六本木クラスと原作漫画の梨泰院クラスの違いを比較!内容やネタバレは?

韓国で2020年1月から3月まで放送されていたドラマ「梨泰院クラス」。韓国国内でもヒットしましたが、その後Netflixで3月から放送され、

日本国内でも話題を呼びました。そんなドラマが舞台を「日本」に変更してリメイクされることになりました。

 

竹内涼真さん主演の「六本木クラス」です。韓国の原作との違いはあるのか!?見ていきたいと思います。

 

六本木クラスと原作の梨泰院クラスの違いを比較! 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】テレビ朝日木曜ドラマ「六本木クラス」(@roppongi_class)がシェアした投稿

この二つのドラマには原作があります。

 

六本木クラスと梨泰院クラスの概要 

大企業の御曹司がいる高校に、父の仕事の関係で引っ越してきた「新」は、そこで【神】と扱われる御曹司に出会います

しかし、新は何かにつけその息子の立ち振る舞いに我慢できずに、思わず殴ってしまい【退学処分】を受けることになったのです。

 

しかし、不幸それだけでなく、父までも長年勤めた会社をリストラされました。そして、その息子が起こした事故で新は父を亡くしました

新は許すことができず、【暴行事件】を起こし少年院送りになりますが、御曹司の父が経営する「JGグループ」を倒すことを目的に

 

再起をかけて起業する場所に選んだのが「六本木」でした。そこから新の本当の復讐劇が始まるのです。

 

「六本木」「新」と日本バージョンで概要を説明しましたが、大まかに原作は同じで登場人物も同じなおで、大きく概要に差はないと考えます。

 

六本木クラスと梨泰院クラスのキャスト比較

  韓国版 日本版
主人公 パク・セロイ 宮部 新
主人公に恋する女の子 チョ・イソ 麻宮 葵
御曹司 チャン・デヒ 長屋 茂
主人公の幼馴染 オ・スア 楠木 優香

 

このように配役はそのままに、日本人名と日本人キャストが割り当てられています。そのため、韓国版と大きくストーリーが変わってくる可能性は低いでしょう。

 

六本木クラスと原作の梨泰院クラス監督や脚本は?内容のネタバレは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】テレビ朝日木曜ドラマ「六本木クラス」(@roppongi_class)がシェアした投稿

では日本版の「六本木クラス」はどのように制作されるのでしょうか!?

 

六本木クラスと原作の梨泰院クラス監督や脚本は?  

原作となる「梨泰院クラス」には、原作コミックがあります。チョ・グァンジンさんのコミックで、

配信コミックとして発売されました。そして、そのコミックを日本語版に訳したのが「六本木クラブ」として

 

日本でも発売されています。しかし、ここでも大まかな変更はなく、原作に忠実に翻訳されています。

こちらの「六本木クラブ」も様々なコミック配信サイトで、読むことができます。

 

そして、脚本は徳尾浩司さんです。代表作として

  • おっさんずラブシリーズ
  • 恋はDEEPに
  • 私の家政夫ナギサさん

など、恋愛に強いイメージがありますが、NHKの「ミス・ジコチョー」や「ドS刑事」など、刑事モノでもその手腕を発揮しています。

 

内容のネタバレは?

原作の「梨泰院」という街は週末にとても賑わいを見せ、様々な人種が行きかう街としても有名です。

それを日本ではどこか!?と考えたときに、芸能人も多く住み、週末に様々な人でにぎわう「六本木」となったようです。

 

その中で、一般市民から生まれながらの御曹司への【下剋上】があり、新に恋する女性の存在もあり、

【恋愛要素】も含みながら、主人公の高校時代から下剋上までの【青春群像劇】といった

 

様々な要素を含みながら、波乱に満ちた人生を描き出していきます。「日韓共同プロジェクト」として動き出したこのドラマ。

原作の世界観を活かしつつ、どこかに「六本木」という街を選んだ意味も含まれてくるといいですよね。

 

まとめ

・概要は大企業の御曹司に、復讐を誓った男の物語

・キャストは韓国版と違いはなく、日本人キャストに入れ替え

・チョ・グァンジンさんのコミックを、日本語に訳したのが「六本木クラブ」

・脚本は恋愛ドラマを得意とする徳尾浩司さん

・高校時代からの悔しい思いを胸に、下剋上を挑む男の物語

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】テレビ朝日木曜ドラマ「六本木クラス」(@roppongi_class)がシェアした投稿

こちらが「梨泰院クラブ」のイメージ写真ですが、上記の竹内涼真さんバージョンと比べると、いかに意識し

原作を壊さないようにしているか、その努力が伝わってくる分、「六本木クラブ」の放送開始が待ち遠しいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!