武士スタント逢坂くん!ロケ地や撮影場所はどこ?お寺や公園なども

庶民の暮らしが厳しく統制されていた江戸時代___寛政三年(1791年)、一人の春画の絵師がその罪(猥褻図画流布により風紀を乱したこと)を問われ命を奪われそうになっていました。

しかし、まさに処刑の瞬間に彼・逢坂総司郎(あいさかそうじろう/濱田崇裕・ジャニーズWEST)は全裸に亀甲縛りというとんでもない姿で令和の時代にタイムスリップ!!

 

飛び込んだ先はなんと漫画家の宮上(今井隆文)の部屋だったのです。そこで彼は何者にも咎められることなく春画(エロ漫画)を描いたり読んだりすることができることに驚き、喜び、そして号泣したのでした…。

 

ちょんまげの武士であり春画師の逢坂が繰り広げるドタバタコメディ、そのロケ地をご紹介します!!

 

武士スタント逢坂くん!

平楽園弐番館(神奈川県横浜市南区)

中堅どころの漫画家・宮上のアトリエがあるマンションは神奈川県横浜市南区の平楽園弐番館です。

そこにはアシスタントとして緋村(森本慎太郎)、瀬戸(長井短)らが働いていました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒232-0035

神奈川県横浜市南区平楽137−25

名称

平楽園弐番館

HP

https://www.townhousing.co.jp/

駐車場

無し

アクセス

ブルーライン 坂東橋駅から徒歩約19分、1.3㎞

 

千葉県立房総のむら(千葉県印旛郡)

逢坂が武士(春画師)として暮らしていた寛政年間の江戸の街並みは、千葉県印旛郡の千葉県立房総のむらでした。

伝統的な村をモデルにした体験型の歴史博物館として親しまれています。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒270-1506

千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

名称

千葉県立房総のむら

電話

0476-95-3333

HP

https://www.chiba-muse.or.jp/MURA/

駐車場

アクセス

上野東京ライン安食駅からバスで約30分、急栄東中前バス停下車、徒歩約10分、800m

 

Twitterでは

 

高倉観音高蔵寺(千葉県木更津市)

幼かったころの逢坂が龍を見て描くことを志したのは千葉県木更津市の高倉観音高蔵寺でした。そこで彼は絵に描かれた巫女の姿にも恋をしたのです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒292-0812

千葉県木更津市矢那1245

名称

高倉観音高蔵寺

電話

0438-52-2675

HP

https://www.takakurakannon30.com/

駐車場

アクセス

JR木更津駅からバスで約30分、高倉観音下バス停下車、徒歩約8分、550m

 

Twitterでは

 

千駄ヶ谷小学校交叉点(東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目)

逢坂が宮上を追っていった交叉点は東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目の千駄ヶ谷小学校交差点でした。街中に現れた”ちょんまげ”姿の逢坂に周囲は騒然としていました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒151-0051

東京都渋谷区千駄ケ谷2丁目4

名称

千駄ヶ谷小学校前交差点

駐車場

無し

アクセス

JR原宿駅から徒歩約8分、650m

副都心線北参道駅から徒歩約7分、400m

 

Twitterでは

 

ヤマザキYショップ原宿店(東京都渋谷区神宮前)

逢坂が街に出て初めて漫画を立ち読みしたコンビニは東京都渋谷区神宮前のヤマザキYショップ原宿店でした。

彼は誰もが気軽に、そして自由に春画(エロ描写を含む漫画)を手に取って読むことができることに感激していました。

その姿を見て、宮上は彼を”武士スタント(アシスタント)”として認めることになったのです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前2丁目20−13

名称

ヤマザキYショップ原宿店

電話

03-3408-1350

HP

https://www.yamazakipan.co.jp/

駐車場

無し

アクセス

JR原宿駅から徒歩約12分、1.0㎞

 

Twitterでは

 

第三泰信ビル(神奈川県横浜市中区伊勢佐木町)

緋村が強面の客引きに引っかかっていたのは神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の第三泰信ビル付近の路上でした。

伊勢佐木町らしい繁華街の一角という場所です。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒231-0045 

神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2丁目10-4

名称

第三泰信ビル

駐車場

周辺に有料駐車場有

アクセス

JR関内駅から徒歩約8分、650m

 

Twitterでは

 

千葉県立 北総花の丘公園(千葉県印西市)

宮上がネタ探しに行き詰って逢坂とともにやってきたのは千葉県印西市の千葉県立北総花の丘公園でした。

そこで逢坂は編集者の丹内さん(にないさん・久保田紗友)のカメラと、自分の姿が写った”しやしん(写真)”というものを初めて見て激しく心を揺さぶられたのでした。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒270-1341

