【同期のサクラ】高畑充希のメガネはなぜひび割れている?ネタバレ予想は?

「同期のサクラ」は高畑充希さん主演の日テレ系水曜ドラマ枠で放送されている話題作です。ポスターのビジュアルが解禁された時に大反響がありました。

高畑さんが真摯なまなざしでカメラを見つめている…それは、これまでの作品でもありがちな手法ですが___眼鏡の左レンズがひび割れ、そして右の鼻の穴にはティッシュが詰められている、というものです。

彼女=サクラに何が起こったのか?

 

その痛々しい姿の謎を探ってみましょう。

ポスターでサクラ(高畑充希)のメガネがひび割れている

 

白い、まっさらなバックに、ショートヘア・白シャツのサクラが立っています。

 

“北野サクラ”という新潟の離島育ちの女の子のイメージで、よく言えば素朴、どこかあか抜けない風情の彼女がじっとこちらを見つめているというメインビジュアルです。

 

「まっすぐ すぎて 傷だらけ だけどサクラは 今日も咲く」

「バカが つくほど 正直で 忖度知らずの サクラと、 その同期たちの 夢追う10年」

 

何とも意味深なそのコピーが、物語の全てを表していると言っても良いでしょう。

1話冒頭___2019年春、新元号「令和」が発表された頃。古いアパートの床に突っ伏すように倒れているサクラの姿。

その眼鏡のレンズが、まさに割れているのです

 

重い脳挫傷で、意識が戻るかも判らない、そんな状況に陥ったサクラの病室に集まった“仲間たち”。

 

この物語は、2019年春のシーンから、サクラとその仲間たちが会社の新入社員研修で出会った2009年に立ち返り、そこから一年ずつ時間が進むなかで、彼らがどう生きてきたかをリアルに描いているのです。

 

新入社員の彼らが組織の中でぶちあたる壁。その中でサクラは異色の存在です。本当に欲するところだけを目指し、真っすぐに突き進む彼女は、周囲の人間と軋轢が絶えません。

 

だから“傷だらけ”なのか、と、ドラマ本編を見るまでは思っていました。その、サクラの心象風景を表しているのがこのレンズのひびと、鼻血の描写なのかな、と。

 

ちなみに、そのポスターにはひびの入った眼鏡バージョンで、鼻にティッシュが詰まったものと、そうでないものがあり、全部で5種類制作されているそうです。

 

Twitterでは、左レンズにひびが入った同じメガネが7個、そして卓上にはティッシュも用意されているというポスターの撮影現場のスナップが。

 

この眼鏡、実はVONNというブランド物で、31,900円(税込み)です。オシャレに使いこなすのが難しそうなデザインです。

https://www.vonneyewear.com/

https://www.vonneyewear.com

 

サクラ(高畑充希)のメガネはなぜひび割れている?ネタバレ予想は?

 

社会に出て10年目の春に、サクラに何事か悲劇が起こります。脳挫傷を追うなんて、事故か、事件か…⁈

 

病院のベッドに臥している彼女の元に”仲間“たちが訪れ、サクラへの思いがそれぞれのモノローグで語られていくのです。

 

1話ではまだ、サクラのことを測りかねているみんなが、次第に彼女の生き方に感化されて、“大人たち”が見失ってきたもの、そして“自分”と“仲間”と、自身の“夢”を大切にして生きていく道を模索していく、そんな姿が描かれていきます。

 

そんな物語のベースに、この10年間の日本の風景が、丹念に描かれていくのです。ガラケーや、パソコンなどのツール、インフラ、そしてキャストさんたちが着用しているスーツのデザイン。

 

そしてまだ建設中の東京スカイツリー。

 

「ああ、そうだ…この頃って、こんなだった」

 

見る人は自然にその“ちょっと前の日本”に想いを馳せ、今と過去を味わうような、不思議な構成のドラマになっています。

 

随所に種をまくように謎がちりばめられ、予想がつかない展開と、胸にグッとくる熱さに“泣ける”という評価が出ています。

 

何が飛び出してくるかわからない___それは、このドラマのドリームチームともいうべき構成が物語っています。

 

高畑充希さんを中心に、コメディと思いきや、ファミリーというテーマで様々な問題を突きつけた「過保護のカホコ」を作り上げた西憲彦プロデューサー、脚本の遊河和彦、演出の南雲聖一、日暮謙といった布陣です。

 

更に完全オリジナルの物語を構築している脚本の遊河氏は、2011年の秋ドラマ「家政婦のミタ」を書いて話題にもなりました。

 

思いがけない展開を仕掛けてくることで知られる素晴らしいストーリーテラーなのです。

10年を振り返り、一話ごとに一年時間が進んでいく。

 

しかしその終着点である2019年春に、サクラは傷つき倒れているのです。

“正直”で“忖度“知らず。

 

故郷の離島に橋を架けたいと願うサクラは、その一念と、初めて出会った“仲間”を大切に生きる、ただそれだけのために邁進しています。

 

柔軟性からは対極にあるその生き方は、本人の意図に寄らず敵も作ってしまうのです。事故なのか。それとも事件なのか。

 

1話冒頭で映されていた、ひび割れた眼鏡と、仲間との集合写真。家具がなくなっているアパートの部屋。そこに施された謎かけの真意を汲み取るには、まだまだ情報が圧倒的に足りません。

 

まとめ

 

眼鏡に象徴される、サクラに襲い掛かった最大の受難の正体が何なのか。それを読み解けるだけのヒントはほぼ皆無と言ってもよいかもしれません。

 

しかし。

 

そんなサクラを思う仲間たちの姿と、彼らの間に流れた10年という時間は、現在と振り返った過去の対比で克明に描かれています。

 

小さな布石はいろいろと打たれているはずです。見逃さないように、毎週の一時間を楽しんでいきましょう。

 

現状、脳挫傷で意識不明というサクラの容態は芳しくありません。その謎解きがドラマのメインテーマになっていますが。

 

しかし遊川さんの作品には大小取り混ぜて幸福な未来への希望が描かれてきました。サクラ自身と、彼女に出会って成長した仲間たちの今と、これからが幸せでありますように。

 

そう祈らずにはいられません。

 

「同期のサクラ」を見逃した!見逃し配信について

 

それから、ドラマ『同期のサクラ』を見逃した方や、初回から最初からもう一度見たい!という方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>【同期のサクラ】1話~見逃した!再放送やフル動画の配信サービスは?

 

※Huluでは2週間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 


ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!