【後宮の烏】世界観や時代背景は?中国の歴史がモデルなのか調査

2022年10月からアニメがスタートする「後宮の烏」。「後宮」というと日本にも江戸時時代まで存在していましたが、

中国や韓国でも「後宮」は存在していました。位の高い女性たちが住む場所となりますが、「後宮の烏」では、「烏妃」という存在があります。

 

では、時代背景や、国につていはどのような設定になっているのでしょうか!?

 

【後宮の烏】世界観について!時代背景は?

では登場人物から、国について見ていきましょう。

 

【後宮の烏】世界観について!

・柳 寿雪

・夏 高峻

・衛青

・九九

・温螢

・淡海

・星星(白烏)

 

このようにキャラクターの名前に特徴があります。日本では「名字 名前」と、なりますが、

 

「柳」や「夏」と言った名字は「柳」に関しては、日本で10名ほど。「青」に関しては中国に由来する名字で、

国内では「青江」として広がっているようです。そして、女性の名前で一人「九九」というキャラクターがいることから、

 

中国の風習として、愛くるしい子供などに、同じ漢字二文字であだ名のような名前が付きますね。

このことからも、このアニメの元となっているのは、中国かと思われます。

 

時代背景は?

「烏妃」は日本でいう特別な「巫女」の末裔とされている。その巫女が生きていたのは、400年ごろとされている。

その「末裔」と呼ばれるには、50年から100年は時期が経っていると、物語的にもいい感じになると思うので、

 

中国で400年となると、晋の時代で、三国時代が完全に終焉を迎えた時。

そこから、時代は飛び600年になると、「唐」という時代になり、モンゴル帝国に続く、大国となっていく。

 

物語はそんな「唐」の時代が背景にあるのかもしれない。

 

中国の歴史がモデルなの?ツイッターの反応は?

では中国の歴史がモデルになっているのでしょうか!?

 

中国の歴史がモデルなの?

先ほど書いた「唐」の時代が背景ならば、中国において「後宮」の制度は、数ある中国の歴史の中でも

一番複雑かつ、階級が多くなっています。「後宮の烏」は最初こそ、登場人物は少ないですが、

 

後になるほど登場人物が増えてきます。どのように増えるか詳細は分かりませんが、中国の歴史がモデルになっている可能性は高いです。

あと、「後宮」は徐々にシンプルになっていき、最後の清の時代では、皇貴妃、貴妃、妃、嬪、とそれぞれ定員が決められ、

 

一番シンブルな制度に移行しているので、時代背景と、後宮の時代背景は一致しないのかもしれません。

 

ツイッターの反応は?

3巻くらいまでは、あまりいい感想はありませんでしたが、後になるほどハマる人が多いですね。

7巻とすぐ読める冊数でもあるので、一度アニメ開始前に読んでみるのもいいですね。

まとめ

・アニメの世界観について、名前からして中国!?

・時代背景は、高貴な巫女の末裔の話しなので600年ごろ!?

・モデルは中国の可能性が高いが、「後宮」のモデルは清時代!?

・Twitterでは後になるほど良い感想が多い

 

最近、私もアニメにはまっていて、色々見ていますが、その世界観を理解しようとすると、やはり原作を読まないと難しいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!