ドラマ【ペペロンチーノ】ロケ地や撮影場所はどこ?レストランや花屋など

宮城県牡鹿半島にある小さなイタリアンレストラン”PARADISO”___天国を意味するその店は、

震災で全てを失ってしまったシェフ・小野寺潔(草彅剛)が懸命に再起を図った場所でした。

 

震災から10年を経たその日、彼は大切な人たちを招いて食事会を開きました。

その心にあった哀しみと絶望、そして再生と復興を目指して生きてきた人々の姿を、温かく描く優しい群像劇です。

 

本作は実際に津波で被災した宮城県の石巻、そして女川を中心に撮影されました。

海辺や仮設住宅など、その記憶が生々しく残る場所も含めてロケ地をご紹介しましょう。

女川港(宮城県牡鹿郡女川町)

冒頭、夜明けの風景は女川港を女川フィールドアスレチック場辺りから眺めた光景です。

画面中央の白い山形のひときわ大きな屋根はJR女川駅。その手前右側にあるのは 駅北災害公営住宅です。

 

”2021年3月11日”というテロップの画面右側にも同じ団地の建物が映っています。

※もっと北部の山側からこの方向を望遠で撮影しているものと思われます。

ストリートビューのデータが古く、現在は左側の更地には建物が完成しています。

ロケ地の詳細情報

住所

〒986-2282

宮城県牡鹿郡女川町

名称

女川港

HP

http://www.pref.miyagi.jp/

駐車場

アクセス

JR女川駅から徒歩約18分、1.6㎞

Google Map

Twitterでは

動画の冒頭のシーンです。女川の朝日が本当に美しいです。

White Deer(Oshika)(宮城県石巻市)

潔が営むレストラン”PARADISO”はセットで作られているものと思われますが、その場所には白い鹿(White Deer)のオブジェがあります。

この場所では、2018年に”リボーンアートフェスティバル”という芸術祭が開催され、その象徴的な作品としてこの白い鹿が作られていました。

出典:GoogleMap

画面左側の山の形が一致しました。

ただし、残されている建物の形状はPARADISOとは異なっています。

ロケ地の詳細情報

住所

〒986-2341

宮城県石巻市荻浜

名称

White Deer(Oshika)

駐車場

無し

アクセス

公共交通機関無し、石巻駅から車で約36分(国道398号・県道号 経由)。

Google Map

Twitterでは

作中の画面の中には登場しませんが、この鹿さん、とても巨大で…てっぺんは約5mもあるのだとか。

その鹿が見つめる方向に、PARADISOはあるようです。

 

ほぼ同じ辺りの位置にフェスティバルの開催中に使われていた建物がありますが、どうもPARADISOとは形が違うようですね。

フラワーショップさとう(宮城県牡鹿郡女川町)

震災の日、追悼のための白い菊の花が車に積み込まれているのは女川町の フラワーショップさとうです。

女川駅にほど近く、目の前には女川町役場があります。

ロケ地の詳細情報

住所

〒986-2261

宮城県牡鹿郡女川町 女川浜字女川仮換地SG11B-1L

名称

フラワーショップさとう

電話

0225-53-4886

駐車場

アクセス

JR女川駅から徒歩約3分、250m

Google Map

Twitterでは

かつてこんなプチイベントも!

大郷町総合運動場仮設団地(宮城県黒川郡大里町)

被災して全てを流された潔が住んでいた仮設住宅は、令和元年に台風19号の被災者向けに建てられたものです。

場所は大郷町総合運動場(大郷町中村字北浦地内)。ただし、現在も多くの方が生活していますので、ご迷惑にならないようご注意ください。

※ストリートビューのデータが古いので、同じ場所ですがドラマの中の風景とは異なります。

ロケ地の詳細情報

住所

〒981-3521

宮城県黒川郡大郷町中村屋鋪65−2

名称

大郷町総合運動場仮設団地

HP

https://www.town.miyagi-osato.lg.jp/

駐車場

アクセス

JR松島海岸駅から車で(国道146号・県道9号経由)約16分、11.3㎞

Google Map

※表示では海洋センターとなっていますが、その周辺が大郷町の総合運動場らしいです。

Twitterでは

まさにこの場所ですね。真夏のシーンでしたが、撮影は昨年末でした。

尾浦港(宮城県牡鹿郡女川町)

