おいしい給食シーズン2のロケ地や撮影場所はどこ?学校や駄菓子屋など

ただひたすらに学校給食を愛し、美味しく食べることに命を燃やす”給食絶対主義者”の中学教師___甘利田幸男(市原隼人)。

彼は母親がメシマズなために子供の頃から美味しい給食を楽しみにして過ごし、大人になった今なおその時間を至上の喜びとして生きる給食偏愛教師だったのです。

 

二年前のseason1に引き続き、転勤した先の黍名子(きびなご)中学校でも(誰にもその偏愛ぶりを悟られないように細心の注意を払いながら)

給食を食べることに命を懸けている甘利田でしたが、そんな彼の前に現れたのは前の学校で担任していた生徒の神野ゴウ(佐藤大志)です。

 

彼は甘利田と同様に給食が大好きなマニアで、それはそれは美味しそうに食べ、素直によく笑う生徒です。

そんな神野にライバル心を抱く甘利田の凄まじいコメディ&リアクション芸ともいうべき市原さんの芝居が観られる稀有なドラマです。

 

舞台となる学校や駄菓子屋のロケ地をご紹介しましょう。

 

おいしい給食season2

川島町立小見野小学校(閉校)(埼玉県比企郡川島町)

甘利田が勤務する黍名子(きびなご)中学校は埼玉県比企郡川島町の旧川島町立小見野小学校です。

閉校した校舎を使って撮影を行っています。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒350-0111

埼玉県比企郡川島町谷中99

名称

川島町立小見野小学校(閉校)

電話

049-297-0076

駐車場

無し

アクセス

西武新宿線 本川越駅から鴻巣駅西口行バスで21分、小見野公民館バス停下車、徒歩約2分、180m

東武東上線川越駅から鴻巣駅西口行バスで24分、小見野公民館バス停下車、徒歩約2分、180m

 

Twitterでは

 

教室入口のドアの窓にご注目ください。特徴のある窓が見えます。

ジャングルジムと滑り台は作中にも登場しています。

 

高橋商店(埼玉県比企郡川島町)

甘利田が学校の帰り道に通っている、愛してやまない駄菓子屋は埼玉県比企郡川島町の高橋商店です。

店主のお春さん(木野花)は甘利田の駄菓子に対するダダ洩れの偏愛ぶりを”変態”と評するのでした。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒350-0141

埼玉県比企郡川島町出丸下郷96

名称

高橋商店

電話

049-297-1964

駐車場

有り

アクセス

西武新宿線本川越駅から八幡団地行バスで7分、神明町(川越市)バス停下車、徒歩約1分、神明町バス停から桶川駅西口行バスに乗り換えて12分、新堀(川島町)バス停下車、徒歩約19分、1.6㎞

 

Twitterでは

1986年の風情が色濃く残っている素敵な駄菓子屋さんです。

甘利田の憩いの場所であり、神野とのひそかなバトルの現場でもあります。

 

まとめ

・甘利田が勤務する黍名子中学校は埼玉県比企郡川島町の旧川島町立小見野小学校。

・甘利田が愛してやまない駄菓子屋は埼玉県比企郡川島町の高橋商店。

 

長閑な田園風景に囲まれた黍名子中学校ですが、その撮影には旧作に引き続き比企フィルムコミッション、川島町とその教育委員会が全面協力しています。

特定は難しいですが、田んぼや川などはseason1と同様に川島町内で撮影されているものと思われます。

 

35年前(1986年)という時代設定を無理なく再現している環境としては最適といえるでしょう。

大好きな給食を味わい尽くす甘利田の幸福そうな姿___輪島塗のマイ箸を用意して毎日の給食に対峙し、愛と感謝をこめて味わい尽くすその姿はコメディを超越して凄みを感じます。

 

また、そんな甘利田の存在を疎んじて暗躍する教育委員会の鏑木を演じているのがかつて80年代に”金八先生”シリーズの生徒役で一世を風靡した直江喜一さんだったり、と見どころもいっぱいです。

毎回登場する給食がとても美味しそうで、それを全身で味わう市原さんの表情を見るだけでもシアワセになれるドラマです。

 

ロケ地の川島町の風景も併せてお楽しみくださいね。

 

「おいしい給食」を1話から見逃し配信

おいしい給食は、season1が好評につき、映画化され、甘利田の給食のための異動につき、

season2の制作となり、ライバルの神野ゴウの成長に合わせ、設定も小学校から中学校へかわりました。

 

おいしい給食のら見逃し配信情報は、下記リンクに詳細があります。

 

>>おいしい給食season2の再放送や見逃し配信動画は?無料動画や全話イッキ見は?

 

一度見たら、何度も見たくなる市川隼人さんのはしゃぎぶりが楽しいドラマです。