エキストラの募集の応募方法とは?当選確率や当たりやすいコツはある?

Pocket

 

みなさん、こんにちは!

 

最近めっきり寒くなってきましたね。秋は一瞬で過ぎてしまいそろそろ冬支度でしょうか?

 

今回はドラマや映画好きな人は興味を持っている人も多いと思いますがエキストラについて書かせていただきます。

 

秋の新ドラマも始まり楽しみにしている方も多いと思います。さらに大好きなドラマに出演できるとなれば気分最高ですよね!?

 

そんなチャンスに少しでも近づけるお手伝いができれば幸いです(^^)

 

最後までお付き合い、よろしくお願いいたします!

 

スポンサーリンク

 

 

エキストラとは?

 

まず、エキストラとはどのようなものなのか調べてみました。

 

テレビドラマや映画などの映像作品分野では、通行人・群衆など物語で重要性が少ない役を演じ出演者のこと。必ずしも職業俳優が演じるわけではない

また、エキストラの役割として背景を演出する上で重役のみの作品では決して成り立たないので、自然なリアルさを出すうえで無くてはならない重要な存在である。

(Wikipedia引用)

 

とも書いてありました。

 

単にエキストラだからただ歩いているのではなく、様々な細かい演出があり主役や脇役などの俳優さん、女優さんたちの存在を引き立たせる重要な役割があることがわかりました!

 

私も人生一度はエキストラ出演してみたいと密かに願っています(笑)

 

スポンサーリンク

 

エキストラ募集の応募方法について

 

エキストラも簡単に出られ訳ではなく、募集している作品に応募して当選しないと出られませんから、ここは要チェックですね!では、どうしたらエキストラに応募できるのでしょうか?

 

こちらも調べてみたら、ドラマごとで募集をしているものが多いようです。またTBSのようにテレビ局の公式サイトにて募集をしている作品も多数あるようなので、気になるドラマがある方はそのドラマの公式サイトや映画のエキストラの場合は映画の公式サイトなどをチェックしてみると良いと思います!

 

またエキストラの登録ができる事務所や派遣会社もあるようなので、そうゆうところに登録しておけば、最新のエキストラ情報をチェックできるので、もしかしたらこの方法のほうが確実かもしれないですね!

 

こんなサイトもありました。

東京の主要エキストラ事務所一覧(2018年4月版) – 東京エキストラNOTES / GUIDE

 

応募方法は公式HPや専用サイトなどから応募して当選者のみ電話かメールで連絡がくる流れが多いようです。

 

応募条件も作品によってエキストラの設定が細かく決められていたりするようなので「その条件などを読んできちんと守れる方は応募してください!」というようなスタンスだなぁ・・・と感じました。

 

これは、エキストラに限らずどんな仕事をするうえでもそこのルールや約束ごとを守るのは当然ですよね!

 

スポンサーリンク

 

当選確率や当たりやすいコツはあるの?

 

こちらも調べてみました!なかなかコレ!という情報が見つかりませんでしたが、よく見かけた当選確率や当たりやすいコツをいくつか紹介したいと思います。

 

・当選確率は募集人数や年齢、性別などによる部分が大きい

作品の中の撮影シーンにもよりますが、「年齢性別不問。400名募集!」というような募集であれば、当選確率は比較的高いようです。

 

ただ「若干名募集」「20代~30代の男女」「サラリーマン風の50代男性」などというように募集条件や応募条件が限定されていると、当選確率は低めなようです。

 

この辺りは、募集中の応募条件を色々見ながら自分でもできそうな作品に応募するのがよさそうですね(*’ω’*)

 

・当たりやすいコツは登録フォームを全て埋める

応募する作品にもよると思いますが、登録フォームの内容が充実していると当選しやすいことが多いようです。

やはり選考する制作会社側も(この人はどうゆう人物なのか?)ということがイメージしやすいほうが採用しやすいからのようです。

 

確かに、備考欄や資格蘭や趣味・特技などの蘭が空白だと採用する側に残る印象も薄くなりそうだし、なによりやる気がないのかな?と思われそうでプラスなことは無さそうですよね( ;∀;)

 

それであれば何か一つでもいいから、自己アピールをする意味でも空白は作らずに、備考欄も「エキストラとして状況に応じた服装や雰囲気を出せます!」や「身長158㎝で髪型は~」などと自分の特徴や意気込みなども書いていいかもしれないです!

