マスクでメガネが曇らない方法やグッズのまとめ!ティッシュや100均一グッズでも

冬になるにつれて、マスクを使う機会が多くなると、

 

メガネをかけている人にとっては、レンズが曇ってしまう憂鬱な季節ですよね。

 

風邪予防の他、花粉症などで、年間通してマスクを使用する方もいらっしゃいます。

 

そこで今回は、日頃からマスクでメガネが曇ってしまって、困っている方に向けて、

 

お役立ち情報を、ご紹介したいと思います!!

マスクでメガネが曇る仕組みとは?

 

そもそも、なぜマスクでメガネが曇ってしまうのか、ご存じでしょうか?

 

マスクでメガネが曇ってしまう原因は、簡単に言うと、「結露」が起きているからなのです。

 

よくお部屋のガラスが、室内の温度と、外の温度差で曇りますよね。

 

あの現象と同じことが、マスクとメガネの間で起きているのです。

 

吐いた息に含まれる水蒸気が、外気で冷えたメガネのレンズに触れて、急激に冷やされることにより、曇りが発生します。

 

春や夏は、レンズと吐く息との温度差が少ないため、曇りは発生しませんが、

 

寒くなるにつれ、吐く息と外気の温度差が大きくなり、メガネが曇りやすくなってしまうのです。

 

マスクでメガネが曇らない方法は?ティッシュなど

 

それでは実際に、手軽にできる、マスクでメガネが曇らない方法を、ご紹介したいと思います。

①鼻の部分にティッシュをはさむ方法。

この方法は、身近にあるもので出来るので、外出先などでも活用できます。

 

やり方は簡単で、マスクの鼻の部分に、何度か折り返したティッシュをはさむだけでOKです!

 

結露の原因となる水蒸気を、するべくメガネの方に行かないようにするもので、隙間をいかに減らせるかが、カギになるようです。

 

ティッシュが落ちないように、両面テープなどでとめておくと安心ですよ。

 

②マスクのヒモを短くする方法。

 

この方法は、なにも道具のいらない方法で、

 

マスクと顔の密着度を高めることで、メガネが曇るのを防ぐというものです。

 

耳にかけるマスクのヒモを、一度交差させてからつけます。

 

単純な方法ですが、手っ取り早く試したい方は、この方法から試してみても良いかもしれません。

 

③マスクの上部を外側に折り込む方法。

 

こちらも、すぐに実践可能な方法です。

マスクの上部1cmくらいを、外側に折り込むだけでOKです。

 

そうすることで、上に抜ける空気の量を調節できるので、曇りにくくなるというわけです。

 

 

マスクでメガネが曇らないグッズは?100均にも

それでは今度は、グッズを使った、メガネが曇らない方法をご紹介したいと思います。

 

今は、100均でも手軽に簡単に、メガネの曇りを防いでくれるアイテムが揃っています。

①メガネ曇り止めシート

こちらの商品は、特殊な成分が染み込んだ布で、メガネを拭くだけで、曇りを防いでくれるグッズです。

 

使い方は簡単で、レンズに軽く息をふきかけ、丁寧にメガネを拭くだけでOK!

 

約1ヶ月ほど使える容量が入っているので、とてもお得ですよ!

 

②メガネが曇りにくくなるマスク用パッド

 

こちらの商品は、鼻の部分のクッションだけが入っている商品で、

 

普段ご使用になっているマスクの、鼻に当たる部分に直接貼り付けるタイプのものになっています。

 

鼻から上がってくる水蒸気を、ダイレクトに受け止めてくれるので、メガネの曇り防止に効果を発揮します。

 

③曇り止めスプレー

 

こちらの商品は、成分が「エタノール」と「界面活性剤」です。

 

使い方はシンプルで、レンズ両面に液体をスプレーし、ティッシュなどで拭き取ります。

 

1分間くらい馴染ませた後、丁寧にふき取るだけでOKです!

 

効果も、100均の商品としては、十分満足のいく効果が得られるようです。

 

【画像】マスクの裏表や上下がどっちか分からない?見分け方や正しい付け方は?

ぱくたそのモデルが可愛いが誰なの?名前やプロフィールなど情報は?

 

URL

https://www.lettuceclub.net/weblettuce/article/183804/

https://www.iyaku.info/column/?id=1452837385-083418&ca=3

https://dannyoh.info/?p=42

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!