MOTHER(マザー)の実話の元ネタになった事件とは?事件内容や判決は?

2020年7月3日金曜日劇場公開の映画「マザー」

 

長澤まさみさん主演のこの映画、息子の「周平」を支配していく【母】やがて、支配は「殺人事件」へと変わっていく。

 

周平役は、オーディションで大抜擢され映画初主演となる奥平大兼さんが演じます。

 

この映画、実は「実話」に基づき制作されているのです。今回はその詳細に触れていきたいと思います。

 

MOTHER(マザー)の実話の元ネタになった事件とは?事件内容や判決は?

 

 

【子供は時として親の所有物となる】

 

そんな言葉が浮かぶような映画ではないでしょうか!?母秋子は数々の男と関係を持ちながらも

息子に対して「執着」を隠さない。そして、息子はそれを受け入れ、やがてそれは【母と子】2人だけの世界になっていく。

 

2014年3月

 

「埼玉・祖父母殺害事件」

少年はまだ17歳だった。しかし、祖父母を騙し金銭を奪った

しかし、祖父母が住むアパートの大家が、新聞がたまっていることに気付く。

そこで「事件」が明るみに出ることとなる。警察は老夫妻の長女に連絡を試みた。

 

現場はごく普通のアパートだが、中からは二重にロックがかけられており、通常と同じ構造だろうが

外から「ロック」をかけられていた。つまり、夫妻が外に出られないようにしてあったのだ。

そのことから、夫妻の生活スタイルを知っている者の犯行ではないか!?と疑いが浮上し、

近隣の防犯カメラから、当日次女とその息子が現場付近にいたことが確認された。

 

母千明

 

当時40代前半の女性。名前は「立川千明」息子が一人いる。シングルマザーだった。

事件が起きるまで、何度も「金の無心」をしていたのだが、当日も息子を使い「金を借りに来た」のだが

その息子(孫)を断固拒否した老夫婦は、孫の手により殺害され、キャッシュカードを奪われた。

 

少年の生い立ち

 

少年は貧しいながらも両親がそろった家に生まれた。少年が4歳になるころ「借金」で夜逃げ同然で関東方面へ移り住んだ。

しかし、母は働かずパチンコなどにお金を使い、夫からのお金もすべて【ギャンブル】へ費やし

家賃を支払うことはなかった。のちにこの「浪費癖」が事件を生む。

 

少年が小学生になると、さいたま市内のアパートに引っ越し、母はようやく働きだすが

父は【愛人】を作り、家に帰ることはなかった。そして、母は【ホスト】にハマり働くこともなくなった。

両親不在の中、小学生だった少年は孤独と戦いながら生活していたが、4年生になると「登校拒否」となる。

 

時を同じくして両親は【離婚】息子は自らの意思で「母親についていく」ことを決めた。

しかし、これが【最も過酷】な生活の始まりとなる。

母は働かずホストと再婚するも、ホストも仕事をやめてしまう。

各地を転々としながら、借金を繰り返す日々が続き、お金がなければ「テントで生活」をしていた。

そして、母は【妊娠・出産】をする。しかし、妹の面倒はすべて少年が見ることとなる。

 

その頃から、義父から少年に対する【暴力】が始まり、中学へも通わなくなった。

だが、【生活保護】を受けることで、簡易宿泊所で生活することができ、学校も「フリースクール」へ転入することができた。

 

しかし、母の【浪費癖】は治るどころか、加速していき、すべての金をギャンブルやゲームの課金に使い込んでいった。

それに愛想をつかし、義父は家を出ていった。少年も成長し「働く」ことができるようになると

職場の寮に移り住むことができた。しかし、母は息子を「財布代わり」に使い、息子に借金までさせた。

少年は母から「捨てられる」ことが怖かった。それだけで母の支配から逃れられず、ついには会社への借金が多額となり

逃げるように会社から姿を消した。そして、祖父母の元へ「金の無心」へ行き事件が起きることとなる。

 

 

判決

 

この事件の特徴は、「立川千明」は何もしていない。

 

という特徴がある。実際に【事件】を起こしたのは、息子である17歳の未成年の少年。

 

しかし、その背景には「母に捨てられたくない」という支配にも似た気持ちが存在している。

 

母親は金に依存し、少年は母に依存していた。そのため事件は起きた。

 

実際、少年は小学生の頃から、母親に「道具」として扱われ、言うことを聞かなければ【虐待】が待っていた。

 

そのため、「犯行を指示していない」と主張する千明に対し、【暴力により逆らえない状況にあった】とされた。

 

これにより、千明に下った判決は【強盗罪】が適用され、懲役4年6ヵ月のみ。あまりにも「軽すぎる刑罰」に世論は沸いた。

 

最後に

事件が起きたのは、2014年3月。そして次女千明に対して下った判決は「4年6ヵ月」

 

模範囚であれば、すでにその刑期を終え社会復帰しているはずです。

 

この事件は千明の「浪費癖」が招いた悲劇であり、少年を暴力で支配し続けた一人の女性の物語です。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!