絶対正義の最終回ラストのネタバレ!範子の母親が信号無視した理由と結末は?

山口紗弥加さん主演の「絶対正義

 

法律のみが価値基準として生きる高規範子を主人公に

 

正義がゆえに、それがやがて恐怖に変わっていくサスペンスドラマ。

 

ついに2019年3月23日に最終回を迎えました。今回は、その最終回に注目していきます。

 

 

絶対正義の最終回あらすじ

 

由美子は刑務所から出所してきた。

律子が由美子たちを連れて山奥のログハウスへやってきた。

 

ログハウスには律子の恋人、亮治がカメラを回して待っていた。そして、4人に問いかけた。

高槻範子は生きていました。率直な感想は?

律子がみんなをログハウスに連れてきた目的は、その真意を聞くため。

 

一方、範子は病院から脱走していた。警察は逮捕状が出ていることから、範子を全国に指名手配をした。

正義とは一体何なのか?範子の他にも正義に取りつかれた人物が・・・。

娘の律子。

正義の意味を問いかける、予測不能な結末とは・・・!?

 

 

範子の母親が信号無視した理由

 

この正義をテーマにしたドラマは、そもそも第一話から母親が信号無視をして引かれてしまったとろこから始まる。

 

だからこそ、ルールは守る、正義は絶対だと。

 

そして、狂気とも思えるくらい正義を貫いた結果、範子は5年前に殺された。その時に「私の正義は間違っていたの?」の疑問が。

 

そして、殺されたはずの範子は生きていた。

律子によってログハウスに集められた全員の前に意識を取り戻した範子が姿を現した。

 

そして、「家族になりたかっただけ」だった。と4人を前に謝る範子。

母を亡くし、傷つく範子に行き過ぎた行動を注意できなかった。と4人も反省をし和解することとなった。

 

予想外の結果ですね^^;

 

だが、そこには4人のことが許せない人物がいた。娘の律子だ。

「正義」とは、どういうものなのかを見せてやる!と出ていく律子を追いかける範子。

 

そこに、範子の高校時代の体験がよみっがえって来た。

ルールは守れ」と厳しく教えていた母が、信号無視をして亡くなったことで、範子の正義への暴走は始まった。

 

赤信号を無視して追いかけようとする範子、それを止めた由美子。

そこで範子が貫いてきた間違った正義の負の連鎖が経ち切れたのだった。

 

ルールは守らなくてはいけない、けれど行き過ぎたことは間違っている。

と、行動で示した範子だった。

 

 

ラストのネタバレ!結末は?

 

赤信号を無視して、律子を追いかけようとした範子。

それは、過去に範子の母がした信号無視と同じ行動をとっていた。

今ではその意味が分かる。

 

とっさに由美子が範子を引き留めたことで、範子は我にかえったのだが

由美子は思った。

私、今なら言える。今のふたりの姿は絶対に正しいって。そこには正義があるから!

 

だが、範子を追う警察が到着し、範子に近づくと由美子が一言

「私、何か間違ったこと言ってる!?」

 

 

最終的には、他の5人も「範子のように正しいことを行え」となり

しかし、「行き過ぎた正義は振りかざすべきではない」という部分が、、、

 

最後のシーンで、由美子がバスに乗るが女性が化粧をしていて、男子学生にぶつかる。

男子学生に写真をとられいつでも世間にアップしてやると罵倒される、その瞬間由美子が助けに入る。

 

バスを見ると、他の客の目に黒い線が引いてあり、範子になっているという・・・

 

そして、負の連鎖は続く?という結末だったのではないのでしょうか!?

 

あっけなく、予想もしなかった結末に、視聴者全員が考えさせられたドラマでした。

 

『絶対正義』を見逃し配信について

 

それから、ドラマ『絶対正義』を見逃した方や、初回から最初からもう一度見たい!という方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>絶対正義を1話から見逃した!再放送やフル動画の配信を無料で見る方法は?

※FODは31日間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!