映画【すくってごらん】ロケ地や撮影場所はどこ?カフェや古民家など

大手メガバンク KDS銀行の東京本社に勤務していたエリート・香芝誠(尾上松也)が、たった一度のミスで左遷されてしまった先は、誰一人知る者もない奈良県の大和郡山市

そのショックで心を閉ざしていた彼の目の前に現れたのは、金魚すくいの店を営む謎の美女・生駒吉乃(百田夏菜子)だったのです。

 

全編ほぼ奈良県内で撮影されたこの映画「すくってごらん」ですが。

舞台として設定されている大和郡山は300年の歴史を持つ全国的にも知られた金魚の一大産地です。

 

そして人々に大切に守られた古い街並みがたっぷりと盛り込まれて醸し出される不思議なテイスト。

撮影は2019年の夏に行われていたので、そこに映っているのは”半沢直樹”以前の尾上松也さん…

 

そんな彼が朗々と歌い上げたり何故か英語でラップを披露し、そして恋に落ちるという新感覚ポップエンターテインメントな初主演映画に仕上がっています。

まるで奈良を旅したかのような心地にしてくれる素敵なロケ地をご紹介しましょう。

カフェ睦月(奈良県橿原市)

左遷されてきた香芝が住むことになった下宿は奈良県橿原市のカフェ睦月の二階です。

予告でもその窓辺に座って溜息をついている姿がありました。カフェには出演者のサインなどが残されているそうです。

ロケ地の詳細情報

住所

〒634-0812

奈良県橿原市今井町1丁目9−12

名称

カフェ睦月(むつき)

電話

0744-47-3717

HP

https://mutsukiimai.wixsite.com/mutsuki

営業

木、土、日 12:30~17:00

金 11:30~17:00

月~水

駐車場

無し

(今井まちなみ交流センター華甍西側の有料駐車場をご利用ください)

アクセス

近鉄橿原線 八木西口駅から徒歩約7分、550m

Google Map

Twitterでは

映画の世界がそのまま残されている感じですね。

このマンホールは大和郡山市のもので、ロケの名残としてこの周辺に残されているのだそうです。

まだしばらくは見られるのでしょうか。

 

 

町屋茶屋「古伊」 付近(奈良県橿原市)

奈良県橿原市今井町の古い街並みの中にある町屋茶屋「古伊」ですが、

その周辺の路地で撮影が行われていました。特徴のある街灯の形にご注目ください。

出典:GoogleMap

ロケ地の詳細情報

住所

〒634-0812

奈良県橿原市今井町4丁目6−13

名称

古伊(FURUI)

電話

0744-22-2135

HP

http://www.imai-furui.com/

営業

10:30~17:00

駐車場

無し

アクセス

近鉄橿原線 八木西口駅から徒歩約11分、850m

JRうねび駅から徒歩約15分

Google Map

Twitterでは

わんこにも優しい街、って素敵ですね。

旧西町生活広場

吉乃が営む金魚屋の”紅燈屋”は奈良県橿原市の旧西町生活広場で撮影されたそうです。

作中でも、特徴のある格子戸が見えます。休憩所と防災倉庫を併設した”生活広場”があり、一般に開放されています。

出典:https://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/

ロケ地の詳細情報

住所

〒634-0812 

奈良県橿原市今井町3丁目8

名称

旧西町生活広場

電話

0744-29-7815

(教育委員会事務局今井町並み保存整備事務所)

HP

https://www.city.kashihara.nara.jp/

営業

09:00~17:00

駐車場

無し

アクセス

近鉄橿原線 八木西口駅から徒歩約11分、850m

Google Map

Twitterでは

 

 

旧米谷家住宅 付近(奈良県橿原市)

香芝が通りかかる路地のマンホールは、旧米谷家住宅付近だったそうです。

ただし、作中にあった”わが町”と刻印された金魚のマンホール大和郡山市のもので、マンホールカードにもなっています。

ストリートビューでは残念ながら金魚のマンホールは見られませんが、場所は大体この辺りのようです。

ロケ地の詳細情報

住所

〒634-0812

奈良県橿原市今井町1丁目10−11

名称

旧米谷家住宅

電話

0744-29-7815

(教育委員会事務局今井町並み保存整備事務所)

HP

https://www.city.kashihara.nara.jp/

営業

09:00~17:00

(ただし昼休み12:00~13:00は閉館)

駐車場

無し

アクセス

近鉄橿原線 八木西口駅から徒歩約7分、550m

Google Map

Twitterでは

実は誰もがテレビでここを見ていた可能性があるのです。

香芝の足元に、このマンホールがチラリと映ります。

今井町は街中の路地と建物がたっぷり映っています。

 

珈琲の富田屋(奈良県橿原市)

吉乃がピアノを弾いていた藏は、奈良県橿原市の ”珈琲の富田屋”さんが改修中の藏(古民家)でした。

場所は睦月の並びにある富田屋の店舗の向かい側です。

 

ちなみに百田さんはこれまでピアノを弾いたことがなかったのだとか…。撮影で一発OKをたたき出したという女優魂は流石です!

