靴下のゴムがゆるくなったのを直すことはできる?裏技はある?

みなさんは、靴下のゴムがゆるくなってしまった時、どうしていますか?諦めて、新しい靴下を買ってしまう方も、いるかもしれませんね。

 

靴下のゴムは、何度も洗濯をしていると、ゆるくなってきてしまい、値段の高い安いに関わらず、長く使うのは難しいものです。

 

しかし、お気に入りの靴下は、できれば長く愛用したいですよね。そこで今回は、靴下のゴムがゆるくなってしまった時の、直し方をご紹介したいと思います。

 

 

靴下のゴムがゆるくなって困る

 

 

 靴下のゴムって、どんなにていねいに使っていても、ゆるくなってきてしまい、困りますよね。お気に入りの靴下なら、なおさら・・・。

 

ふとした時に、ゆるゆるになった靴下のゴムが見えてしまうと、恥ずかしいですしね。

 

実際に、靴下のゴムがゆるくなってしまって、困っている方はたくさんいます。

 

 

 

靴下のゴムがゆるくなったのを直すことはできる?

 

 

お気に入りの靴下のゴムが伸びてしまって、お困りの皆さんに朗報です!!

 

びろーんと伸びてしまった、靴下のゴムを直せる裏技を発見しました。

 

靴下のゴムの部分は、パジャマなどのズボンのように、ゴム通しの穴がありませんですので、直せるという発想が出てこないかもしれませんが、そんな事は無いですよ。

 

靴下のゴムのゆるみを直すのに使うのが、昔から、世のお母さん方が愛用している、「ゴムカタン」というものです。

 

「ゴムカタン」は、通常はミシンにセットして使用するもので、細かいギャザーを寄せる縫い方をするためのものです。

 

ゴム状の細い糸になっているのが特徴です。この糸を使えば、手縫いで伸びた靴下のゴムを、簡単に直すことが出来るのです。

 

では、どのように直していくのかを、詳しくご紹介したいと思います。

 

 

裏技やおすすめの方法は?

 

 

 基本的には、靴下全般に使える方法ですが、ゴムの部分が輪っかになっていて、引っ張ると二重になっている靴下のほうが、直しやすいみたいです。

 

では実際に、「ゴムカタン」を使った直し方を説明します。

 

①「ゴムカタン」を手縫い用の針に通す。

②靴下のゴムの部分の、二重になっている内側の布だけを針ですくい、縫っていきます。

③一周縫ったら、そのまま位置を少しずつ移動させながら、縫っていきます。

④全体的に縫い終わったら、玉結びにして完成です。

 

いろいろな縫い方の中でも、「なみ縫い」が一番仕上がりがきれいみたいです。そして、縫う時は、縫い目が表に出ないようにしてください。

 

縫い針は、基本的にはどんなものでも大丈夫ですが、少し針が太めの物を使うと、縫いやすいようです。




そして、余談にはなりますが、靴下のゴムのゆるみを防止する干し方を、ご紹介したいと思います。

 

上記で、「ゴムカタン」での靴下のゴムの直し方をご紹介しましたが、普段の洗濯の際の、干し方でも、だいぶ違ってきます。

 

靴下だけでなく、ゴム製品全般に言えることですが、ゴムは濡れている時間が、長ければ長いほど劣化するスピードがはやくなる性質を持っています。

 

ですので、洗濯後いかに早く乾かすかも、重要な点になります。

 

肝心の干し方ですが、必ず靴下のゴムの部分を、上にした状態で干してください。

 

重力の関係で、重い水分は徐々に下に移動しますので、そこをうまく利用すると、ゴムを素早く乾かせて、ゆるみ防止にもなるのです。

 

 

 

参考サイト(いくつでも)

URL

 

http://deteko.blog.jp/archives/1482360.html

 

https://blog.goo.ne.jp/hime921688/e/173251743a0ccc7d363a660bf1bf0d12




 






ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!