Tsunei(ツネイ)は魚沼市在住の歌手でプロフィールは?代表曲や名前の由来まで

こんにちは!みなさんは、新潟県魚沼市出身のシンガーソングライターTsunei(ツネイ)」を、ご存じでしょうか?

 

「Tsunei(ツネイ)」は、いま精力的に活動の幅を広げている、注目のシンガーソングライターなのです。

 

地元の期待を背負い、全国へと活動の幅を広げている彼女

 

今回は、そんな「Tsunei(ツネイ)」のプロフィールや最新の楽曲情報などを、ご紹介したいと思います。

 

Tsunei(ツネイ)さんのプロフィール

 

Tsunei(ツネイ)」

新潟県魚沼市出身

女性シンガーソングライター

1988年1月26日生まれ。

 

20歳の時に、12歳の自分から届いた、「歌手になっていますか?」という手紙が届いたことがキッカケで、歌手になる事を決めたのです。

 

過去の自分が、歌によって勇気をもらったり、また、その経験から誰かの力になりたいという強い思いが芽生え、歌手活動を行っています。

 

全国各地で、ソロライブを開催するなど、精力的に活動しています。また、TVリポーターなどの活動にも、挑戦しているようです。

 

出身の魚沼市の、交流大使にも任命され、情報発信をはじめ、新潟県の地域活性化に尽力する日々を送っています。

 

実家は、米作りの農家をしており、現在は実家の手伝いをするとともに、県内各地を飛び回る毎日で、学生に向けての活動にも、目を向けているようです。

 

*主な活動実績*

 

・2017年3月

BS-TBS「イクゼ バンド天国!」で”イク天キング”になり、知名度が一気に上がった。

 

・2017年4月

アルビレックスBCホーム開幕戦 HARD OFF ECOスタジアムにて、国歌斉唱。

 

・2017年4月10日

魚沼市交流大使第一号に任命される。

 

・2018年2月

平昌オリンピックパブリックビューイング塩沢中学校(当時五輪代表小野塚彩那出身校)にて、ライブを行う。

 

・2018年4月~

BSNテレビ「なじラテ。」番組レギュラー出演開始。

 

・2019年

新潟県警察ノードラッグ大使に任命される。

 

名前の由来について

 

「Tsunei(ツネイ)」という名前は、大好きだった祖父の「つねいち」からとった。

 

家族みんなが、「Tsunei(ツネイ)」の活動を応援してくれていて、祖父からの応援も感じながら、日々、歌手活動を行っているようです。

 

おすすめ曲や代表曲は?

 

では、「Tsunei(ツネイ)」の主な楽曲を、ご紹介したいと思います。

 

*主な代表曲*

 

・UX新潟テレビ21「Team ECO PROJECT」3年連続テーマソングを担当。

2017年度「きみへ」

2018年度「いつか咲く日へ」

2019年度「未来へのプレゼント」

 

・BSNテレビの2017年4月放送開始「なじラテ。」のテーマソング担当

「でかけようび」

 

・2018年4月に、新潟アルビレックスBC応援歌を担当

「オレンジの風」

 

・2018年より、「スポーツ公園エンジョイラン」イベントテーマソング担当

「最高の瞬間!!」

 

・2018年12月に、新潟県警 薬物乱用防止イメージソング担当

「10年後もきみと」

 

・2019年2月に、G20新潟農業大臣会合ウェルカムソング担当。

「Welcome to Niigata」






 「Tsunei(ツネイ)」の活動拠点は、プロフィールでご紹介した通り新潟県であり、とても地域と密着した活動をされている印象がありました。

 

地元のテレビ局からのオファーも多く、みんなで応援している雰囲気が伝わってくるようですね!






PVや歌詞情報などあれば

 

新潟が産んだシンガーソングライター「Tsunei(ツネイ)」。待望の新アルバム「Into」2020年2月12日に発売されました!

 

 

参考価格:2,000円。

 

収録曲

1、コエトブルー

2、MY JOY

3、揺れていて

4、あーじゃないの

5、ギリギリなグッ

6、Journey into

7、星になる旅

8、Uncover

 

そして、MV「コエトブルー」も公開されています!

 

 

MV「コエトブルー」の映像は、全編スマホで撮影されており、楽曲中のブルーな感情と、ポジティブな感情を、うまく表現されています。

 

Tsunei(ツネイ)自身が、出演・ディレクション・編集を行っているので、彼女の世界観を存分に味わうことが出来る作品になっています!

 

全曲のアレンジは、Shingo Suzukiが担当。

 

楽曲制作だけでなく、アルバムのジャケット、歌詞カード、ポスターなど、すべてのデザインをTsunei(ツネイ)自身が手掛けていて、Shingo Suzukiの全面的なサポートもあり、完成された作品です。

 

さらに、2020年5月16日には、ワンマンライブが開催予定となっています!!

 

「新潟市ジョイアミーア」にて開催されますので、要チェックです!




まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

地元、新潟魚沼市の期待を一身に背負い、彼女の世界観がたっぷり感じられる作品を、作り続けている「Tsunei(ツネイ)」。

 

今年は、ワンマンライブも開催され、さらなる進化が期待できます。

 

今後の活動にも、ぜひ注目してみてくださいね!!




 

 

参考サイト(いくつでも)

URL

https://ja.wikipedia.org/wiki/TSUNEI

http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/shisei/shiminkyoudou/kouryutaishi/1531457312030.html








ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!