ロケ地の詳細情報

住所

〒634-0812

奈良県橿原市今井町1丁目9−13

名称

珈琲の富田屋

電話

0744-22-6530

HP

https://tomitaya.cc/

営業

12:00~19:00

木・土・日

駐車場

無し

(今井まちなみ交流センター華甍西側の有料駐車場をご利用ください)

アクセス

近鉄橿原線 八木西口駅から徒歩約7分、550m

Google Map

Twitterでは

今井町に根付いた珈琲屋さんのようです。

この藏は、焙煎の工房を拡張するため寄付を募って改修中なのだそうです。

 

 

阿紀神社(奈良県宇陀市)

お祭りのシーンに使われたのは奈良県宇陀市の阿紀神社でした。

能舞台には白いピアノがしつらえられており、赤を基調とした提灯や番傘で幻想的な飾り付けがされていました。

ロケ地の詳細情報

住所

〒633-2166

奈良県宇陀市大宇陀迫間252

名称

阿紀神社

電話

0744-23-7695

HP

http://www.jinja-net.jp/

駐車場

アクセス

近鉄大阪線 榛原駅からバスで大宇陀行、大宇陀高校バス停下車、徒歩約11分、850m

Google Map

Twitterでは

ファンには嬉しいサービスですね!

 

奈良奥山ドライブウェイ高円山頂上展望所

奈良市街の夜景が一望できるのは、奈良奥山ドライブウェイ高円頂上展望所でした。

ここで香芝と王寺昇(柿澤勇人)が再会しました。

ロケ地の詳細情報

住所

〒630-8302

奈良県奈良市白毫寺町

名称

奈良奥山ドライブウェイ高円山頂上展望所

HP

https://shinwaka.com/

営業

08:00~18:00

駐車場

アクセス

奈良市街から車で県道80号と高円山ドライブウェイ経由、約23分

Google Map

Twitterでは

作中では夜景でしたが、撮影のために特別に許可されたのかもしれませんね。

 

 

農道(奈良県天理市和爾町)

真壁監督が撮影当時の写真をTwitterに挙げていました。「日本の原風景を探して、辿り着いた場所」とあります。

おそらく、左遷に打ちひしがれた香芝が初めて奈良にやってきたときに見た風景がここではなかったかと推察します。

 

周囲はすべてが田園風景、長閑ですが、香芝はあまりの環境の激変に途方に暮れていました。

ロケ地の詳細情報

住所

〒632-0002 

奈良県天理市和爾町

名称

和爾町

駐車場

無し

アクセス

JR奈良駅から天理駅行バスで、森本バス停下車、徒歩約15分、1.1㎞

Google Map

 

 

稲渕の棚田(奈良県高市郡明日香村)

王寺昇の運転する車が走っていたのは奈良県高市郡明日香村の 岩淵の棚田付近でした。

ロケ地の詳細情報

住所

〒634-0123

奈良県高市郡明日香村稲渕

名称

稲渕の棚田

HP

http://www.pref.nara.jp/42455.htm

駐車場

無し

アクセス

橿原神宮前駅からバスで13分、島庄バス停下車、徒歩約27分、約2.0㎞

Google Map

Twitterでは

撮影は2019年の7月、作中ではまさにこんな青々とした田園風景でした。

 

旧・JAならけん御所大正支店(奈良県御所市)

香芝が左遷されてきた銀行の支店に使われていたのは奈良県御所市内の旧・JAならけん御所大正支店でした。

現在は閉鎖されていますが、ATMは稼働中。他の映画のロケにも使われていた模様です。

ロケ地の詳細情報

住所

〒639-2312 

奈良県御所市櫛羅106

名称

JAならけん 御所大正キャッシュコーナー

(旧・JAならけん御所大正支店)

HP

https://www.ja-naraken.or.jp/store/

営業

平日 08:00~21:00

土日 09:00~19:00

駐車場有

アクセス

近鉄御所線 近鉄御所駅から徒歩約9分、650m

Google Map

またまた御所が映画ロケ地に☆こうご期待! 御所ボーイMです。 今日(7/15)御所市内である映画の撮影が行われ、ワタクシを含む御所市の職員5名、そしてJAならけん御所&秋津支店の職員5名がエキストラ(もちろん役づくりをして)出演させていた…

御所ガール(@奈良県御所市)さんの投稿 2019年7月15日月曜日

 

こちらが撮影時の様子のようです。

当時は詳細が公開されていなかったんですね。

 

まとめ

・香芝の下宿は 奈良県橿原市の カフェ睦月の二階。

・映る路地は 奈良県橿原市今井町の 町屋茶屋「古伊」周辺。

・”紅燈屋”は 奈良県橿原市の 旧西町生活広場。

・香芝が通りかかる路地のマンホールは、 奈良県橿原市の 旧米谷家住宅付近。

・吉乃がピアノを弾いていた藏は、奈良県橿原市の ”珈琲の富田屋”さんが改修している古民家。

・祭りのシーンに使われていたのは、奈良県宇陀市の 阿紀神社。

・香芝と王寺昇が再会したのは、奈良県奈良市の 奈良奥山ドライブウェイ高円頂上展望所。

・香芝が途方に暮れていた田園風景は 奈良県天理市和爾町の農道。

・王寺昇の車が走っていたのは奈良県高市郡明日香村の 岩淵の棚田付近。

・香芝が赴任した銀行の支店は JAならけん 御所大正キャッシュコーナー(旧・JAならけん 御所大正支店、閉鎖)。

 

尾上松也さんと百田夏菜子さんが繰り広げるちょっと不思議な物語

緑豊かな風景や大切に残されている町屋が連なった路地で丁寧に作られた映画です。

 

金魚と吉乃の存在によって人生が激変した香芝を、松也さんがコミカルに活き活きと演じています。

メインのロケ地、今井町は特に狭いエリアの中にロケ地が凝縮されていますので、聖地巡礼はきっと濃密なことになるはず。

 

現在は作品に関して様々な展示などファンサービスも行われているようなので、どうぞお楽しみくださいね!