WOWOWドラマ【坂の途中の家】のロケ地や撮影場所は?エキストラ募集は?

Pocket

直木賞作家として知られる角田光代氏の小説「坂の途中の家」が遂にドラマ化!!主演を今回務めることになったのは、柴咲コウさんです。

 

2019年4月27日(土)22:00から全6回で放送されており、次回放送(6月1日)で最終回を迎えます。原作ファンも楽しめるドラマとして評判が高い「坂の途中の家」、どのようなラストを迎えるのでしょう。

 

今回は最終回を前に、どこで撮影が行われたのか、ロケ地・撮影場所の情報をまとめていきます。ロケ地・撮影場所の情報と同時にエキストラ情報についても注目します。

 

 

WOWOWドラマ【坂の途中の家】のロケ地や撮影場所はどこ?

 

 

専業主婦の里沙子(柴咲コウ)は、生後8ヶ月の娘を虐待死させた女性の裁判に補充裁判員として参加することに。

 

虐待死させた母親に嫌悪感を抱いていた里沙子。だが、裁判を通して自らの人生と被告の人生を重ね合わせていく…。

 

2019年4月27日(土)からスタートし、放送される毎に反響を呼んでいるこのドラマ。では、どこで撮影が行われたのかロケ地・撮影場所をみていきます。

 

茨城県三の丸庁舎

 

住所:茨城県水戸市5

 

(旧県庁)で「坂の途中の家」の撮影が行われました。茨城県三の丸庁舎は昭和5年に建設された近世ゴシック建築様式の建物です。

 

 

今回の「坂の途中の家」をはじめ、さまざまなドラマのロケ地として登場してきました。

 

2012年に公開された映画「半落ち」、2016年に放送されたドラマ「ブラッディ・マンデイ」、2017年に放送されたドラマ「点と線」など数々のドラマのロケ地になっているのでお馴染みのロケ地と言えるでしょう。

 

「ドラマによく出てくるあのレンガの建物」と言えば分かる人も少なくないんだとか。

 

 

県議会議事堂(水戸市)

 

住所: 茨城県水戸市笠原町978番6

 

水戸市にある県議会議事堂も「坂の途中の家」のロケ地として登場しました。

 

水戸市の県議会議事堂といえば、2018年に公開された木村拓哉さん主演の映画「検察側の罪人」のロケ地になったことで知られています。

 

2017年に放送されたドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」でもロケ地として登場。こちらもドラマや映画のロケ地としてよく登場するスポットとなっています。

 

筑波海軍航空隊記念館(笠間市)

住所:茨城県笠間市旭町654

 

笠間市にある筑波海軍航空隊記念館も、「坂の途中の家」のロケ地として登場しています。「坂の途中の家」は、茨城県内でドラマ撮影が行われたようです。

 

撮影場所が県内に絞られていると、聖地巡礼する方は回りやすいのではないでしょうか。

 

筑波海軍航空隊記念館といえば、2017年に公開された映画「永遠の0」のロケ地として知られています。

 

そのため、映画を見て筑波海軍航空隊記念館へ足を運ぶ人は大変多いのだとか。

 

 

PR TIMESのオフィス

 

PR TIMESのオフィスで「坂の途中の家」の撮影が行われたことがこちらのTwitterから明らかとなりました。

 

 

PR TIMESのオフィスの住所ですが、おそらくこちらであると思います ↓

住所:東京都港区南青山2丁目27−25

 

ロケ地を知った上でドラマを見ると、より楽しめますよ!!

 

 

ちなみに、ドラマに登場する坂がどこの坂であるのかは不明です。

 

 

エキストラ情報は?

 

WOWOWドラマ「坂の途中の家」は、エキストラを募集していました!!

エキストラの募集、撮影はすでに終了していますが、エキストラ情報をまとめていきます。

 

<撮影日時>

2018年12月22日(土)

 

<撮影時間>

7:00~17:00まで

(撮影の進行状況により前後する)

 

<エキストラ集合場所>

茨城県水戸市某所

水戸駅から徒歩で約10分のところ

 

<募集内容>

男女性別問わず50人の裁判所関係者、通行人、警備員を募集

18歳未満の方の場合は、保護者の同意が必要。

(参加者にはドラマオリジナルのグッズをプレゼント!)

 

<服装など>

通行人の場合、地味めのスーツ、オフィスカジュアルで撮影だったとのこと。

 

 

こちらの内容で「坂の途中の家」はエキストラを募集していました。

 

 

水戸市の公式ホームページでもエキストラ募集のお知らせをしていたみたいですね!

多くの方がエキストラとして撮影に参加したことでしょう。