2022【岸辺露伴は動かない】ロケ地や撮影場所はどこ?地下道や神社など

2020年の年末から放送されている高橋一生さん主演の『岸辺露伴は動かない』、3年目は第7話「ホットサマー・マーサ」と第8話「ジャンケン小僧」が放送されました。

高橋一生さん演じる露伴先生、次第に一体化してマンガの彼そのものに見えてきますね!今回もゲストキャラは大変豪華です。

 

今回は意外なことに”コロナ禍”までも取り込んだ描写が面白かったですね。黒マスクの露伴先生、顔半分を覆ってもイケメンを隠せません。

今回もちょっとホラーテイストな露伴先生、ロケ地とともにお楽しみください!

 

岸辺露伴は動かない「ホットサマー・マーサ」「ジャンケン小僧」

加地邸(神奈川県三浦郡葉山町)

岸辺露伴(高橋一生)が暮らしている豪邸は神奈川県三浦郡葉山町の加地邸です。ここは国指定登録有形文化財としに登録されている建物です。

 

何と一般の皆さまも宿泊できるとのこと。”邸宅ウエディング”も可能だそうです!

編集者の泉京香(飯豊まりえ)だけでなく、今回は謎の女性イブ(古川琴音)が庭どころか家の中まで入り込み、騒動に…。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色1706

名称

葉山 加地邸

電話

044-211-1711

HP

https://kachitei.link/

駐車場

有(三台、徒歩三分)

アクセス

JR横須賀線 逗子駅からバスで12分、旧役場前バス停下車、徒歩約3分、210m

 

Twitterでは

ドラマ「和田家の男たち」では玄関~エントランスが使用されていましたね。

同じ場所で今回は露伴先生がジャンケン小僧に付きまとわれて困惑しています。

 

 

額坂(神奈川県横浜市中区)

露伴先生が愛犬の”バキン”をスリングに入れて散歩していたのは神奈川県横浜市中区の額坂でした。過去に3話、5話にも登場しています。

坂の下から見上げる構図が多く、右側にストリートビューに出ているテラス(?)が映りこんでいます。

 

この坂の上で、京花(飯豊まりえ)がジャンケン小僧に遭遇し、後をつけられたことで露伴先生の家がバレました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒231-0861 神奈川県横浜市中区1丁目

名称

額坂

HP

https://latestjapan.yokohama/

駐車場

無し

アクセス

みなとみらい線 元町・中華街駅から徒歩約9分、550m

JR横浜線・根岸線 石川町(元町・中華街)駅から徒歩約13分、1.0㎞

 

Twitterでは

横浜の元町公園西側の外周に隣接しています。

 

 

神奈川県立相模原公園(神奈川県相模原市南区下溝)

露伴先生がわんこ連れのお散歩で歩いていたのは神奈川県相模原市南区下溝の神奈川県立相模原公園でした。

広い敷地の北側、相模原沈殿池に近い部分の遊具広場の南側の小径です。そのあとで同じ場所を全力疾走する露伴先生。

 

そこから見える森の木展望台は第三話「D.N.A」にも登場しています。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

 

住所

〒252-0335 神奈川県相模原市南区下溝3307−1

名称

神奈川県立相模原公園・遊具広場

電話

042-778-1653

HP

http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/

駐車場

アクセス

小田急線 相模大野駅北口からバスで20分、女子美術大学バス停下車、徒歩約1分、76m

JR横浜線 古淵駅からバスで20分、女子美術大学バス停下車、徒歩約1分、76m

 

Twitterでは

これは「D.N.A」放送時のつぶやきですね。

一瞬、この窓が遊具と植え込み越しに見えました。

 

五霊神社(神奈川県逗子市沼間)

露伴先生が迷い込んだ神社は神奈川県逗子市沼間の五霊神社でした。

そこで彼は不思議な神主の親子(酒向芳、山本圭祐)に出会い、藪箱法師の話を聞くのです。

※露伴先生が駆けあがっていった石段

※背後にこの「止まれ」の文字が見えます。

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒249-0004 神奈川県逗子市沼間3丁目10−34

名称

五霊神社

電話

 

HP

https://www.zushitrip.com/

https://miurahantou.jp/

駐車場

無し

アクセス

JR 東逗子市駅から徒歩約10分、750m

JR 逗子駅からバスで9分、宮の下バス停下車、すぐ

 

Twitterでは

この逗子から日光へ…露伴先生の周りで時空が飛びました。

 

 

並木ホテル・七本桜一里塚(栃木県日光市 日光杉並木街道)

露伴先生が迷い込んだ神社の神域、大きな洞がある木は栃木県日光市 日光杉並木街道の並木ホテルです。

目印は”七本桜一里塚”、そのすぐ上に立つ杉の大木には大人が4人ほど入れる大きな空洞があります。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒321-1261 栃木県日光市 日光杉並木街道

名称

並木ホテル・七本桜一里塚

電話

 

HP

https://www.pref.tochigi.lg.jp/

http://tomozoaruku.blog89.fc2.com/

駐車場

無し

アクセス

東武日光・きぬがわ線 下今市駅から徒歩約20分、1.7㎞

JR宇都宮線・東北新幹線 宇都宮駅西口からバスで1時間1分、七本桜バス停下車徒歩約4分、350m

 

