ムショぼけのリサはなぜ自殺したのか?理由をネタバレ予想

北村有起哉さん主演の「ムショぼけ」。実話を元に原作者自らの「ムショぼけ」体験を描いています。

長年の刑務所暮らしで、規律正しい生活が身についてしまっていたり、幻覚が見えたり、人とすれ違う時は壁を見るなど

 

刑務所内のルールを垣間見ることができます。主人公陣内宗介は出所すると、舎弟だったHIROが暴露系の動画配信で稼いでいましたが、

ゲストとしてインフルエンサーのリサが登場しており、HIROが公開した動画からリサにナツキからメールが来て家族と再会できました。

 

リサが自殺してしまう

宗介を再び家族とつないでくれた大切なリサ。そしてSNSの縦読みが話題になりました。

「Sすき」S=宗介かも・・・!?でも宗介はまた家族と暮らしたいと思っていましたが、息子から無情にも真実が告げられました。

 

元妻がすでに再婚している。宗介のはかない夢が崩れた時、明るく陽気なリサの存在はとても大きな役割を果たしていました。

時には宗介の家に来て、一緒にご飯を食べたり、海までドライブしたり。宗介がシャバに戻り幸せをかみしめられる時間。

 

しかし、「泣きたい」とメールが来た後、既読がつかなくなり、翌日「人気インフル円サー自殺」のニュースが飛び込んできました。

最後に抱き付いてきた時、抱きしめてあげたらリサは自殺しなかったのでしょうか!?

 

リサはなぜ自.殺したのか?理由をネタバレ予想

ではなぜリサは自殺という選択をしたのでしょうか!?一度ナツキと一緒に3人で海へ行く時、こんな会話が車の中でありました。

宗介「リサはエゴサーチすんの?」

リサ「するわけないじゃん。あんなのアンチばっかだし、この間はリサのセキュリティーがバンしたし」

宗介「リサセキュリティおるんかい?」

ナツキ「あたりまえじゃん。リサくらいになればいるよ」

 

実は原作でも同じようなやり取りがありました。そしてここまで原作に忠実ならば、リサが自殺したのはSNSが原因です。

 

リサは「エゴサーチしていない」と言っていましたが、実はエゴサーチをしていました。

そして、心がおれてしまって自殺という悲しい選択をしました。リサはネットの誹謗中傷により殺されたと言ってもいいでしょう。

 

おそらく「セキュリティがいる」と言っていたのも、真実味がないので誰も誹謗中傷から守ってくれる存在がいなかったのではないのでしょうか!?

そんな気持ちを、宗介に包み込んでもらうことで、リサの気持ちはすくわれていたのだとおもいます。

 

まとめ

・宗介がリサに惹かれ始めた頃突然の自殺

・原因はSNSの誹謗中傷に心が折れてしまった。

SNSは誰でも「匿名」で情報発信できる分、誰でもたやすく人を傷つけることができます。ばれないだろう。

と、おもっていてもあまりにも悪質な場合は、警察の捜査で判明し逮捕につながることもあります。

 

リサもそうした手段がとれたら、違う人生をえらんだかもしれませんね。

 

 

「ムショぼけ」を1話から見逃した!

「ムショぼけ」は2局でしか、放送されない極めてローカルなドラマ!

 

そのため放送地域の方が狭く、放送区域外の方が多くあります。

 

>>>【ムショぼけ】放送局や放送地域はどこ?再放送や公式の見逃し配信は?

気になる方はこちらの記事を御覧ください!

 

関連記事