【梨泰院クラス】緑の小瓶の韓国焼酎とは?種類やお酒のマナーも!

ドラマを見ていると、よく「同じもの」が出てきて、気になることがありますよね。今話題となっているのは、

竹内涼真さん主演「六本木クラス」の原作となった、「梨泰院クラス」に登場するお酒です。

 

なぜそんなに話題になるのか!?それは、韓国ドラマを見ていると、頻繁に登場するお酒だからです。

 

【梨泰院クラス】緑の小瓶の韓国焼酎とは?種類や価格は?

こちらのお酒ですが、1本300円程度で購入することができます。

 

 

緑の小瓶の韓国焼酎とは? 

日本では、居酒屋へ行くと「まずビール!」となりますが、韓国ではまず「チャミスル!」となるそうです。

小さなグラスに入れて、一気に飲み干すのがドラマでもよく出てきますが、日本の焼酎がアルコール度数20度以上のところ、

 

「チャミスル」は13%とさほど高くないため、女性にもとても人気が高いそうです。

 

種類や価格は?

価格は300円程度で手に入れられ、小さなグラスで飲むので、さほど割高感はないと思いますが、この「チャミスル」フレーバーが豊富なのも特徴的です。

・オリジナル(アルコール度数20%)

・ストロベリー

・すもも

・マスカット

・グレープフルーツ

(フレーバーのアルコール度数は13%程度)

 

そして、炭酸入りの「チャミスルトクトク」という商品もあるので、ラインナップはおよそ6種類となります。

 

どこに売っている?お酒のマナーは?

 

 

ソウル市内でのシェアは60%ととても人気が高いです。

 

どこに売っている?

韓国でとてもメジャーなお酒のため、日本のお酒売り場に置いてある場合もありますが、なければ通販で、好きなフレーバーを注文することも可能です。

Amazonで見ただけでも、「飲み比べセット」にグラス付き。というのが好評のようです。

 

グラスはテキーラグラスくらいでしょうか!?フレーバー違いの便を並べておくだけでもかわいいですよね。

 

お酒のマナーは?

マナーは特にありませんが、グラスに入れた「チャミスル」を一気に飲み干すのがマナーのようです。

そして、最近ではビール割というのが流行っており、「チャミスル3:ビール7」の割合で割るのがいいそうです。

 

そうなると、フレーバーチャミスルよりも、フレーバーのない「fresh」が向いていそうですね。

 

まとめ

・緑の小瓶のお酒は焼酎の「チャミスル」

・様々なフレーバーがあり、現在6種類

・一般的な酒屋での取り扱いもあるが、通販でも購入可能

・マナーはないが、小さなグラスで一気に飲むのが主流

 

今回は、ドラマに出てくる気になるお酒を調べてみましたが、「焼酎にフレーバー」や「炭酸入り」がある。

というのには驚きましたが、それが今のソウルの若者には受けているのでしょうね。

 

 

関連記事

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!