短編映画【ファミリーファミリー】は実話なの?モデルや元ネタは?

「よい、よい、よい、よい、よい、よい、よい・・・」そんな声で夜中に兄弟は目を覚ます。認知症の母が踊っているのだ。

おそらく楽しかった盆踊りの思い出を思っているのだろう。しかし、母には弟が誰だかわからない。

 

しかし、亡くなった夫に似ている兄は、「夫」として認識している。そんな3人家族の話だ。

 

短編映画【ファミリーファミリー】について!原作は?

「ファミリーファミリー」は次男としても登場している、「大川裕明」さんが脚本から、監督、主演までを担当しています。

つまり、原作のないストーリーということになりますが、今の社会を象徴している作品なのかもしれません。

 

耳に大きな虫が入って、休日だったため取り除くことができず、ずっと頭の中で虫の音を聞き続けた兄は、大きな声などを聞くとパニックになる。

そのため、人との交流が苦手で、働くことができないニート。そして、弟はサラリーマンとして働いていたのだが、

 

何かのトラブルか、やめざるを得なくなり、親せきのよしみでラーメン屋でバイトしているが、母の年金と、バイト代では生活はかつかつだった。

そのうえ、自分自身が健康診断で、治療できないガンであることが分かり、絶望してしまう。

 

本来ならば頼れるところに、手を伸ばせばこの家族は助かるかもしれない。でも、その頼り方を知らない。そんな世帯は日本に数多くあるだろう。

 

短編映画【ファミリーファミリー】は実話なの?モデルや元ネタは?ツイッターの反応は? 

この映画は原作はありません

 

実話なの?モデルや元ネタは?

しかし、「よい、よい、よい、よい、」と夜中になると踊りだす母、そして、パニックからニートになった兄。

そんな2人を必死で支えようとしている弟。そんな弟に余命半年が宣告された。家族は行政に行けば助かるかもしれない。

 

しかし、そのすべを知らない。そんな家族はこの日本に同じような状況で、どれだけの世帯がいるだろうか!?

実話ではなくても、実際に実在する同じような家族はいるはずです。そんな社会問題を取り上げたのかもしれません。

 

ツイッターの反応は?

兄の耳から虫を出そうとして、失敗するとか面白い部分もあります。初めて兄がはたらきだしたら、

なぜそれをしなくてはいけないのか?」と問いが止まらなかったり、毎日のご飯が「チャーシューと煮卵」だったり、

 

ほっこりする部分もありながら、弟の余命宣告を聞くと兄はピクニックへ行くと言い出し、最後の思い出作りをするシーン

何か心にささりますね。それでも残された兄と母は生きていかなくてはいけないのです。

 

まとめ

・大川裕明さんが脚本、監督、主演をこなしている

・原作は日本に必ずしもある家庭がモデルかもしれない

・Twitterでは最初笑えて、あとで心に刺さると感想が多い

 

30分ちょっとで見れる短編映画ですが、あとに残るのは何もわからずに踊る母の「よい、よい、よい、よい、」の声。

そして、ラストで流れる家族写真の数々。きっと母が認知症を発症するまでは、とても仲が良かったのだろうと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!