乾電池の液もれの原因や処理の仕方は?手についたら害なのか怖いので調べた


スポンサーリンク

 

乾電池”今は充電タイプ、使い捨てタイプとありますが、生活になくてはならない必需品ですよね。

 

必需品だからこそ、様々な物に使っていて、普段使わないリモコンや、懐中電灯やおもちゃに入っていて、いざ使おう!!と思ったら使えない・・・。

 

確認してみたら液漏れしていた。という、経験はありませんか!?今回は乾電池の液漏れに関して取り上げます。

 

電池が液もれした原因や状態について

 

現在乾電池の種類には

 

・エボルタ乾電池

・オキシライド乾電池

・アルカリ乾電池

・マンガン乾電池

 

の4種類があります。上記2種類は充電式、下記2つは使い捨てとなっているので、使い分けていらっしゃるかた。どちらかにと統一されている方が見えると思います。

 

この乾電池の液漏れの原因について、一番の原因は使用期限を過ぎてかなり経っている場合。

 

もしかしたら知らない方もみえるかと思いますが、乾電池には1本ずつ使用推奨期限が印字されています。これらは乾電池を安全に使用できる期限になります。

 

もし防災バッグなどに乾電池を入れていらっしゃる方が見えたら、期限をチェックしてみてください。

 

その他、使用中の液漏れについては、電池は使用中に内部の化学反応によって、電池内部に”ガス”を発生させます。

 

このガスがたまりすぎると破裂してしまいますが、破裂することを防ぐため、ある程度ガスがたまると容器(電池本体)が開き、ガスを逃がす仕組みになっています。

 

ただ、この時どうしても避けられないのが、内部に入っている『電解液』の流出です。それが青白い粉=液漏れとなります。この漏れた液体は危険ですので、気軽に触らないようにしましょう。

 

原因のまとめ

 

・経年劣化

・プラスとマイナスを逆に入れている

・新旧混在の使用

・外部からの圧力がっかかる

・乾電池の長期使用

 

振り返ってみて、自身の使用方法に思い当たる部分はありませんか!?

 

もし、思い当たることがあったら一度点検してみてください。

 

 

我が家にもありました。すでに使用済みの電池ですが、2012年使用期限の電池です(;^ω^)たしか、テレビのリモコンに入っていて、交換したものです。

 

隣も使用済みですが、2021年と記載されているので、容量がまだあれば使用しても大丈夫な電池です。

 

液もれした乾電池の処理の仕方は?

 

先ほど述べた”電解液”は劇薬指定の危険なものです。

 

おもちゃが動かないから開けてみたら液漏れしていた場合、素手では触らないようにしてください。

 

化学やけどを負う可能性があります。素手で触れた場合は速やかに、きれいに手を洗いましょう。

 

そして電解液に触れないように、物を使って電池を取り出すか、ゴム手袋などを使用して電池を取り出し、おもちゃや、リモコンについた液は綿棒などで細かく拭き取り、できるだけ綺麗にしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 手についたら害なのか怖いので調べた

 

アルカリ電池の場合、電解液は強いアルカリ性です。弱酸性の肌とは大違い!!やけど状態になりますので、特にアルカリ電池の場合は注意が必要です。

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

 

まとめ 

 

・液漏れの原因は使用方法、期限にあった。

・液漏れしていても焦らず対処。絶対に触らない!

・もし触ってしまったらどんな害があるのか。Twitterからの声

 

電池は便利な反面、危険性もあります。用途、用法をしっかり守って使用してくださいね。

 

関連記事

 

乾電池の液もれでバネや金属が錆びたら?サビの除去でおもちゃが復活?

 

参考サイト

名称:きっと誰かのためになるブログ

 

ライターHさん執筆