 

・ドタキャンはしないこと

次の章でも書きますが、やはりエキストラとはいえ1つの仕事です。ドタキャンなどをしてしまうと次回のエキストラ募集に応募しても落選してしまう可能性が高いでしょう。

 

俳優さんに会えない撮影もあるようなので、お目当ての俳優さんがいないからという理由でドタキャンしてしまうと、その後のエキストラの仕事もなくなってしまうので、気を付けましょう!

 

それに、きちんと約束を守ってエキストラ出演していると、セリフ付きのエキストラの仕事が回ってくる場合もあるようなので、こちらの方がいいですよね!

 

スポンサーリンク

 

エキストラの注意点など

 

近くで好きな俳優さんや女優さん、ドラマや映画の撮影現場をまじかで見られるエキストラですが、その反面、撮影現場の輪を乱さないようにエキストラとしての注意点もいくつかありますので、こちらも紹介したいと思います!

 

・時間厳守

 

さきほどの章にも書きましたが、遅刻やドタキャンは絶対にNGです。必ず参加できる。遅刻しないで集合できる場合のみ応募しましょう。なるべくなら時間に余裕をもって15分前までには集合場所につけるようにしましょう。

 

・基本的にはボランティアでの参加です

 

その作品や撮影シーンにもよりますが、ボランティアでの参加や募集が多いです。まれに謝礼として数千円もらえる場合もありますが、交通費程度の場合が多いのでエキストラを本業にするのは難しいでしょう。

 

・撮影中はカメラや俳優さんなどは見ないようにする

 

あくまでも主役は俳優さんや女優さんです。例えば通行するシーンを撮影しているときもあなたは会社に向かっている人、待ち合わせ場所に向かっている人など、そうゆう誰かなのです。

 

・音は決して出してはいけません

 

カメラが回っている間は絶対に音はだしではいけません。携帯音や私語などはご法度です。

事務所によっては一発でクビになることもあるようなので気を付けましょう。

 

・俳優さん、女優さんに会えると思わないようにしましょう

 

撮影シーンによってはエキストラのみの場合や、お目当ての俳優さん、女優さんがいないシーンの場合もあります。

誰が現場に来るのか公表されないこともあるため、当選して現場にいなくても最後まで仕事をやり遂げましょう。

 

・撮影時間はあくまでも目安と心得ましょう

 

ドラマや映画の撮影時間は当日の天候や交通状況、機材トラブルなど様々な条件やトラブルで伸びることもあります。

しかも、当日の撮影が終わるまでエキストラもずっと待っていなくてはいけない場合も多いので、なるべくなら撮影後に予定は入れず終電で帰れればラッキーぐらいに思っていた方が良いと思います。

 

・俳優さん、女優さんに話しかけたり写真撮影したりすることはダメです

 

あくまでも仕事として現場にきているので、一般のお客さん同様にキャーキャー現場で騒いでいては俳優さん女優さん、それに監督含め現場スタッフ全員に迷惑をかけます。

 

・SNSなどで情報を漏らすことは絶対にダメです

 

見聞きした内容やどこでどんな撮影をしたかなどの情報を漏らさないのは鉄則です!

エキストラに参加した際には必ず守りましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

・エキストラは演者さん達を引き立たせる重要な役割

 

・募集と応募は主にインターネット上からして、当選案内は電話が一般的

 

・登録フォームはなるべく埋めて、採用者にイメージしてもらいやすい人物像をアピールする

 

・エキストラとしての注意事項はたくさんある

 

ここまで、色々エキストラについて書いてきましたが、一人ひとりがルールを守ればとても素敵な仕事だと思います!

 

それにお金目当てではなく純粋に撮影現場の雰囲気を味わいたい人や非日常を体験したい人などにとってはお金には代えられない素晴らしい経験ができます!

 

それに、エキストラに応募する人たちは少なくともドラマや映画が好きな人達が多いと思うので、そこから知り合いが増えたりして一つの出会いの場でもありますよね!

 

この記事をかいていると、私も応募したくなってきました!(笑)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)/☆彡

 

 

ライター名  ルアナ

 

 

参考サイト

Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9

TBSエキストラ

https://www.tbs.co.jp/extra-boshu/

Yahoo知恵袋

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135830506

All About

https://allabout.co.jp/gm/gc/445042/all/

Flick Walk

https://ameblo.jp/flickwalk/entry-11849054251.html

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!