【映画】MOTHER(マザー)のロケ地や撮影場所はどこ?公園や神社など

2020年7月3日(金)より公開をスタートした話題作「MOTHER(マザー)」。

 

実際に起きた少年による祖父母殺害事件を元に作られたという今作

 

シングルマザー役を演じるのは長澤まさみさん、そして少年役に抜擢されたのはまだ無名の若手俳優・奥平大兼さんです。

 

なんと初オーディションで初スクリーンデビューなんだとか。今回は話題作「MOTHER」のロケ地、撮影場所について調査しまとめていきます。

 

MOTHER(マザー)の実話の元ネタになった事件とは?事件内容や判決は?

映画「MOTHER」のロケ地や撮影場所はどこ?

 

映画「MOTHER」は2014年3月29日に埼玉県川口市で起きた高齢夫婦殺害事件を元にし制作された作品です。

 

少年が祖父母を殺害…、事件から数年経っていますが記憶している人は多いのではないでしょうか

 

映画の予告映像がYouTubeに公開されています。

 

息子に対し歪んだ愛情を持つ母親…。

 

演じた長澤まさみさんは「最後まで共感できなかった」とコメントしています。では、どこで撮影が行われたのかロケ地、撮影場所を見ていきましょう。

 

滝坂

埼玉県和光市

 

 

映画の中で印象的なシーンがあります。

 

それは長澤まさみさんが息子役の奥平大兼さんの怪我した膝を舐めるというシーンです。

 

YouTubeにて公開されている予告動画でもそのシーンを見ることができます。

 

衝撃的なシーンの撮影が行われたのは、埼玉県和光市の閑静な住宅街の中にある滝坂と呼ばれる坂道でした。

 

今回注目している滝坂は映画やアニメのロケ地として知名度のある場所となっています。

 

幸魂大橋

埼玉県戸田市

 

国道298号にかかる幸魂大橋も映画「MOTHER」のロケ地として登場しました。

 

長澤まさみさんが息子役の奥平大兼さんと共に橋の上を歩いているシーンで登場しています。

Twitterに投稿されていたこちらのツイートは目撃情報かもしれませんね。

 

下新倉氷川八幡神社

埼玉県和光市下新倉3丁目13−33

 

下新倉氷川八幡神社は祖父母の住む家のすぐ近くにある神社という設定であったため映画内で何度も登場しています。

 

映画の終盤、物語において重要なシーンの撮影が行われたロケ地であるということで、今後映画の聖地として訪れる人が増えるのではないかと思われます。

 

新座市総合運動公園

新座市本多2-8-16

 

映画「MOTHER」のロケ地として新座市総合運動公園内にある管理事務所が登場しています。

 

具体的にどのシーンで登場したのかは分からないのですが、長澤まさみさんが阿部サダヲさんと2人っきりのシーンがあり、このシーンのロケ地として登場しているのではないかと思います。

 

管理事務所とか一般の人は立ち入らないので分からないですよね(笑)

 

新座駅北口土地区画整理事務所

 埼玉県新座市野火止5丁目4-34

 

新座駅北口土地区画整理事務所も映画「MOTHER」のロケ地となったことが明らかになっています。

 

しかしこちらも同様にどのシーンで登場しているのかは分かっていないみたいです。

 

デニーズ墨田堤通り店

東京都墨田区堤通1丁目19−11

 

映画の中で長澤まさみさんが息子役の奥平大兼さんをビンタし泣き崩れるシーンがあります。

 

このシーンが撮影されたのは、東京都墨田区にあるデニーズ墨田堤通り店の裏の通りです。

 

デニーズ墨田堤通り店の看板が映っていたことで映画のロケ地になったことが明らかになりました。

 

焼でん 新座片肉山店

埼玉県新座市道場2丁目12−7

映画の中でみんなで焼き肉屋を訪れ食事をしているシーンがあります。

 

映画で登場した焼き肉屋は、埼玉県新座市にある焼肉でん 新座片山店であることが明らかになりました。

 

焼肉でんは焼肉食べ放題が魅力のチェーン店です。

 

長澤まさみさんたちが座った席で食事したいという人が今後増えるかもしれませんね。

 

エキストラ募集は?

 

映画「MOTHER」はエキストラを募集したのでしょうか。

 

気になったのでエキストラ情報について調査してみたのですが、残念ながら情報は出てきませんでした。

 

焼き肉屋のお客さんや通行人などはエキストラかもしれませんが、「エキストラ募集!」と題材的に募集はしていなかったようです。