Twitterでは

作中ではものすごく鬱蒼とした裏山のようですが、実はこの場所、住宅地の傍にあります。

 

天保堂苅部書店(神奈川県横浜市中区野毛町)

露伴先生がジャンケン小僧(柊木陽太)に付きまとわれていた古本屋は神奈川県横浜市中区野毛町の天保堂苅部書店でした。

所かまわずジャンケンを仕掛けてくる彼に、露伴先生はうんざり…懸けたのは7500円の植物図鑑でした。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3丁目134 天保堂苅部書店

名称

天保堂苅部書店

電話

045-231-4719

HP

https://www.facebook.com/

駐車場

無し

アクセス

JR 桜木町駅から徒歩約8分、700m

京急本線 日ノ出町駅から徒歩約6分、400m

 

Twitterでは

ドラマ第二話「くしゃがら」にも登場していた本屋さんです。露伴先生のお気に入りの場所なのかもしれませんね。

※Facebookにロケについての書き込みがありました。

 

 

山手十番館(神奈川県横浜市中区山手町)

露伴先生がジャンケン小僧に付きまとわれてうんざりしていたオープンカフェは神奈川県横浜市中区山手町の山手十番館でした。

さすがの露伴先生でも、邪険にした子供に嘘泣きされて周囲の視線が痛いと辛いようですね。元町公園を挟んで、額坂の反対側にある由緒あるレストランです。

 

こちらも「第二話くしゃがら」で登場しています。その時の厄介な相手は志士十五(森山未來)でした。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町247

名称

山手十番館

電話

045-621-4466

HP

https://yokohama-yamate-jyubankan.zetton.co.jp/

駐車場

無し

アクセス

みなとみらい線 元町・中華街駅から徒歩約7分、450m

JR根岸線 石川町(元町・中華街)駅から徒歩約15分、1.1㎞

ブルーライン 桜木町駅から徒歩約5分、桜木町駅前からバスで13分、元町公園前バス停下車、徒歩約1分、140m

 

Twitterでは

レンガ敷きのテラス席、白いパラソルが並んでいました。

 

第一下川ビルディング(東京都大田区)

ジャンケン小僧が京花に声をかけたビルの入り口は東京都大田区大森北の第一下川ビルディングです。

屋上のジャンケンバトルは別の場所で撮影されたと思われます。

ビル入り口から見える鉄道の高架。

京花が立っていたのはこの辺り。実は線路沿いに交差点を一つ越えて北側にあるマンションの前でした。

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒143-0016 東京都大田区大森北3丁目13−5

名称

第一下川ビルディング

駐車場

無し

アクセス

京急本線 平和島駅から徒歩約8分、700m

 

Twitterでは

他にも「武士スタント逢坂くん!」や「アバランチ」「六本木クラス」などに登場していて、ロケ地としてはよく知られているビルです。

 

 

多摩水道橋交差点(神奈川県川崎市登戸)

ジャンケン小僧に露伴が”ヘブンズドア”をしかけてその考えを読んだトンネルは神奈川県川崎市登戸の多摩水道橋交差点の下を通る地下道でした。

多摩水道橋の川崎・登戸側です。落書きと看板が一致しました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸

名称

多摩水道橋交差点

HP

http://www.pref.kanagawa.jp/

駐車場

無し

アクセス

小田急線・JR南武線 登戸駅から徒歩約6分、500m

 

Twitterでは

同じ場所です!

 

まとめ

・岸辺露伴(高橋一生)が暮らしている豪邸は神奈川県三浦郡葉山町の加地邸

・露伴先生が愛犬の”バキン”をスリングに入れて散歩していたのは神奈川県横浜市中区の額坂

・露伴先生がわんこ連れのお散歩で歩いていたのは神奈川県相模原市南区下溝の神奈川県立相模原公園

・露伴先生が迷い込んだ神社は神奈川県逗子市沼間の五霊神社

・露伴先生が迷い込んだ神社の神域、大きな洞がある機は栃木県日光市 日光杉並木街道の並木ホテル

・露伴先生がジャンケン小僧(柊木陽太)に付きまとわれていた古本屋は神奈川県横浜市中区野毛町の天保堂苅部書店

・露伴先生がジャンケン小僧に付きまとわれてうんざりしていたオープンカフェは神奈川県横浜市中区山手町の山手十番館

・ジャンケン小僧が京花に声をかけたビルの入り口は東京都大田区大森北の第一下川ビルディング

・ジャンケン小僧に露伴が”ヘブンズドア”をしかけてその考えを読んだトンネルは神奈川県川崎市登戸の多摩水道橋交差点の下を通る地下道

 

ジャンケン小僧を演じた柊木陽太くんは昨年から大活躍の子役さんです。

中川大志さん、高橋文哉さん、菅田将暉さん、草彅剛さんの子供時代を演じて話題になりましたが、さらに最近では「PICU」でキーパーソンになる少年を演じて話題になっていました。

 

そんな彼に翻弄されまくった露伴先生___高橋一生さんを困らせるとは、芝居とはいえ対等に渡り合っていた柊木くんの将来に期待したいですね!

というわけで、「岸辺露伴は動かない」の定番&新規のロケ地をお楽しみください!

関連記事