ドラマ25【猫】ロケ地や撮影場所はどこ?バス停やカフェなど

あいみょんが作詞作曲、そしてDISH//が歌う「猫」原案にした物語がドラマ化されました。

3月にyoutubeで公開されて以来、オリコンのストリーミングランキングでもトップクラスに鎮座し、楽曲の再生回数が1億4千万回を突破するという快挙を遂げた「猫」___。

 

北村匠海が切なく歌い上げるその言葉をもとに、日々の小さな幸せを大切に生きる二人の物語…海辺の小さな町で静かに暮らすみねこ(小西桜子)と光司(前田旺志郎)の姿を描いています。

浜諸磯(京急バス・バス停)

光司がみねこを送り迎えするバス停(岬ヶ浜)

毎日光司がみねこを送り迎えするバス停。

 

手をつないで散歩したり、二話ではギターを持ってみねこを迎える光司がいました。

 

実際に京急バスが運行しています。(作中に出てくる”岬ヶ浜”というのは架空の名称です)

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0224

神奈川県三浦市三崎町諸磯

名称

浜諸磯バス停(京急バス)

電話

045-465-2043

公式HP

http://www.keikyu-bus.co.jp/

営業時間

9:00~18:00

(12:45~14:00を除く)

運賃

三崎港~浜諸磯

200円

施設

キャンプ場

民宿など

駐車場

各地に

有料

無料

駐車場あり

アクセス

三崎口駅からバス(浜諸磯行き)で16駅、約25分

 

Google Map

Twitterでは

このバス停、こんなところにも登場しています。

 

海辺で、風情があるので、知られたロケ地なのかもしれません。

 

ドラマ内でもこんなのどかな風景が見られますね。

 

 

諸磯港

エンディング・光司が告白したシーン

1話では、光司がみねこに告白した印象的なシーンに使われ、毎回のエンディングでDISH//が歌っている場所でもあります。

 

小さな突堤があり、釣り船などが利用している港のようですね。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0224

神奈川県三浦市三崎町

名称

諸磯港

公式HP

http://www.fishing-spots.net/

釣り場の名所のため、釣り専用ぺージへリンクします。

宿泊

サンポートみさきなど

宿泊は1万円台からあり

グルメ

みさきまぐろ倶楽部 うらり店

など、多数あり

アクセス

京急バス・浜諸磯バス停より徒歩約2分、170m。

駐車場

港近郊に有料・無料など駐車場あり

Google Map

Twitterでは

普段は釣り船がここから運行されているようで、SNSには釣りをされる方の投稿が多いようです。

物語とリンクしたエンディング映像と言うことで、エンドロールの最後まで気を抜かずにチェックしてみてくださいね。

 

DISH//の歌をバックに、キャストがそれぞれのラストシーンを演じています。

 

 

中華料理 牡丹

光司がバイトを始めた中華料理店

光司がみねこに「働け!」と言われて働き始めた中華料理店。

 

店の中だけでなく、バイクで三崎の街の中を出前に走っています。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0243

神奈川県三浦市三崎3丁目4−10

名称

中華料理 牡丹

電話

046-881-3420

公式HP

https://tabelog.com/kanagawa/

定休日

木曜日

営業

ランチ 11:30~

ディナー 17:00~21:00

メニュー

3,000円のコースメニューあり

※支払いは現金のみ

アクセス

京急バス・三崎口から徒歩約1分、100m。

駐車場

商店街の中の駐車場利用

Google Map

Twitterでは

https://twitter.com/endou0317/status/1140639630611509248

写真にあるイラストのお店の前から、光司がバイクで走りだしています。

 

2話以降ではまかないを任されている光司が、「ホイコーロー」を作り2人でおいしそうに食べていましたね。

 

でぐち荘近くの路上

迎えに来た光司とみねこが猫の話をして歩く路上

浜諸磯のバス停から、民宿のでぐち荘までの間を話しながら歩くみねこと光司。

 

二話で猫のブレーメン反応の話をしていた場所です。諸磯港が見渡せる辺りですね。

 

ちらりと”でぐち荘”の看板と建物が見えてきます。白い壁の長屋と港の青い看板が目印です。この道は他にも頻繁に登場します。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0224

神奈川県三浦市三崎町1783

名称

でぐち荘

電話

046-881-4778

公式HP

https://deguchisou.sakura.ne.jp/

宿泊

大人 1泊2食付き 8,000円

素泊まり

大人 5,000円

支払い

PayPay対応

アクセス

徒歩

京浜急行バス

天神町バス停下車徒歩15分~20分。

横浜横須賀道路衣笠ICまたは佐原IC

国道134号線を三崎港方面

ローソンが左手右折

海の近くに建物があります。

※駐車場に関して記載なし

予約

宿へ直接予約

もしくは「楽天トラベル」からの予約所可能

Google Map

Twitterでは

海の幸で知られる宿のようですね。

 

