【ちょい釣りダンディ】のロケ地や撮影場所はどこ?海や公園は?

周囲からも呆れられるほどの”釣り好き”___通称”ダンディ”と呼ばれる檀凪子(臼田あさ美)

会社帰りや仕事の合間に海を訪れて釣りを楽しむそのライフスタイルは意外なことに周囲の人々に受け入れられ、そして愛されていたのでした。

 

ここではそんな凪子が働き、釣りを楽しんでいる場所のロケ地をご紹介します。

 

ちょい釣りダンディ

船橋港親水公園(千葉県船橋市)

1話冒頭、登場する釣りスポットは千葉県船橋市の船橋港親水公園でした。

颯爽と青いパーカーを羽織って帽子を被り、竿を取り出す凪子はカッコいいですね。

 

すぐそばには ららぽーと もあり、地元で人気のあるスポットです。この場所は最近では「ナンバMG5」にも度々登場しています。

1話ではここで出会った高校生カップルの陸(林裕太)と遥(長澤樹)と関わることになり、大物のチヌを釣り上げることができました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

 

住所

〒273-0012 千葉県船橋市浜町2丁目1

名称

船橋港親水公園

電話

047-433-1895

HP

https://www.pref.chiba.lg.jp/

駐車場

アクセス

JR武蔵野線・京葉線 南船橋駅から徒歩約17分、1.3㎞

京成本線 大神宮下駅から徒歩約11分、900m

 

Twitterでは

海越しのビル群とか、左側の青い橋とかにご注目ください。

 

 

はまかぜ公園(千葉県船橋市浜町)

凪子が仕事で訪れていたのは千葉県船橋市浜町のはまかぜ公園でした。

営業先にも信頼されている彼女の仕事ぶりがうかがえるシーンになっています。

 

目印は大きなマンションの建物と黄色い滑り台の遊具でした。ここは船橋港親水公園から北側に隣接したブロックです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒273-0012

千葉県船橋市浜町1丁目4−3

名称

はまかぜ公園

駐車場

無し

アクセス

京成本線 大神宮下駅から徒歩約8分、700m

JR京葉線・武蔵野線 南船橋駅から徒歩約17分、1.2㎞

 

神楽坂chouchou(シュシュ)(東京都新宿区若宮町)

凪子が通う小料理屋「夕まづめ」は東京都新宿区若宮町の神楽坂chouchou(シュシュ)です。

凪子はここで美味しい料理とお酒を日常的に楽しんでいるようです。

 

若女将のいつき(太田莉菜)は凪子の幼馴染でお互いに釣り好き同士ではありますが、休みが合わずなかなか一緒に釣りに行けないままです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

 

住所

〒162-0827

東京都新宿区若宮町11−5

名称

神楽坂chouchou(シュシュ)

電話

03-6228-1135

HP

https://tabelog.com/tokyo/

駐車場

無し

アクセス

地下鉄有楽町線 飯田橋駅から徒歩約8分、500m

地下鉄南北線 飯田橋駅から徒歩約9分、550m

地下鉄東西線 神楽坂駅から徒歩約9分、850m

 

Twitterでは

作中では小料理屋ですが、このお店はカジュアルフレンチだそうです。

 

まとめ

・1話冒頭、登場する釣りスポットは千葉県船橋市の船橋港親水公園。

・凪子が仕事で訪れていたのは千葉県船橋市浜町のはまかぜ公園。

・凪子が通う小料理屋「夕まづめ」は東京都新宿区若宮町の神楽坂chouchou(シュシュ)。

 

「”ちょい釣り”とは、人生を豊かにしてくれる我儘なひととき」___と凪子は言っています。そして「これだけはやめられない」とも。

きっちりクオリティの高い仕事をして、捻りだしたその余暇を存分に釣りにつぎ込んでいる凪子を、周囲の人たちは”ダンディ”と呼んでいます。

 

原作では中年男性の”ダンディ”を32歳の女性に変更し、臼田あさ美さんをキャスティングした本作、その意外性を存分に活かして素敵なドラマに仕上がると良いですね。

本編を、ロケ地とともにお楽しみくださいね。