ドラマ【しずかちゃんとパパ】のロケ地や撮影場所はどこ?栃木県がロケ地

『これはどこかに当たり前に暮らしている父と娘の愛情あふれる物語』___ただ、父の純介(笑福亭鶴瓶)は生まれ聴覚障害障害がある”ろう者”

娘の静(吉岡里帆)はその耳と口の代わりを果たすコーダ(CODA、Children of Deaf Adult)だったのです。

 

コーダであることから、ちょっとばかり周囲の人たちとコミュニケーションの仕方が変わっていて、誤解されたり勘違いされたり…傷つくこともある静の日々にある日一人の男性が現れました。

道永圭一(中島裕翔)という彼は静のバイト先のファミレスで知り合ったのですが、ひょんなことから少しずつ距離を詰めていくことに。

 

2人にはどこか通じ合うものがあったのです。街の再開発や、周囲の人々のこと、そして父との関係など、描かれていく静の生活は濃やかで温かく、

そして道永の出現で彼女はこれまでとは違う何かに向かって歩き始めたのでした。そんな静と父・純介らを取り巻くロケ地をご紹介します。

 

しずかちゃんとパパ

永山電機株式会社前の路上(栃木県栃木市室町)

”ミノワ通り共栄会”の看板は栃木県栃木市室町の永山電機株式会社前の路上でした。そこにある看板は”ミツワ通り共栄会”。

形はそのままに、作品の中でのちに大きな意味を持ってくる場所です。ここで、道永はタブレットを手に写真を撮ったりしています。

 

”SONY”の看板や、電柱の”好生医院”などはそのまま映り込んでいますね。また、このすぐそばにある巴波川にかかる相生橋も作中に度々登場しています。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒328-0036

栃木県栃木市室町6−11

名称

永山電機株式会社

電話

0282-22-0219

駐車場

無し

アクセス

JR栃木駅から徒歩約7分、550m

JR栃木駅からバスで約2分、室町バス停下車、徒歩約2分、240m

 

Twitterでは

右上、味のある看板です。色の褪せ具合など、作中ではCGで”ミノワ”に修正されたのかな、と。

 

栃木駅前ロータリー(栃木県栃木市沼和田町)

道永が写真を撮っていたのは、栃木県栃木市沼和田町の栃木駅前ロータリーでした。

赤と黒の丸いオブジェ、バス停の波状の屋根が見えます。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒328-0042 栃木県栃木市沼和田町1

名称

栃木駅

電話

0282-22-5750(東武鉄道)

HP

https://www.tobu.co.jp/

駐車場

アクセス

JR/東武鉄道 栃木駅すぐ

 

Twitterでは

このロータリーで、道永は”スマートシティ計画絶対反対”の貼り紙をみつけ、そこに「確認済み 道永」というハンコを押すのです。

 

うずま公園(栃木県栃木市室町)

「目的は頑張ることではなくて、壁の向こうにある、どうしても行きたい場所に行くこと…ですよね?」と道永が静に言っていたのは栃木県栃木市室町のうずま公園でした。

前述の永山電機株式会社や相生橋にもほど近い場所にあります。

 

また、公園の中にも巴波川にかかる橋があり、5話の道永と静のデートなど他のシーンにも度々登場しています。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒328-0036 栃木県栃木市室町2−30

名称

うずま公園

電話

0282-21-2413

駐車場

 

Twitterでは

目撃談は羨ましいですね!

 

昭島市民交流センター(東京都昭島市)

スマートシティ住民説明会は東京都昭島市の昭島市民交流センターで撮影されました。昭島ロケーションサービスから報告がありました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒196-0034 東京都昭島市玉川町4丁目9-22

名称

昭島市民交流センター

電話

042-541-4624

HP

https://www.city.akishima.lg.jp/

駐車場

アクセス

JR青梅線 中神駅から徒歩約8分、600m

 

せきね菓子食料品店(栃木県栃木市湊町)

”スマートシティ計画絶対反対”の貼り紙がべたべたと沢山貼られていた”お菓子のせき”は栃木県栃木市湊町のせきね菓子食料品店です。

うずま公園からは巴波川を挟んだ反対側にあります。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒328-0045 栃木県栃木市湊町1−16

名称

せきね菓子食料品店

電話

0282-22-2140

駐車場

無し

アクセス

とちぎ駅から徒歩約9分、700m

 

Twitterでは

看板はCGで加工されているものと思われます。オレンジのシェードが鮮やかです。

 

横浜市長浜ホール(神奈川県横浜市金沢区)

静と道永が訪れた音楽会の会場は神奈川県横浜市金沢区の横浜市長浜ホールです。

こちらは野口英世に所縁のある記念公園内の建物で、ひろく一般に公開されており、映像作品のロケにもよく使われているようです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒236-0011 神奈川県横浜市金沢区長浜114−4

名称

長浜ホール

電話

045-782-7371

HP

https://www.nagahama-hall.com/

駐車場

アクセス

京急本線 能見台駅から徒歩約15分、1.1㎞

 

Twitterでは

ホールは映画「ライアーゲーム」にも登場しているそうです。

 

見逃し配信-1話から視聴したい方へ

 
それから、「しずかちゃんとパパ」を見逃した方や、放送地域外、1話からもう一度見たいという方に朗報があります!
 
 
 
 
 
なんと、無料で見逃したドラマを見られる公式動画サービスがあるということで、もし興味がある方はチェックしてみてください!
 
 
 
 
 
 
 
 
※U-NEXTは31日間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

まとめ

・”ミノワ通り共栄会”の看板は栃木県栃木市室町の永山電機株式会社前の路上。

・道永が写真を撮っていたのは、栃木県栃木市沼和田町の栃木駅前ロータリー。

・「目的は頑張ることではなくて、壁の向こうにある、どうしても行きたい場所に行くこと…ですよね?」と道永が静に言っていたのは栃木県栃木市室町のうずま公園。

・スマートシティ住民説明会は東京都昭島市の昭島市民交流センター。

・”スマートシティ計画絶対反対”の貼り紙が沢山貼られていた”お菓子のせき”は栃木県栃木市湊町のせきね菓子食料品店。

・静と道永が訪れた音楽会の会場は神奈川県横浜市金沢区の横浜市長浜ホール。

 

小さい地方都市で進められる”スマートシティ構想”と、それをとりまく人々。

矢面に立たされているディベロッパーの道永と、彼への気持ちを自覚してしまった静___不器用な二人が、だからこそ絆を深めていく様子が丁寧に描かれています。

 

娘を慈しみ育ててきた真っ直ぐな”パパ”の思いもあり、一筋縄ではいかないその恋の行方は、どちらに向かっていくのでしょうか。

古びた街並みや公園など、ロケ地も併せてお楽しみくださいね。

 

関連記事