出川哲朗の充電させてのバイク(スクーター)はどこのメーカー?車種は?

テレビ東京系列のバラエティ【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】毎週土曜日1954から放送されています。

 

出川さんにとっては初のゴールデンタイム冠番組で、電動バイクで日本中を周る旅番組です。

 

毎回個性豊かなゲストが登場し、過去には明石家さんまさん、中居正広さん、反町隆史さん、小池百合子東京都知事とバラエティ豊かなゲストが出演しました。

 

さてこの番組のタイトルは【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】となっていますが、充電させてもらうのはバイクのバッテリーです。

 

旅先の優しい人々に受電させてもらいながらバイクで旅をする、人情すがり旅です。

 

ということで今回は、【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】で出川さんとゲストが使用するバイクについて調べました。

 

 

出川哲朗の充電させてのバイク(スクーター)について

 

出川さんらが乗っているバイクは充電ということで電動スクーターと呼ばれるものです

 

色はオレンジと白のツートンカラーで、これに跨り、スイカのヘルメットを被り、オーバーオールを着て旅をするのが定番となっています。

 

排気量は50ccと同じ扱いになるので、出川さんらはいつも時速30kmほどのゆっくりとしたペースで走っています。

 

そして旅先で出会った方々と交流し、最終的に充電をお願いします。

 

さてこちらのバイクですが、どこのメーカーの何という車種なのか、一回の充電でどれくらい走れるのか、詳しいスペックについてまとめました。

 

バイク(スクーター)はどこのメーカー?車種は?

 

出川さんが乗っているのは

YAMAHA」の「E-Vino」です。

 

ビーノといえばヤマハのスクーターで有名ですが、それの電動版といったところです。

 

ヤマハの公式サイトでは「お洒落なスタイリングのレトロポップ・ファッションスクーター」と紹介されています。

 

メーカー希望小売価格は税込で236,520円で、他の50cc原付バイクと比べると少し高くなっています。

 

カラーバリエーションは出川さんの乗っている色の他に、白を基調としたカラーの二色展開となっています。

 

こちらの「E-Vino」は一回の充電が約14満充電での走行距離が約29kmと非常に経済的です。

 

もちろんガソリンスタンドで給油する必要はありません。別売りのスペアバッテリーと合わせれば約58km走行することが可能です。

 

なおこれらの数字は所謂カタログスペックなので、実際に使用すると多少前後する場合があると思います。

 

またバッテリーは着脱式で、室内のコンセントで充電することができます。出川さんは、このバッテリーを充電させてもらっています。

 

3時間で充電できるのも魅力的です。もちろん、メットインやコンビニフックなど、普通の原付バイクに標準装備されている機能もついています。

 

ちなみにこちらの「E-Vino」ですが、番組的には2代目のバイクです。初代は特番時代に乗っていたEC-03という車種でした。

 

こちらも電動スクーターでヤマハ製です。どちらも原付扱いになりますので、普通免許で乗ることができます。

 

 

ということで今回は、【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】に登場する、ヤマハの「E-Vino」についてまとめました。

 

車両価格こそ少し高いですが、その後の電気代は、ガソリン代と違ってかなり割安だということがわかりました。

 

その充電も家庭でできますので、わざわざガソリンスタンドまで行く手間も省けます。

 

逆に充電できる場所がなければバッテリー残量を気にしなければいけません。細心の注意を払いましょう。

 

そして【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】ですが、毎回安定して面白いです。

 

出川さんの人の良さと老若男女問わず愛されるキャラクターは、見ているだけで笑顔になれます。

 

また毎回登場する個性豊かなゲストが番組を彩ってくれますので、飽きずに見ることができます。

 

出川さんがお送りする人情すがり旅、これからも楽しみにしましょう。

 

関連記事

出川哲朗の充電させてもらえませんか?のテーマ曲やBGMの挿入曲のまとめ

出川哲朗の充電させてもらえませんか?の縫田ディレクターとは誰?

 

 

 

https://www.tv-tokyo.co.jp/degawacharging/

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/e-vino/