優柔不断で決断できない時の原因や理由と対処法は?うつなど病気なの?

Pocket

 

スポンサーリンク

 

自分は優柔不断と自覚している方。もしくは普段は即決なのになぜかここ最近なかなか決められない方

もともと持っている性格だったり、生活環境だったり、はたまた脳の思考回路がうまく回らなかったり・・・。

 

自分だけでなく、身の回りにも優柔不断だな。

と思う方がいると思います。

今回はどちらかというと一時的な思考回路について見てみたいと思います。

 

優柔不断で決断できない!?

 

優柔不断で決断できない!!

自分をそんな人間だと思った事ありますか?

 

買い物をするとき何を買ったらいいかわからない

会話をするとき何を話したらいいかわからない

 

考え事をするとき『結局何を考えているかわからなくなる』

優柔不断の中でも気になるのは”何”です。

 

優柔不断を自覚している人の中には”あれこれ迷う”ことを優柔不断という方もいます。

そして、”自分では決められない”ことを優柔不断という方もいます。実際にツイートを見てみましょう。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

優柔不断にはやはり種類があるようです。

物や何か考えを巡らせて決められない。それも優柔不断ですが・・・。

 

今回取り上げたいのは・・・。

2番目のツイートにあるような優柔不断のパターン。

 

思考回路が停滞していて、優柔不断になる

タイプです。考えても先にもすすめず、この先もみえず・・・。また元の考えに戻ってきてしまった。

 

見ていると考えて結論をだしているようですが、実際は何も変わっていません。その犯人はだれでしょう!?

 

原因や理由はうつなどの病気かも!

 

優柔不断の中でも注意したいのが、意見を求めても意見が返ってこない場合。

 

・考えがうまくまとまらない。

・何を考えているのか自分でわからない。

・言葉がでてこない。

 

など、思考が完全に止まっている場合です。他にも合わせてこんな症状はないでしょうか!?

 

☆疲れやストレスが溜まっている。

☆十分な睡眠がとれていない。

☆体のだるさがずっと続いている。

 

意見を言おうとしても迷って言えない、何も浮かばない場合の優柔不断は、心の病気のサインかもしれません。

体を動かす『脳』がすべてを放棄している状態

よく耳にする”うつ状態”に陥っているサインかもしれません。

 

うつ病は悲観的になったり、今まで楽しかったことが楽しくなくなったり・・・。

心に様々な変化をもたらします。その中でも厄介なのが”何もしたくない”すべてがおっくうになってくるのです。

 

考えることもおっくうになってくるのです。

その結果思考が停止し、自分から意見を言う、選ぶ、考えるという事をしなくなります。

しようとしてもできないのです。

 

その結果、周りから優柔不断とみられる事が多くあります。

私自身、買い物に行っても『何を買ったらいいのか』わかりませんでした。

 

買い物をしなくてはいけない事はわかります。でも、必要な食材がわからないのです。

野菜売り場の前で立ち尽くしていたことが何度もあります。

そして、何も買わずに帰ったことも。今、思い出せば”異常”です。

 

普段と同じように買うと決まっているものだけでも買えばよかったのに、それがわからないのです。

結果、バナナを買えばいいのに、買う物がわからず帰ってくるのです。

心療内科に通院している最中だったので、原因はわかりました。

 

私のせいではない。買えなかったのは脳のいたずら。そして、また買い物に行き、何も買えずに帰って来て泣いていました。

もし、身の回りにいる。もしかしたら自分がそうかも。

 

と、思ったら早めに自分自身を休ませて、ケアをする時間をとっていただくか、ダメだと思ったら重症化する前に心療内科、もしくは精神科の予約だけでも取ってください。

 

物を目の前にしても何もわからない。は心のサインです。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

決断できない時はどうする?

 

スポンサーリンク

 

まわりの方が決断できない場合は寄り添いましょう。

選択肢をいくつか出して選んでもらいましょう。

 

きっと、選ぶのもおっくうです。2択くらいがいいと思います。

自身が決断できない場合、気持ちには必ず波があります。

 

簡単な問題はいい波の時にメモを残しましょう。

でも、『人生の決断』となる時は待ってください。

 

思考回路が正常でない。

と自身で辛いけど認めてください。

 

そして、身の回りの人、もしくはかかりつけ医に相談してみてください。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

そうですね。最後の方にあるように、自分の行動をパターン化するのも一つの方法ですね。

本当に決められない時に、小さなことを決めるだけでも重労働です。

 

朝起きて食べる物を考える。それすらも・・・。こんなことになる前に、

 

・普段の生活からストレスをため込まない。

・規則正しい生活を心がける。

・自分をいたわる

 

心の底から大切だと、今だからこそ言えます

 

 まとめ

 

・2種類の優柔不断

・優柔不断は心のサイン

・決断はパターン化もしくは人頼み

 

 現在もうつと向き合う生活が続いていますが、日常で決めなくてはいけない事は本当に多いです。

普段何気ない生活がどれほど大切で、楽なのか今しみじみ思います。

 

 

関連記事

 

山本文緒はドラマあなには帰る家があるの原作者で夫やうつ病から現在は?

 

井上真央がうつ病やパニック障害の噂は本当?現在や引退説なども調査

 

双極性障害(躁うつ病)のタレントや有名人の一覧は?治らない病気なのか?

 

うつ病を治す為に生活習慣とセロトニンと関係をまとめた疲れたあなたへ

 

 

ライター名 やみもっち

 

参考サイト:メンタルヘルスONLINE