ミステリと言う勿れの原作や脚本は?ドラマと漫画の違いは?

低迷気味だったフジテレビの「月9ドラマ」ですが、今回【ミステリと言う勿れ】という人気コミックの実写化は

成功だったのかもしれません。視聴率も2話の段階で12~3%をキープしています。

 

それだけ、原作を知っている人が「ドラマを見たい」という思いが強いのかもしれません。

 

ミステリと言う勿れの原作や脚本は? 

原作の雰囲気も独特で、柔らかなタッチがいいですね。

 

ミステリと言う勿れの原作

原作は田村由美さんです。1983年に「オレたちの絶対時間」で小学館からデビューし、その後も小学館で連載を持ちます。

おもに「別冊少女コミック」で連載を持っていましたが、連載が「月刊フラワーズ」に映る時に、

 

田村さんの作品も「月刊フラワーズ」へと移行しました。短編を多く執筆していますが、長編も執筆しており、

「ミステリと言う勿れ」は長編の中では6作目に当たります。タイトルの由来は「ミステリーではない」

 

という、意味合いもありますが、田村さん自身が「自分にミステリーは描けない」と言ったことに由来しています。

 

ミステリと言う勿れの脚本は?

脚本を担当しているのは、相沢友子さんです。脚本家でありながら、女優であり、シンガーソングライターでもあり・・・。

多彩な顔を持った方です。脚本家としては1999年にデビューして以来、何本ものテレビドラマや映画を担当しています。

 

  • ビブリア古書堂の事件手帖
  • 失恋ショコラティエ 
  • 人は見た目が100パーセント
  • トレース〜科捜研の男〜

このように、脚本のジャンルは様々です。そのため今回も「ミステリー」要素のある、ヒューマンドラマといった形になるのでしょうか!?

 

ドラマと漫画の違いは? 

ほとんどの場合、原作ありきのドラマは、実写化するにあたり原作と変わる部分があります。

 

ドラマと漫画の違いは?

原作コミックの整は、思ったことをゆっくり淡々と話すので、なかなか話しが終らず、周りから「うざい」と言われるのですが、

実写化するにあたり、【話し方】を変えたようです。原作どおりにゆっくりとした口調だと、人間的な感情が見えない

 

ということで、菅田さん自身が「整も間違いを犯す人間」という意識を持ちながら演技し、現場で微調整を行うこともあったようです。

そして、原作者の田村さんもキャラクター作りに協力し、話し方の手本を見せ、それを菅田さんがより人間味ある話し方へ変えていき、

 

視聴者に、整の「考え方」がより伝わりやすい方向へ演技を変えていったそうです。

 

ツイッターの反応は?

原作を読んだ時、【共感】を多く得るコミックで、どんどん読み進んでいきたくなりましたが、

その感覚をドラマでも維持している。人が演じているのに、全く違和感がない!!

 

そして、菅田さんの口調だからか、原作よりももっと【共感】できる部分が多いですよね。押しつけがましくなく

サラサラと口から出る言葉に、何度もうなずいてしまいます。2話の「欧米ではいじめる側に問題がある」という言葉もハッとしました。

 

確かに、いじめる側の家庭環境が悪い場合が多くても、日本では「いじめられている側」を何とかしようとしますよね。

 

まとめ

・原作は「別冊少女コミック」で連載をしている田村由美さん

・脚本は「トレース~科捜研の男~」を担当した相沢友子さん

・漫画では整の口調はおっとり気味ですが、人間味を出し感情表現するため話し方を変えている

・Twitterでは、菅田さんの演技力や、話す内容に共感する人が多い

 

このドラマはきっと何度みても、見るたびに心の違う部分に刺さる者があるのかもしれません。

見る時、その時々の感情で、整の言う言葉の取り方が違うのかもしれません。そのくらい、久能整は【事実を述べる】のがうまいのです。

 

関連記事

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!