映画【護られなかった者たちへ】実話なの?元ネタやモデルはあるの?

佐藤健さんと阿部寛さんが共演した「護られなかった者たちへ」は、【生活保護】を題材にした映画です。

生活保護は「人として最低限の暮らしを保護される」ものですが、その生活保護をめぐるトラブルを描いています。

 

本当に利根が見せたかった事実とは何なのか!?映画のラストまで息が抜けない作品となっています。

 

映画【護られなかった者たちへ】原作について!ストーリーは実話なの? 

佐藤健さんと阿部寛さん主演の映画となります。

 

映画【護られなかった者たちへ】原作について! 

原作は中山七里さん執筆の「護られなかった者たちへ」となります。中山七里さんと言えば、【御子柴礼司】シリーズで有名ですね。

内容については、「東日本大震災」から10年経過した仙台にて、全身を縛られ餓死した遺体が。

 

という不可解な事件が相次いだことだった。被害者についてはどの人も誰からも慕われる人格者ばかり

そこで捜査に上がってきたのは、刑期を終えたばかりの利根という男だった。

 

刑事の笘篠は決定的な証拠をつかもうとするが、第3の事件が起きようとしていた。これに利根の過去が関係しているのか!?

 

ストーリーは実話なの?

「護られなかった者たちへ」は実話ではありませんが、実際にあり得る事件だとして執筆されています。

160万世帯以上ある「生活保護世帯」、しかしこれにも国の予算が使われるため、申請しても却下されてしまったり

 

生活保護を受けることを躊躇したために、餓死していく人がいたりする現実を、仙台を舞台に執筆してほしい

という依頼からこの作品が誕生しています。生活保護の不正受給なども問題視され映画に反映されています。

 

 元ネタやモデルはあるの?似たような事件は?

では「生活保護」を題材にして殺人事件となったのでしょうか”!?

 

元ネタやモデルはあるの?

元ネタは先ほども書いたように「生活保護受給」をめぐるトラブルです。この中には不正受給も含まれていますが、

実際に生活保護の申請に行っても、国の予算などの理由で十分な審査をされないまま却下されたり、

 

生活が困窮しているにも関わらず、「生活保護」を受けるすべを知らずに、餓死してしまう事例が後を絶ちません。

そんな「社会的問題」をモデルに描かれています。映画では生活保護の審査にあたる職員が狙われ、

 

2件目の殺人も、2年間1件目の被害者と一緒に働いたものであることから、その間に生活保護を申請したもの。

と、限定をし捜査されましたが、その2年間で約700件の申請があり、申請が通ったものや、通らなかった者たちがいました。

 

その中から、2人の被害者とトラブルとなったのは7名。しかし、笘篠が目を付けたのは1週間前に出所した利根だった。

しかし、彼は申請者ではなかった。遠島という人物の友人で、申請窓口に殴り込みに来た人物だった。

 

彼が笘篠に伝えたかった事実とは何なのか!?

 

似たような事件は?

2020年2月に発覚した事件ですが、生活保護を受給していた母と息子が遺体で発見されました。

母は生活苦による自殺、息子は餓死。これにはいくつもの行政の怠慢がありました。

 

息子は就労できる状態であったが、長続きせずそのたびに生活保護を受けたり、止めたりしましたが

本来はずっと受給し続け、収入を申告すればよかったのです。そして、息子は給料を自分のものにするために

 

祖母の家に住所を移しましたが、事実上は母と息子は同居していました。行政もそれを把握していました。

しかし、一人当たりの支給額に対し、家賃が高額という理由で引っ越しを求め、20万円を支給しましたが、

 

それは生活費の滞納の返還に充てられました。本来ならば、「最低限の生活を護られる」生活保護ですが、

行政は「月額2万円の返金(本来ならば5千円が上限」を求めたため、親子の生活は困窮し、ガスや電気が止められ、

 

ついには母が生活保護費を1月には取りに来なくなりました。そして2月も。ここで市は家庭を訪問しましたが、

鍵が開いており中に異変はない。として、部屋に入ることはなかったのです。中に入れば1月に自死した母

 

もしかしたら、餓死しそうな息子の姿を発見できたかもしれません。しかし、市は「失踪」扱いにして18日に生活保護を打ち切りました。

そして、22日に変わり果てた二人が発見されたのです。映画とは少し違う事件ですが、

 

こうして本来であれば、「行政に護られるはず」の者たちが実際に命を落としているのです。

 

まとめ

・原作は社会派小説を得意とする中山七里さん

・「生活保護を題材にした小説」の執筆依頼で誕生した

・モデルは不正受給も多くある社会問題になっている「生活保護問題」

・2020年に行政の怠慢により、母は自死、息子が餓死した事件がある

 

こうして、見てみると仙台の申請者が2年間で700人。でもそれは最新のデータではないので、今で考えれば千人近くいるでしょう。

その中から、本当に需給が必要な人なのか、巧妙に生活保護を受給したのか、見極める難しさがこの映画では浮き彫りになっていると思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!