ドラマ【ホームルーム】ロケ地や撮影場所はどこ?中学校や団地など

”戦慄の学園サイコ・ラブコメ”という煽りの原作コミックが、実写ドラマになりました。

地味で真面目な目立たない女子高生・桜井幸子(秋田汐梨)はクラスで孤立し、陰湿ないじめの被害にあっていました。

 

窮地に陥った彼女を救ってくれるのは”ラブリン”の愛称で人気の担任教師・愛田凛太郎(山田裕貴)だったのですが___彼には誰にも知られてはならない秘密がありました。

そのさわやかな風貌の裏側で、愛田は幸子を”狂愛”するあまり、自らが彼女に対してさまざまないじめや奇行を繰り返していたのです。

 

ド変態ストーカー教師・愛田…彼の”愛”は成就するのか…?!ほぼ全裸も辞さない山田裕貴さんの熱演ぶりについつい笑いを誘われてしまうこのドラマのロケ地についてご紹介します。

 

ホームルーム

旧・桐生市立西中学校(群馬県桐生市)

メインの撮影場所、愛田が勤務している高校の校舎は群馬県桐生市の旧・桐生市立西中学校です。こちらは廃校になっており、通称・旧西中学校と呼ばれています。

桐生市内でも良く知られているロケ地です。現在は桐生市立西公民館分館としても使われているそうです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒376-0043

群馬県桐生市小曾根町3−30

名称

旧西中学校

電話

0277-46-1111(内線369)

(桐生市観光交流課 観光振興担当)

HP

https://www.city.kiryu.lg.jp/

(桐生市観光交流課)

駐車場

有り

アクセス

JR 両毛線 桐生駅から徒歩約12分、950m

北関東自動車道太田桐生インターチェンジまたは太田藪塚インターチェンジから約25分

 

Twitterでは

 

んな作品でも使われていました!

 

 

渡良瀬団地(群馬県桐生市)

幸子がその家庭の事情(母親の家出)により一人で暮らしている部屋は群馬県桐生市の渡良瀬団地でした。愛田が自転車を停めたのは5号棟脇の自転車置き場です。

 

 

Google Map

ロケ地の詳細情報

住所

〒376-0011

群馬県桐生市相生町3丁目

名称

渡良瀬団地

駐車場

無し

アクセス

東武鉄道 相老駅から徒歩約21分、1.7㎞

わたらせ渓谷鉄道 運動公園駅から徒歩約12分、1.0㎞

 

Twitterでは

桐生市は首都圏から比較的近くて、わたらせフィルムコミッションなどの活動が盛んなことからロケに良く使われるのかもしれません。

 

まとめ

・愛田が勤務している高校は群馬県桐生市の旧・桐生市立西中学校。

・幸子が家庭の事情により一人で暮らしている部屋は群馬県桐生市の渡良瀬団地。

 

30分の深夜ドラマ枠”ドラマ特区”で放送されていたこの「ホームルーム」ですが、残念ながらロケ地の地元である群馬県では地上波で放送されていなかったのだそうです。

嘆く地元民多数、確かにとても勿体ないことでしたね。

しかし変態性(笑)の塊のような愛田の生態を微に入り細に入り再現した山田裕貴さんの演技は凄まじく…もっともっとこの作品が世に知られても良いのでは?!思わせてくれるほどの出来映えでした。

椅子ごと幸子を抱えて走るとか、惜しげもなく晒される鍛え抜かれたそのボディでパンツ一枚全力疾走とか、愛田が繰り返す奇行(笑)の数々の再現率が凄い

 

…その末に”全て”が幸子含め生徒たち全員に露見してしまうという悲喜劇。

自然も豊かで穏やかな桐生の街を舞台にしていながら、凄まじいばかりの学園サイコ・ラブコメを克明に実写化していました。

 

また、シーン詳細は不明ですが、桐生大学、桐生短期大学、桐生第一高等学校なども撮影協力にあがっていました。

わたらせフィルムコミッションの協力もあって充実したロケが行われていたようです。

http://www.watarase-fc.com/index.html

そんなロケ地も含めてお楽しみいただければ幸いです。