この他にも「アワビ懐石」などもあり、海の近くならではの食事をいただくことができます。

 

 

本と屯(たむろ)

みねこと光司がお茶していたカフェ

壁いっぱい本棚に囲まれている古びた食堂、みねこと光司が楽しそうに語らっています。

 

お互いの恋愛経験を語り合って笑う二人。そこで「本当はミュージシャンと付き合ってみたかったなぁ」と言うみねこ。

 

光司はその言葉に一念発起してギターを手にするのです。(その後自作の曲を光司は披露しました。)

 

この店舗は”アタシ社”というご夫婦で営む出版社が事務所兼蔵書室として運営していたのですが、築90年の元船具店の佇まいにほれ込んでカフェまで手掛けることになったのだとか。

 

とても素敵な空間で、みねこと光司が笑いあう、幸福なシーンに仕上がっています。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0243

神奈川県三浦市三崎3丁目3−6

名称

本と屯(たむろ)

電話

090-7213-7104

050-3592-4819

公式HP

Facebook

https://www.facebook.com/

note

https://note.com/

定休日

毎週月曜日、第2・第4火曜日

営業時間

10:00~19:00

蔵書

5,000冊以上

アクセス

京急三崎口駅からバス(通り矢行き)で三崎港バス停下車、徒歩約一分、120m。

駐車場

なし

 

Google Map

Twitterでは

実はご主人がカフェシーンに登場しているようです!チェックしてみてくださいね。

↑ご本人のアカウントです。

 

ドラマにも猫が登場しますが、店内にも時折猫が日向ぼっこしにくるような

 

アットホームな雰囲気のスポットとなっています。

 

ミサキプレッソ

二人が歩いている街角のカフェ

バスを降りたみねこの前に現れたのはギターケースを手にした光司。

 

それを背負った彼と歩くみねこは「ほんとだ、私、ミュージシャンと付き合ってる気がしてきた」と笑います。

 

そんな彼らが通り過ぎていく道筋にあったのがこのミサキプレッソ。黄色い看板がとても印象的なカフェバールです。

 

残念ながら、ロケが早朝なのか定休日なのか、物語の中ではシャッターが下りていました。実はこのお隣が中華料理の牡丹です。

 

「武道館は年末かな」と光司が言っている背後には、「本と屯」が映り込んでいます。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0243

神奈川県三浦市三崎3丁目4−10

名称

ミサキプレッソ

電話

046-882-1680

予約mail

定期的にライブ開催あり、予約はこちらへ。

mail@misakidonuts.com

公式HP

Facebook

https://www.facebook.com/

http://misakipresso.blog133.fc2.com/

営業時間

12:00~21:00頃

定休日

火曜・水曜定(祝日の場合は翌日?)

レストラン

季節の懐石料理、アレルギー対応、お子さま専用メニューあり

アクセス

京急バス・三崎口から徒歩約1分、100m。

駐車場

有(商店街協同駐車場)

アルコールの提供もあるので、車でお越しの際はお気を付けください。

Google Map

Twitterでは

このあたりの路上は度々登場します。

 

2人が歩く路上は、風情があるところですが神奈川の「片田舎」静かな暮らしを求める

 

みねこらしい住まいのチョイスだな。と思います。

 

 

ユニバーサル広告社

光司とみねこがフィルムカメラで撮影している場所

 

古びた味のある建物の前で、二人がいわゆる”写ルンです”で撮影デートしている場所です。

 

ミサキプレッソのはす向かいにあるビルです。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0243

神奈川県三浦市三崎3丁目2−15

名称

ユニバーサル広告社

電話

0460-82-2780

アクセス

京急バス・三崎口から徒歩約1分、100m。

駐車場

商店街共同駐車場

沢村一樹主演の「ユニバーサル広告社」として知名度の高い場所でもあります。

レンタル作品:330円

 

Google Map

Twitterでは

https://twitter.com/hikarukakeragao/status/1330166900018569220

なんだかとっても”廃墟”な感じ…。

過去にも映像作品に使われていた建物です。

 

ロケ地としてはかなり有名な場所のようです。先ほど紹介した映画のロケ地以外にも、様々なドラマに登場しているようです。

 

 

イタコ(バー)前の路上

光司とみねこがフィルムカメラで撮影している場所

 

ベンチに座っている光司をみねこが撮影していた場所です。ベンチは撮影用に設置された可能性が高いですね。

 

その先右手にこのバー”イタコ”が、さらにその奥には海南神社の鳥居が見えます。

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0243

神奈川県三浦市三崎4丁目12−8

名称

イタコ

公式HP

http://www.openstreetmap.org/

アクセス

三崎港バス停から徒歩約1分、87m。

駐車場

商店街共同駐車場

 

Google Map

Twitterでは

画面の端っこでありながら二度見してしまうインパクトの店名です。

 

ドラマの中ではあまり目立つ存在ではないですが、2人が楽しむテートスポットとしては、近場でのどかな場所としていいですね。

 

