。そして、ゲル状で形を変えられることから

 

キーボードの形状にそってほこりを取り除いていけるのも魅力的です。

 

 

キーボードはトイレより汚い?

 

 

キーボードのほこりを取ったついでに、キー表面も掃除しましょう。

 

キーボードってどのくらい汚れているとおもいますか!?

 

キーボードがどのくらい汚れているのか、調べてみると何十個に1個は、掃除後のトイレの便座よりも5倍の菌がいるそうです

 

汚れの原因として

手から出る皮脂や汗

何かを食べた後にキーボードに触れる

着ている衣服についている汚れ

頭皮から落ちるふけなど

 

ざっと挙げただけでも、上の2つに身に覚えはある人も多いはず。

 

そして、キーボードを触って、菌がついた手でさらに何かを食べると、菌を体に入れることにもなります。

 

では、そんなに汚れているキーボードをどうしたらきれいにできるのでしょうか!?

 

答えは簡単です。

 

「アルコール入りウェットティッシュ」です。適度に水分が絞られているので、隙間に水分が入り込んでパソコンの故障につながることを防ぐこともできます。

 

ただ、最後の方のウェットティッシュは水分が多く、故障の原因になることもあるので使用しないように。

 

後は、車の洗車に使うマイクロファイバークロスです。

 

 

中性洗剤を溶かした水に浸して、固く絞ってキーボードを拭いてください。

 

どちらの場合も力を入れすぎると、キーボードを破損してしまう恐れがあるので、あくまでも優しくふき取る感覚で行ってください。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!