千葉県印西市原山1丁目12−1

名称

千葉県立北総花の丘公園

電話

0476-47-4030

HP

http://www.seibu-la.co.jp/hokusou/

駐車場

アクセス

北総線 千葉ニュータウン中央駅から徒歩約9分、650m

 

Twitterでは

 

ニュータウン大橋(千葉県印西市)

公園から一人で勢いよく駆け出した逢坂が道に迷い「ここはいずこ?!」と叫んだのは千葉県印西市のニュータウン大橋でした。前述の北総花の丘公園の中を通っている橋です。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

千葉県印西市

名称

ニュータウン大橋

駐車場

アクセス

京成成田スカイアクセス 千葉ニュータウン中央駅から徒歩役10分、750m

Twitterでは

 

第一下川ビルディング(東京都大田区大森北)

逢坂が探すのを頼まれた迷い犬のチワワ、”ナンシー”ちゃんが駆けこんで行ったのは東京都大田区大森北の第一下川ビルディングでした。

何の変哲もないビルですが、ドラマのロケでよく使われている名所です。

ここで逢坂は”グラフィティアート”というものに触れ、情熱的な絵を描く喜びを知ったのでした。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒143-0016

東京都大田区大森北3丁目13−5

名称

第一下川ビルディング

駐車場

無し

アクセス

京急本線大森海岸駅から徒歩約5分、450m

 

Twitterでは

 

ビッグホップガーデンモール印西(千葉県印西市)

4話の予告に登場したのは千葉県印西市のビッグホップガーデンモール印西でした。逢坂に”足りないもの”はいろいろな人との”ふれあい”だと宮上に指摘され、

彼は行き交う人々の間に入っていこうとします。しかしその先々で騒動が起こってしまうようですね。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒270-1335

千葉県印西市原1丁目2

名称

ビッグホップガーデンモール印西

電話

0476-40-7505

HP

https://www.bighop.jp/

駐車場

アクセス

北総線 印西牧の原駅から徒歩約7分、500m

 

Twitterでは

最近の作品ではこんなところにも登場しています。

 

「武士スタント逢坂くん!」を1話から見逃した方へ

「武士スタント逢坂くん!」は日本テレビの、月曜深夜の【シンドラ】枠で放送されていますが、放送地域外が多いので

 

見逃した方や、見たくても見られない方に朗報です!!「Hulu」ではいつでも好きな時に「武士スタント逢坂くん!」を楽しむことができます。

 

>>>武士スタント逢坂くん!放送局や放送地域は?再放送や見逃し配信動画は?

 

これで1話から見逃したや、放送区域外の方もいつでも安心してしちょうできますね。

 

まとめ

・漫画家・宮上のアトリエがあるマンションは神奈川県横浜市南区の平楽園弐番館。

・逢坂が武士(春画師)として暮らしていた寛政年間の江戸の街並みは千葉県印旛郡の千葉県立房総のむら。

・幼かったころの逢坂が龍と巫女の絵を見て描くことを志したのは千葉県木更津市の高倉観音高蔵寺。

・逢坂が宮上を追っていった交叉点は東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目の千駄ヶ谷小学校交差点。

・逢坂が街に出て初めて漫画を立ち読みしたコンビニは東京都渋谷区神宮前のヤマザキYショップ原宿店。

・緋村が客引きに引っかかっていたのは神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の第三泰信ビル付近の路上。

・宮上がネタ探しで逢坂とともにやってきたのは千葉県印西市の千葉県立北総花の丘公園。

・公園から一人で駆け出した逢坂が道に迷い「ここはいずこ?!」と叫んだのは千葉県印西市のニュータウン大橋。

・逢坂が探すのを頼まれた迷い犬のチワワ、”ナンシー”ちゃんが駆けこんで行ったのは東京都大田区大森北の第一下川ビルディング。

・4話の予告に登場したのは千葉県印西市のビッグホップガーデンモール印西。

 

登場の仕方からして非常識、無駄にナイスバディな逢坂が描く作品は情熱的で圧倒的な迫力をもっていました。

誰もが自由に”春画(エロ漫画)”が読めることが当たり前の令和の時代に降り立った彼が、ここでどんな人生を掴むのでしょうか。

 

プロの漫画家である宮上やアシスタントの面々、編集者の丹内さんといった人々と出会い、”武士スタント”として認めてもらって生きなおしていく、

ちょっと目のやり場に困るけれど、ハートウォーミングで素敵なコメディに仕上がっています。まだまだ逢坂には驚かされることばかり。

 

そんな”武士スタント”の日々を描くロケ地をお楽しみいただければ嬉しいです!