【ニ月の勝者】ロケ地や撮影場所はどこ?美容院やフルーツサンドの店など

「二月の勝者-絶対合格の教室-」は東京・吉祥寺の桜花ゼミナールを舞台にして展開する中学受験を巡る物語です。

 

原作は高瀬志帆さんの同名コミック作品です。

 

主役の超現実主義のスーパー塾講師・黒木蔵人は個性豊かな役者としてご活躍の柳楽優弥さん。

 

そしてチーフプロデューサーは昨年、古田新太さんが女装教師として大暴れした「私のスカート、どこ行った?」や

 

昨シーズンの「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」を手掛けた池田健司さん。この布陣で作られるドラマが面白くないはずがありません。

ドラマ【ニ月の勝者】キャストやあらすじは

 

東京・吉祥寺にある中学受験塾・桜花ゼミナールの吉祥寺校には、新校舎長に着任した男がいました。

 

黒木蔵人(くろき・くろうど、柳楽優弥)と言う名の彼が中学受験業界ではトップクラスの合格実績を誇る塾・フェニックスの吉祥寺校の講師を辞めてきたのには理由がありました。

 

通称“御三家”___いわゆるトップ校と言われる学校の合格者がゼロと言う不名誉で残念な吉祥寺校にテコ入れのために引き抜かれてきたのです。

 

最強だが、しかし最悪…常に無表情で過激な発言をいとわない彼に、新卒の女性講師・佐倉麻衣(井上真央)は面食らい、戸惑っていました。

 

しかし、過酷な中学受験の中で苦しむ子供たちに見せる的確な指導と、時折生徒らに見せる温厚な素顔は、次第に生徒や保護者の心を掴み、受け入れられていったのです。

 

黒木は「絶対に 全員 志望校に合格させる!」と断言しました。

 

中学受験を巡って垣間見える家族の問題、そして学校教育のいびつさ、現代社会が包括しているさまざまな試練にぶつかっていく子供たち。

 

「中学受験は“課金ゲーム”」

「塾講師は”サービス業”」

 

黒木はそんな言葉をためらうこともなく口にしますが、中堅校を狙っている生徒も多く、

 

その実力にも幅がある桜花ゼミナールの吉祥寺校の子供たちをそれぞれ伸ばし、合格させるべく総力を注いでいくことになるのです。

ドラマ【ニ月の勝者】ロケ地や撮影現場はどこ?

 

残念ながら「二月の勝者-絶対合格の教室-」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、放送が延期されることになってしまいました。

 

エキストラの募集なども行われておらず、現在、撮影が行われているのかもわかっていません。

 

よって、撮影場所などの情報も伝わってきていませんが、原作に描かれている吉祥寺のスポットについてお伝えしましょう。

 

acvii(アクビ)

生徒(直江樹里)の親の美容院

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町3丁目5−1

 

現在は残念ながら閉業ということですが、ストリートビューで見える店構えは作品中で見事に再現されていました。

 

サンドイッチハウス メルヘン アトレ吉祥寺店

佐倉が食べていたフルーツサンドのお店

〒185-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1−24 アトレ吉祥寺店 1F

吉祥寺駅ビル内の名店ですが、実は三越やエキュートなど都内各所に点在しています。

 

季節のフルーツや生クリームをたっぷり挟んだサンドイッチは絶品です。

http://www.meruhenk.co.jp/

 

原作・桜花ゼミナール吉祥寺校ビル、外観モデル

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目25−10 KS-2ビル 2F

 

 

吉祥寺駅の目の前の通りにあります。お子さんが夜遅くに通塾するにも安心ですね!

 

 吉祥寺にはリアルに中学受験対策の塾がたくさんあります。

 

というのも、中央線沿線含め、この近辺には有名私立中学や、大学付属の中高一貫校がたくさんあるからです。

 

作品の中で描かれている塾だけでなく、受験していく中学校もモデルがたくさんありそうですね。

 

撮影が再開され、ドラマの放送が始まったら、吉祥寺の街の風景も見られそうです。