ドラマ【死役所】ハヤシこと林晴也の過去ネタバレは?まりあとの関係は?

テレビ東京のドラマホリック「死役所」なかなかおもしろいですね^_^

 

水曜日の深夜0時12分という時間、すでに寝てる人もいると思いますが、死後の世界を描いているのに

 

深夜に見ても普通に眠れてしまうような「ヒューマンドラマ」を見たような感覚すらありす。

 

死役所の職員はすべて元死刑囚。と、言うことは極刑に値する犯罪を、生前に起こした人たちばかりですが、今回は「ハヤシ」の生前についてみてみます。

 

 

ハヤシこと林晴也の過去

 

ハヤシは、亡くなった人が持ち込んだ漫画を集めたり、芸能人がきた場合はサインを求める。など、今どき風の男性です。

 

シ村同様、どこにでも現れますが好青年に見えるので、元死刑囚と言われても、ピンッときませんが、なかなかの罪を犯しています。

 

それは、林自身もどうしようもなかった。と言えばそうなりますが…

 

林晴也は子供の頃から、父方の祖父が大好きでした。祖父は剣の達人で、脇役ながら若い頃は俳優としても活躍していました。

 

そんな、祖父に剣を毎日のように習った晴也は、剣道の選手としても名が知られていたのですが、家庭は姉と父の父子家庭で、早くに母をなくしています。

 

姉との関係は良好ですが、父とは小学生のある日を境に口をきくことも、顔を合わせることもありませんでした。

 

原因は母が残した手紙を父が読んだこと

 

そこには、母は、俳優として活躍していた、義父のファンで時々、一人暮らしの義父の世話をしにいっていましたが、

 

その時にできた子供が晴也でした。父はその手紙を読み、今まで息子だと思っていた晴也が、実は自分の弟と知り、接し方を見失っていたのです。

 

まりあとの関係は?

 

晴也を語る際には「まりあ」の存在は欠かせません。

 

いとこ関係なのか、遠縁の親戚か、幼なじみか…。そのあたり、原作でも書かれていませんが、確かなことは

 

晴也とまりあは幼い頃からのいいなずけ

 

高校も同じで、剣道部のエース晴也は、女子生徒からかなりの人気があり、そのためそのひがみがまりあへと向けられます。

 

女子たちから晴也を巡り陰湿ないじめを受けていたまりあでしたが、晴也に言いつけることはしませんでした。

 

そのくらい、控えめな女の子でしたが、ある日いじめの現場を目撃した晴也は、1番のリーダーを問い詰め

 

2階の窓から女生徒を放り投げ、怪我をさせたことにより退学となりました。

 

それからは、祖父の住んでいた家に住み、コツコツと働き、結婚が許される年齢となり、まりあにプロポーズし、1人の女の子が生まれました。

ドラマ【死役所】ネタバレは?

 

肝心なのは、なぜ死刑囚になったか…?

 

まりあは、高校の福祉課で学び、そのまま介護士として働いていましたが、出産を機に仕事をやめ、晴也にも辛く当たるようになりました。

 

晴也には、その心当たりはなかったのですが、結婚するにあたり、晴也は自身の出世の秘密についてまりあに打ち明けました。

 

そこで、まりあなりに「悩み」が生じて晴也とうまく接することができなくなっていきました。

 

そんな時、相談にのってくれたのが職場の同僚の男性でした。悩みを相談するうちに男女の中になり、まりあは妊娠します。

 

そして、これ以上晴也との関係を続けられない。と感じたまりあは、同僚を部屋に呼び離婚の話し合いの場を設けたのですが…

 

自分の母だけでなく、幼い頃から信じていたまりあの裏切りに前後を見失い、竹刀を振りかざした結果、2人は亡くなりました。

 

でも、そこには罪もない子供が…晴也にはその存在が恐怖でしかなく、子供まで殺害してしまいました。

 

3人を殺害した罪で死刑囚となったのです。

 

「死役所」を見逃した!見逃し配信について

 

それから、ドラマ『死役所』を見逃した方や、初回から最初からもう一度見たい!という方に朗報があります!

 

なんと、無料で見逃したドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>ドラマ【死役所】1話~見逃した!再放送やフル動画のオンデマンド配信は?

 

※Paraviでは2週間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。

 

関連記事

死役所でシ村の過去をネタバレ予想!なぜ冤罪なのに成仏できない?