みねこは「脳腫瘍」があるので、いつ倒れてもおかしくないので、デートもいつも近場を選んでいるのかもしれません。

最福寺

城ヶ島大橋をのぞむ写真を撮影していた高台

 

三崎の街の向こうに海、そして城ヶ島大橋を背景にしてみねこと光司が撮影をしていた高台は最福寺です。

 

ストリートビューではピンポイントの場所が映っていませんが、この境内で変顔写真を撮っています。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0244

神奈川県三浦市白石町6−23

名称

浄土真宗本願寺派

最福寺

電話

046-881-2882

公式HP

http://nttbj.itp.ne.jp/

アクセス

『三崎港』または『三崎東岡』停留所・徒歩約5分

駐車場

なし

天文元年(1531)、鎌倉から三崎・西の浜に移転した由緒あるお寺です。

 

各節目ごとには行事が行われ、毎月決まった日には

毎月10日 午後7:30~真宗教学勉強会(壮年会)
毎月20日 午後2:00~法話と仏教賛歌(婦人会)

と、勉強会や法話がおこなわれているようです。

Google Map

Twitterでは

左上の写真がまさにドラマの二人と同じアングルでした。

 

500年もの間三浦港を見守り続けるお寺で、デートというのもいいかもしれませんね。

 

あんなに写真は嫌だと言っていた光司が、のりのりで撮っていたのもほほえましかったです。

 

 

三崎公園

光司とみねこがフィルムカメラで撮影している場所

 

海をバックに二人でピースしているのは三崎公園前の船着き場です。

 

右に見えている鮮やかな壁の建物は”うらりマルシェ”です。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒238-0243

神奈川県三浦市三崎4丁目14

名称

三崎公園

電話

046-807-0855

公式HP

http://www.eigasya.jp/

※ロケ地として力をいれているようで、専用の問い合わせ先があります。

ロケ地

ロケ地として学校や公園はもちろんのこと、ロケスタジオの手配もあります。

そして、エキストラの手配まで行っているので

多くの作品がこの地で誕生しています。

・リアル鬼ごっこ

・ろくでなしBLUESなど

Google Map

Twitterでは

まさにここです。

 

様々なドラマや、映画を観ている人には、見憶えのある景色が多かったかもしれません。

 

漁港としての観光地だけでなく、「海」という最高のロケーションを利用して、ドラマなどのロケ地として力を入れています。

 

One Will ~1827~ (トリミングサロン)

みねこが働いているペットサロン

猫好きなのに猫アレルギー、というみねこが働いているお店です。作中では猫のお世話をしているみねこですが、本来はドッグサロン。

 

シャンプーやトリミングに加えて酵素ジャグジーなどもあり、ドッグホテルも併設しています。

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒162-0066

東京都新宿区市谷台町16−5−コアハイツ101

名称

One Will~1827~

電話

03-6709-8296

公式HP

https://onewill1827.com/

営業時間

9:30~19:30

定休日

不定休

料金

チワワ

3,000円~

レストラン

ペットホテル

1泊4,000円~

アクセス

新宿近郊の各駅から徒歩10分以内

駐車場

なし

Google Map

Twitterでは

ワンコ、とっても気持ちよさそうですね。

 

実際には「バスで通勤」しているみねこですが、本来は電車で乗り継いで2時間近くかかる場所だったんですね。

 

しかし、新宿近郊の駅からは徒歩でアクセスしやすく、オプションでお散歩や、手作りごはんなどを用意してくれる

 

わんこたちにとても優しいトリミングショップですね。

 

 

まとめ

・光司がみねこを送り迎えするバス停(岬ヶ浜)は京急バス・浜諸磯。

・一話の告白シーン、毎回のエンディングでDISH//が歌うのは諸磯港。

・光司がバイトしている中華料理やさんは、三崎の中華料理 牡丹。

・バス停の帰り道はでぐち荘付近の路上。

・本が沢山あるカフェは三崎の”本と屯(たむろ)”

・二人が歩く街角にある黄色い看板のカフェバールはミサキプレッソ。

・写真を撮影していたのはユニバーサル広告社の前。

・ベンチに座った光司をみねこが撮影していたのが、バー・イタコ前の路上。

・城ヶ島大橋を背景に撮影していたのは最福寺の境内。

・二人が海をバックにピースして写真を撮っているのは御崎公園前の船着き場。

・みねこが働いているペットサロンは新宿区のOne Will~1827~

 

普通の会話のように「僕、死んじゃうの。余命22歳。いつ死んでもおかしくないの」と、初めて会った光司に打ち明けるみねこ。

 

しかし、本当は「1人で死ぬのが怖い」と本音を漏らした海岸シーンでは、涙する人も多かったのではないでしょうか!?

 

VODのParaviでは「先行配信」しているので、放送より1話先を視聴することができますが、まさかの展開に、再び涙が止まりません。

 

※2週間無料トライアルあり!