漁師の高橋友作(一式洋平)や、その妻のなたね(富田望生)と知り合った潔が”海の仕事”をしてみようと決意して妻の灯里(吉田羊)に「やってみようかと思う」と語り合う場所です。

この尾浦港の沖合には鮭の養殖場の丸い生簀が沢山あり、船に乗って餌をやっていたシーンはこの辺りで撮影したものと思われます。

ロケ地の詳細情報

住所

〒986-2202

宮城県牡鹿郡女川町尾浦 Unnamed Road

名称

尾浦港

駐車場

無し

アクセス

JR女川駅から車で(リアスブルーライン・国道398号経由)15分、7.7㎞

Google Map

Twitterでは

夜明けの海の描写がとても美しいのです。

 

 

仙台PARCO前(宮城県仙台市)

潔が取材に訪れたウエブマガジンの編集者・庄司結衣香(斎藤夢愛)の記事を読んで思わず車に飛び乗って向かった先は、

結衣香の勤務先のビル”トレイル仙台本町(架空)”でした。

 

彼女は潔のこと、そして大切なPARADISOをごく普通の素敵なイタリアンレストランとして紹介してくれました。

震災以来、初めて被災者としてではなく記事に取り上げてくれた結衣香に、潔は心から感謝したのです。

 

彼の車から見ただろう仙台駅前の風景、ユニクロ仙台アエル店前付近の路上から仙台駅前の歩道橋が正面に、左側に仙台PARCOが見えます。

ロケ地の詳細情報

住所

〒980-8484

宮城県仙台市青葉区中央1丁目2−3

名称

仙台PARCO

電話

022-774-8000

HP

https://sendai.parco.jp/

営業

10:00~21:00

駐車場

アクセス

仙台駅から徒歩約1分

Google Map

Twitterでは

今の仙台を象徴するキャラと言えば、この方!

こんなイベントをやっているようです。

まとめ

・物語冒頭の海の風景は 宮城県牡鹿郡女川町 の 女川港。

・潔が営むレストラン”PARADISO”がある場所は 宮城県石巻市の 萩浜にある White Deer(Oshika)付近。

・菊の花が沢山積み込まれていたのは 宮城県牡鹿郡女川町の フラワーショップさとう。

・潔が暮らしていた仮設住宅は 宮城県黒川郡大郷町の 大郷町総合運動場仮設団地。

・潔が灯里と話していたのは 宮城県牡鹿郡女川町の 尾浦港。

・潔が結衣香のもとを訪れた時に見た仙台の風景は、宮城県仙台市の 仙台PARCO前。

 

ドラマ『ペペロンチーノ』は、津波で文字通り”全て”を失い、アルコール依存症に陥った潔の人生が再生していく10年の月日を丁寧に丹念に描いた物語。

そこにあった海は、なたね(富田望生)が「静かで、綺麗で、嘘みたいだな…」と呟いたとおり、あの日の津波がまるで信じられないほどに穏やかでした。

 

市街地から離れたり、ちょっと不便な場所も多いですが、作品世界をそのままに味わえるロケ地ばかりです。

10年前のあの日を忘れないためにも、ドラマを見て、潔が生きてきたその時間とその土地と、海に思いをはせていただければ幸いです。

 

「ペペロンチーノ」を見逃した方へ

放送を惜しくも見逃してしまった!!もう一度見たい!!

 

「見逃し配信」があります。ぜひそちらで何度も視聴してみてください。

 

>>>ドラマ【ペペロンチーノ】放送地域や再放送は?1話~見逃し配信動画は?

 

ぜひこの機会に視聴してみてくださいね。