【六畳間のピアノマン】ロケ地や撮影場所はどこ?噴水や公園なども

原作は安藤祐介さんの小説で、その連載時のタイトルは「逃げ出せなかった君へ」でした。

 

___ブラック企業のパワハラで疲弊した揚げ句、交通事故でこの世を去った若者・誠(古舘佑太郎)の存在と、

彼がネット上に残したビリー・ジョエルの名曲『ピアノ・マン』の歌声によって結び付けられていく、

 

”今”を生きる者たちの姿を描いています。

同僚だった誠を救えなかったと悔やむ村沢(加藤シゲアキ)は、今度こそ同じ轍を踏まぬようにと学び、

 

そして似たような境遇の新人をどん底から掬い上げていくのです。

NHK大阪制作のこのドラマ、パワハラのしんどいシーンもありますが、懸命に働く多くの人々へのエールが沢山詰め込まれています。

 

というわけで、大阪の観光名所を中心としたロケ地をご紹介しましょう。

大阪城公園 噴水(森ノ宮駅方面)(大阪市中央区)

大阪城公園には噴水が複数ありますが、冒頭からずっと印象的な使われ方をしているのがJR森ノ宮駅に近い方の噴水です。

”今”を象徴するようにそのイベント会場ではマスクの着用や消毒、ソーシャルディスタンスが徹底されており、

 

村沢(加藤シゲアキ)はその中を一人すり抜けるようにして歩いていました。

冒頭では、ここで”冬の交通安全フェスティバル”というイベントが行われており、

 

女子高生の有村美咲(南沙良)たちがバンドの演奏をしていました。その向こう側には大阪城の天守閣が見えます。

実はこの場面で、本作に登場するメインのキャラクターたちが勢ぞろいしているのです。

 

そこで流れたのが美咲の歌うビリー・ジョエルの”ピアノ・マン”。

皆がはっとしてその方を向き、微笑み、そして耳を傾けるのです。

ドラマの作中では、特徴のある模様のベンチや村沢たちの背後に

R Bakerなども写り込んでいるので、場所の特定がしやすいと思われます。

ロケ地の詳細情報

住所

〒540-0002

大阪府大阪市中央区大阪城1−1

名称

大阪城公園・噴水

電話

06-6755-4146

HP https://osakacastlepark.jp/
営業

9:00~17:30

年末年始

駐車場

有料 171台

アクセス

大阪メトロ

天満橋3番出口

Google Map

Twitterでは

https://twitter.com/ari09151107/status/1352454214753034241

この可愛いトレイン、噴水のある広場の周辺を走っているようです。

 

 

大阪城 遊具広場(大阪市中央区)

緑を基調としたカラフルな遊具が設置されている広場です。

噴水からもほど近いエリアですが、ここで一年前の村沢が美咲の奏でるギターと歌声に気づいたり、大友と一緒に歩いている場所です。

 

一話では度々写り込んでおり、さらに二話でも上河内(原田泰造)と夏野の父(段田安則)の絡むシーンがあります。

ロケ地の詳細情報

住所

〒540-0002

大阪府大阪市中央区大阪城3丁目3

名称

大阪城 遊具広場

HP

https://osakacastlepark.jp/

営業

9時から5時半

年末年始

駐車場

有料 171台

アクセス

大阪メトロ

天満橋3番出口

このほかにも様々な交通機関がありますので、ホームページで確認ください。

Google Map

Twitterでは

はい、ビンゴです。

森ノ宮駅(大阪市中央区)

大阪城公園の最寄り駅の一つです。

大友啓介(三浦貴大)が階段を上がって大阪城公園への入り口に向かって歩いていたり、

 

ラストシーンで村沢たちのかつてのパワハラ上司だった上河内(原田泰造)が工事の作業員として働いている場所が映ります。

ロケ地の詳細情報

住所

〒540-0003

大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目1−45

名称

森ノ宮駅

電話

03-3901-3729

HP

https://www.jr-odekake.net/eki/

駐車場

無し(大阪城公園に有料駐車場 有)

アクセス

JR、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)

Google Map

Twitterでは

大阪城公園の中なのに、広すぎて大阪城の天守閣が小さくしか見えない(笑)!

撮影も、結構な望遠で撮っているので、肉眼で見るのとちょっと距離感が違うかもしれません。

牛とマグロ EnYA(大阪府茨木市)

第二話で、夏野の父・泰三と村沢が訪れる店です。

定年を迎えたばかりの泰三は、息子を死に追いやったパワハラ上司の上河内を見かけて動揺していました。

ロケ地の詳細情報

住所

〒567-0829

大阪府茨木市双葉町3−2 双葉ビル 1F

名称

牛と鮪EnYA

電話

072-652-1182

HP https://r.gnavi.co.jp/a5xpv8r30000/
営業

17:00~00:00

駐車場

無し

アクセス

阪急京都線茨木市駅から徒歩約3分、250m

Google Map

Twitterでは

お料理の数々、とても美味しそうです!

「六畳間のピアノマン」を1話から見逃した方へ

六畳間のピアノマンは現代社会を切り取ったドラマになります。「六畳間のピアノマン」を見逃した方や、1話からもう一度見たいという方に朗報があります!

 

見逃したドラマを初回から何度でも見られる公式動画サービスがあるということで、もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>【六畳間のピアノマン】再放送や1話~見逃し配信は?ネットでフル動画を視聴

 

U-NEXTでは様々な作品を視聴することができます。ぜひいちど無料期間をお試しください!

 

まとめ

・冒頭のお祭りや村沢が度々訪れている噴水は大阪城公園の森ノ宮駅方面にある噴水。

・村沢が美咲のギターの音に気づいたり、大友と一緒に歩いているのは大阪城公園の遊具広場。

・大友が階段を上がって大阪城公園方面に向かって歩いていたり、上河内が工事の作業員で働いているのは森ノ宮駅付近。

・村沢と夏野の父・泰三が訪れるのは大阪府茨木市の”牛と鮪EnYA”。

 

村沢が永津に差し出した社会保険労務士としての名刺には『大阪市東成区中道4丁目』とありました。

森ノ宮駅にもほど近い場所に、彼は暮らしているものと思われます。

 

8年前のパワハラ・洗脳のトラウマと戦いながら同様の経験をしている人を救い出そうと奮闘している村沢。

そんな彼と、歌を残して亡くなってしまった夏野誠を取り巻く人々の物語はまだ続くのです。