実写版【荒ぶる季節の乙女どもよ。】ロケ地や撮影場所はどこ?

とある高校の文芸部に、5人の女子生徒が集っていました。

 

彼女らは頭も切れ、周囲から若干浮いていて“掃き溜め”呼ばわりもされており、色恋沙汰とは無縁というちょっと寂しい高校生活でしたが…

 

そんななかで「死ぬ前にしたいこと」というテーマで討論したときに、思いがけないことがおこりました。

 

菅原新菜(玉城ティナ)が言い放った一言で、それまで彼女らがずっと目を逸らして見なかったふりを続けてきたリアルな“恋愛”や“性”というものに気づいてしまったのです。

静岡県立伊東商業高等学校

 

創立55周年を迎えた商業高校です。

高度成長期の中で創立された高校で、商業高校でありながら「部活動」にも積極的に力を入れており、

数々の大会に出場していますが、残念なことにこの高校には「演芸部」は存在しませんでした。

 

和紗たちの学校生活全般

 

アクセスや営業時間など

住所

〒414-0051 静岡県伊東市吉田748−1

アクセス

公共の交通機関の場合

【名古屋・東京方面から】

JR新幹線・熱海駅で下車 JR伊東線「熱海駅」発
伊東より先は伊豆急行「伊豆急下田駅」行「川奈駅」下車
川奈駅より、徒歩20分

もしくは、
JR伊東線 「熱海駅」発 「伊東駅」行 (伊豆急行「伊豆急下田駅」行も可)
「伊東駅」下車
伊東駅から、6番線よりバス乗車「伊東商業高校」下車(約20分)

【下田方面から】
伊豆急行「伊豆急下田駅」発 「伊東駅」行 (JR「熱海駅」行も可)
「川奈駅」下車 川奈駅より、徒歩20分

【自家用車の場合】
浜松・静岡方面の方:
東名高速 沼津インター、新東名高速 長泉沼津インターより伊豆縦貫道から亀石峠を抜け、国道135号を通り約90分

横浜・東京方面の方:

真鶴道路より、約80分
(小田原・厚木・西湘バイパス)→真鶴道路→熱海ビーチライン→本校

※連休中また連休前、土曜日の午後は混雑します。

公式サイト http://www.edu.pref.shizuoka.jp/
電話番号 0557-45-0350

 

Google Map

 

Twitterでは

こちらの撮影では、生徒さんたちも多数がエキストラで参加しているようですね。

シーンとしては「外観」が使用されているようですが、「演芸部」の部室については

スタジオ収録の可能性が高いですね。

 

旧足利西高等学校

 

栃木県立足利西高等学校と栃木県立足利商業高等学校が統合したことにより、

2007年に「栃木県立足利清風高等学校(西高校)」が廃校となり、

活用の道として、ドラマのロケ地として利用されることが多くなった。

 

 

和紗たちの学校生活全般(校内)

 

 

アクセスや営業時間など

住所

〒326-0845 栃木県足利市大前町103−11

アクセス

東武鉄道小俣線 大原神社前駅下車、徒歩4分(350m)

公式サイト

https://www.ashikaga-eizou.jp/topics/topics.php?id=728

(映画のまち、あしかが)

電話番号 0284-20-2260
備考 撮影協力として、足利市・映像のまち推進課が担当しています。

 

Google Map

 

Twitterでは

学校内、恐らくは文芸部部室や職員室なども含めて屋内のシーンの撮影に使われているものと思われます。

足利市が積極的にロケにプロモーションしている建物のようですね。

「嚥下部」を廃部にするかどうかの、教師たちの話し合いも、この建物内の部屋で行われたのでしょうか。

 

行徳、南中央商店街

1話ラストシーン

 

生活に必要な衣食住が全て揃う商店街であり、個人病院もあるので、この商店街で全て事足りることも多いでしょう。

ハロウィンイベントにも積極的で、毎年仮装パレードが行われているようです。

コロナが落ち着いたらぜひ、パレードを見てみたいですね。

 

 

アクセスや営業時間など

住所

〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前2丁目9−1

アクセス

東京メトロ東西線、行徳駅から徒歩5分

公式HP

http://gyoutoku1ban.com/

商店街全般のHP

※HPに商店の種類や商店街マップがあります。

備考

目印は”サロット”という衣料品店です。

 

Google Map

 

Twitterでは

文芸部では「朗読会」が行われますが、和紗は幼なじみ泉の見てはいけないシーンをみてしまい

ますます頭のなかで「性」への妄想が広がり続けます。そして「SEX」なんてできない!!

と思った時、高架下を電車が抜けて行き、足を広げた和紗に入ったように見えました。

他にも一話では、海辺で和紗、新菜、百々子らが語らうシーンがありました。

こちらは特定できていませんが、伊東商業高等学校のある伊東市で撮影されたものではないか思われます。

 

 

まとめ

・和紗たちの通う高校(外観)は静岡県立伊東商業高等学校で、生徒さんたちがエキストラ参加しています。

・和紗たちの通う高校(校内)は旧足利西高等学校でした。

・一話ラストで和紗が駆け抜ける商店街は千葉県市川市の行徳、南中央商店街でした。

 

他にも一話では、海辺で和紗、新菜、百々子らが語らうシーンがありました。

こちらは特定できていませんが、伊東商業高等学校のある伊東市で撮影されたものと思われます。

詳細が判明したら追記していきます!