【作りたい女と食べたい女】原作の内容やネタバレは?結末はどうなる?

現在放送中の、NHKの夜ドラマ「作りたい女と食べたい女」比嘉愛未さんと、西野恵未が出演しています。

料理を作るのが大好きな野本さんは、作りたくても独り暮らしで小食のため、いつも少ししか作れませんが、

 

ある日、ストレスから食べきれない量の料理を作ってしまい、同じマンジョンに住む春日さんに声をかけたことから交流が始まります。

 

【作りたい女と食べたい女】原作者のプロフィール!原作の内容は? 

「作りたい」「食べたい」と利害が一致したんですね。

 

原作者のプロフィール

原作者はゆざきさかおみさんです。

プロフィール

名前 ゆざきさかおみ
生年月日 不明
出身地 不明
血液型 不明
身長 不明
職業 漫画家
事務所 不明

2021年、角川の「ComicWalker」にて『作りたい女と食べたい女』を配信したところ、宝島社の「このマンガがすごい!2022」オンナ編で第2位を獲得。

そのほかの作品に、「フランシス・ベーコンの恋愛脳」があるが、この2作以外は見つかりませんでした。

 

原作の内容は?

元々料理を作るのが好きだった野本さん。しかし、一人暮らしのためその欲求をセーブしていましたが、

2軒隣の春日さんと知り合ったことにより、彼女は「食べることが好き」というお互いの欲求の一致により、

 

交流が始まりますが、ただおいしく食べる春日さんと、作る側と食べる側が対等であるために、「食費」をきちんと支払う春日さん。

特に、料理に関するうんちくや、こういった料理系あるあるのない、邪魔な部分を排除した、内容が支持されているようです。

 

原作の結末はどうなる?

野本さんと春日さん。食事を通してつながりを持つ二人ですが、二人で過ごすうちにお互いのことを知っていくようになります。

年末が近づき、野本さんの家から届いた食事を食べながら、何気なく春日さんが帰省しない理由を聞いたとき

 

「男尊女卑」の家庭で窮屈な思いをしていた。ということを聞かされ、野本は自分の中で隠していた「マイノリティー」に

改めて気づくのです。異性を「好き」になることができない。そんなマイノリティーを抱えていた自分に改めて気づき

 

お互いに自分らしくあることに、改めて気づかされるのです。

 

まとめ

・原作者はTwitterでもプロフィールを公開していない

・原作では食べ物系あるあるを排除し、シンプルに作った料理を食べることが描かれている

・何気ない質問をしたことで、自分自身がしまい込んでいた思いに気づく

 

ただ「食べる」だけ。おいしく食べるだけであり、その関係は対等であり、味付けに対する評価などなく、

ごくごくシンプルに、食事を通して2人の交流が描かれていますが、ふとしたことでお互いしまい込んでいた胸の中の思いに気づいていくのですね。

 

関連記事

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!