【おカネの切れ目が恋のはじまり】ロケ地や撮影場所はどこ?カフェや公園は?

TBS秋の火曜ドラマ枠で注目されていた新作「おカネの切れ目が恋のはじまり」が放送決定になりました。

 

…突然の三浦春馬さんの訃報で大変残念なことになってしまいましたが、それでも脚本を変更し、

 

4話で完結する物語として制作・放送されるということです。

 

演出は「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の木村ひさしさん、「ノーサイドゲーム」の平野俊一さん、

 

そして「逃げ恥」や「この世界の片隅に」でTBSドラマをぐいぐいと引っ張る土井裕泰さんというドリームチーム的構成になっています。

ドラマ【おカネの切れ目が恋のはじまり】キャストやあらすじは?

中堅おもちゃメーカーの経理部に勤務する生真面目な九鬼玲子(松岡茉優)はアラサーの“清貧女子

 

一円まで清く正しく美しく!」がモットーで、モノとおカネ(と恋)に一途に生きています。

 

その会社の御曹司猿渡慶太(三浦春馬)は跡取り息子として母親(キムラ緑子)に甘やかされて育ったことから、

 

おカネに執着がなく「欲しい物は欲しい!」と浪費癖半端ないという困り者。

 

そう…おカネの計算が出来ない残念なイケメンなのです。

 

その度を越したカネ遣いに父親である社長(草刈正雄)が激怒して“おカネについて学ぶべし”と経理部に放り込まれたのです。

 

実は、その少し前…玲子が惚れ込んで悩み、一年越しで“お迎え”することを決意した素敵な豆皿を、目の前でかっさらわれてしまった、その相手が慶太だったのです。

 

そんな最悪の出会いをした彼の指導係を命じられてしまった玲子は、あまりに違う彼の金銭感覚に驚きを隠せませんでした。

 

「綻びだらけなんですよ!貴方の生き方は!!」

 

そして慶太は、なぜか玲子の家で暮らすことになってしまったのです。

 

玲子は、会社でもプライベートでも、慶太に真っ当なおカネの使い方を教える羽目に。

 

お小遣い帳や、“お金の専門家”である公認会計士の講座など、玲子がおカネに関して当たり前にしているものは、慶太にとっては未知の領域だったのです。

 

そんな二人が恋に落ちる…?!かもしれない。

 

おカネを通して考え、学び、そして笑う、ラブコメディなドラマです。

 

 

ドラマ【おカネの切れ目が恋のはじまり】ロケ地や撮影場所はどこ?

 

John

〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座1丁目6−22

 

玲子が憧れの豆皿を買おうとしていたお店

https://www.reallocal.jp/76100

ギャラリー兼カフェというスペースです。

地元でも愛されているお店ですね。

 

極楽寺駅前(江ノ島電鉄)

〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3丁目7

慶太が座っていた場所

 

稲村ケ崎公園

〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目19

 

視線の先に、江ノ島が眺められる場所でもあります。

以前、映画「シン・ゴジラ」で野村萬斎さん演じるゴジラが上陸した辺りです。

 

皆様ご存知の通り、この作品は三浦春馬さんの遺作となってしまいました。

 

彼が撮影を終えていた4話迄のシーンを大切に残し、そして脚本を変更して完結させるという決断をした東仲恵吾プロデューサーには大いに感謝したいですね。

 

8月27日に、玲子の母親・サチ役で出演していた南果歩さんが「無事クランクアップしました」との報告をインスタグラムに寄せています。

 

あとはスタッフさんが頑張って放送のギリギリまで編集し、仕上げることになるのでしょう。

 

9月15日から、10月6日まで…三浦春馬さんの最後の笑顔を見られる貴重なドラマです。

 

寂しいことですが、多くの人に愛され、惜しまれた彼が魅せる素敵なお芝居を十分に堪能しなければ勿体ない…。

 

そして、彼亡きあとに作品を支えようと奮闘したはずの、ヒロイン・玲子を演じた松岡茉優さんの頑張りを是非とも讃えたいですね。