【深層捜査スペシャル】原作や脚本は?キャストや内容のネタバレは?

”心の医師”大嶋二郎(長塚京三)が活躍する大人気シリーズもいよいよ第3弾!!「深層捜査スペシャル」が、2019年9月8日(日)に放送することが決定しました。

 

今回は「深層捜査スペシャル」の原作や脚本について。キャストやどのような内容となるのか、ネタバレしていきます!

 

 

【深層捜査スペシャル】概要やキャストは?

 

「深層捜査スペシャル」は、もともと2019年8月25日(日)に放送の予定でした。ですが、急遽「世界バトミントン決勝」の放送が決まり、9月8日(日)の放送に変更となりました。

「深層捜査スペシャル」は、2019年9月8日(日)テレビ朝日・日曜プライムの枠にて放送されます。

 

”大嶋クリニック”の院長・大嶋次郎は、警視庁犯罪被害者対策室の室長・柏木百合子から要請を受け、犯罪被害者の心のケアを担当するベテランの内科・心療内科医師だった。

大嶋は若手医師・高野泰之とともにひびき野市を訪れる。

そこで市長・松川玲子と知り合う。玲子は泰之と昔からの友人で、福祉関係のNPO法人理事から無所属で当選を果たし、子供たちを守り育てる”子どもセンターが必要だ”と考えていた。

しかしひびき野市の前市長・南雲隆司はレジャー施設を推進しており、前市長側の“国正党”議員が過半数を占めているため、玲子の意見を通すのはなかなか至難の業であった。

ところが国正党の大物市議・武藤忠信らが造反し、子どもセンターの建設案が可決!

玲子がホッとしたのもつかの間、子どもセンターの入札予定価格漏洩疑惑が報じられ、ひびき野市役所建設課長の杉山昇が飛び降り自殺…。玲子はショックで倒れてしまう。

大嶋は玲子の心を癒すべく、箱庭療法と呼ばれる治療を行うことに。

 

キャスト

「深層捜査スペシャル」のキャストはこちらの方々です ↓

大嶋二郎:長塚京三

柏木百合子:かたせ梨乃

高野泰之:渡辺大

大嶋めぐみ:岩佐真悠子

谷本伸次郎:西村まさ彦

松川玲子:松下由樹

幼少期の玲子:佐々木みゆ

北詰正一:窪塚俊介

竹内正博:加藤虎ノ介

坂本医師:堀部圭亮

吉澤唯行:賀集利樹

福島庄司:篠塚勝

高野理恵:阿知波悟美

南雲隆司:篠井英介

武藤忠信:小野武彦

吉丸幸子:吉行和子

 

ベテラン勢が多く出演している印象です。

 

【深層捜査スペシャル】ロケ地や撮影場所は群馬?富岡製糸工場や公園など

 

原作や脚本は?

 

「深層捜査スペシャル」の原作ですが、2017年に放送されたシリーズ1は、渡辺典子氏が原作でした。そして脚本を担当したのは、香月秀之氏です。

 

では、2019年に放送されるシリーズ3の原作、脚本は誰が担当したのか。調査してみたのですが、原作は誰が書いたのかは分からず…。脚本を担当したのは、久松真一氏です。

 

原作は…、シリーズ1と同じ渡辺典子氏なんですかね…?

 

脚本を担当した久松真一氏は、横山秀夫サスペンスシリーズや、水曜ミステリー9など、これまでにさまざまなミステリーものの脚本を担当しています。

 

ミステリーものの脚本を数多く担当した方が担当するということなので、安心感がありますよね!

 

 

内容のネタバレは?

 

では最後に、「深層捜査スペシャル」のネタバレをしていきたいと思います。

 

先ほどあらすじを紹介しましたが、その続きですね。

 

玲子はひびき野市役所建設課長の杉山昇が飛び降り自殺したことがショックで倒れてしまい、大嶋次郎による箱庭療法を行うことに。

 

箱庭療法とは、心象風景を砂箱に表現するという治療方法でした。

 

大嶋が箱庭を注意深く見ていくと玲子が砂の下に埋めた”あるもの”を発見する。大嶋は、玲子の幼少期に何か傷を残す出来事があったのではないかと考え始めます。

 

一方、飛び降り自殺した杉山の遺書が見つかったのだが、偽造であることが発覚。警察は玲子を疑い出す。

 

「深層捜査スペシャル」のキーマンは玲子になりそう。玲子の幼少期に傷を残す出来事とは一体なんなのか。

 

杉山は飛び降り自殺ではなく、誰かに殺害されたものだと思われます。おそらく玲子の考えに反対する人たちですよね…。

 

9月8日(日)に放送される予定の「深層捜査スペシャル」にて、真相を確かめたいと思います!